トヨタ 新型カローラハッチバック プロトタイプ試乗│トヨタの”顔”カローラの走りがモデルチェンジで大刷新した(1/2)

画像ギャラリーはこちら
目次[開く][閉じる]
  1. 独系のようなガチっとしたモノではなく、剛の中に柔(=しなやかさ)がある
  2. 新型カローラもうひとつの目玉、未発表の”コネクテッド”技術にも興味津々
  3. 関連コンテンツ

トヨタの顔が大幅な若返りを図る

50年以上にわたり進化を続け、累計4500万台以上を販売したカローラはランクルやハイエースと並びトヨタの「顔」である。しかし、ベストセラーは保守的になりがちなのと、世代を重ねるごとにユーザーの高齢化も顕著になっていたのも事実である。

「次の50年に向けてカローラを変える!!」、そんな想いから開発されたのが12代目となる新型、そのシリーズのトップバッターとなるのが今回試乗したカローラハッチバック(仮称)である。

ターゲットユーザーは20~30代の男女を中心と、現行カローラアクシオ(セダン)は70代、カローラフィールダー(ワゴン)は60代から大幅若返りを図るために、従来のカローラではできなかった数多くのチャレンジが今回のフルモデルチェンジを機に行なわれたと言う。

>>これが新しいカローラ!? グッと格好良くなったカローラハッチバックを画像で見る

新型カローラハッチバックには、往年のカローラFXを想わせる“華”がある

詳細な車両解説はすでに同業の渡辺陽一郎さんが報告済みだが、僕のパートは「実際に乗ってみてどうなのか?」である。

少しだけ概要をおさらいをすると、ライバルに対してコンサバなエクステリアスタイルが多かった歴代カローラハッチバック(&オーリス)に対し、新型はワイド&ローの踏ん張りあるプロポーション、目つきがシャープなフロントマスク、塊感のあるリア、そしてトヨタ車として頑張ったホイールアーチクリアランスの少なさなどなど、かなり攻めたデザインが印象的だ。

ちなみにボンネットはアルミ製(軽量化)、リアゲートは樹脂製(デザインの自由度)となっている。個人的には1987年に「2BOX上級生」のキャッチコピーと共に登場した「カローラFX」のような“華”があるように感じた。

新型カローラハッチバックは各国の法規対応を除けば世界共通ボディで、サイズは全長4370×全幅1790×全高1435mm、ホイールベース2460mm(北米仕様)。同じハッチバックと言う意味では、直線基調で伸びやかなスタイルのホンダ シビックに対し、凝縮感のあるカローラハッチバックのスタイルはそれほど大きさを感ない。この辺りはハッチバックのメインマーケットが欧州である事も関係しているのだろう。もちろん、日本では「カローラが3ナンバーかよ!!」と言った賛否も解るが、それも含めて「カローラの刷新」なのだろう。

質感はレクサス顔負けのクオリティ|パワートレインは2種類を用意

インテリアは水平基調のシンプルなレイアウトで薄型インパネと連続したトリムにより広く上質な「間」と精緻な「密」をバランスさせた。

標準グレードはC-HR譲りのスポーティシート、上級グレードは新開発のスポーツシート(ヴィッツGRMNに似たデザインだがヘッドレストは可倒式)が奢られる。

質感自体にもかなりこだわっており、レクサス顔負けのクオリティだ。この辺りはバブル期に開発された100系カローラを彷彿とさせる部分でもある。

プラットフォームはTNGA「GA-C」を採用。国内外で高い評価を得ているC-HRより低重心/軽量と言う基本諸元の良さに加え、ステアリング剛性アップや新開発ショックアブソーバーやAVS(アダプティブ・バリアブル・サスペンション)、ACA(アクティブ・コーナー・アシスト)なども採用。更にはプリウス/C-HRで得た知見を盛り込むことによる“深化”や、世界5ヶ国で100万km近いテストを行なったことでより高いレベルの走りを実現させている。

パワートレインはガソリンが1.2リッターターボ、ハイブリッドは1.8リッター+モーターの2タイプを用意。どちらもC-HRからの水平展開となるが、1.2リッターターボはレブリミットが引き上げられたアップデート版だ。トランスミッションは6速MTとCVTが選択可能である。

トヨタ/カローラフィールダー
トヨタ カローラフィールダーカタログを見る
新車価格:
169.8万円228.1万円
中古価格:
19万円281万円
トヨタ/カローラアクシオ
トヨタ カローラアクシオカタログを見る
新車価格:
154.7万円212.3万円
中古価格:
28.4万円11,000.5万円
トヨタ/オーリス
トヨタ オーリスカタログを見る
新車価格:
182.3万円377.8万円
中古価格:
23.6万円248.8万円
1 2 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
山本 シンヤ
筆者山本 シンヤ

自動車メーカー商品企画、チューニングメーカー開発を経て、自動車雑誌の世界に転職。2013年に独立し。「造り手」と「使い手」の両方の気持ちを“解りやすく上手”に伝えることをモットーに「自動車研究家」を名乗って活動をしている。西部警察は子供時代にリアルでTV放送を見て以来大ファンに。現在も暇があれば再放送を入念にチェックしており、当時の番組事情の分析も行なう。プラモデルやミニカー、資料の収集はもちろん、すでにコンプリートBOXも入手済み。現在は木暮課長が着るような派手な裏地のスーツとベストの購入を検討中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 遊季亭 川奈別邸
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

トヨタ カローラフィールダーの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ カローラフィールダーのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ カローラフィールダーの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ カローラフィールダーの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ カローラフィールダーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる