【新型ワゴンRスマイルとムーヴキャンバス 内外装比較】デザインや収納、シートアレンジなど各部の違いをチェック

  • 筆者: 望月 達也(MOTA編集部)
画像ギャラリーはこちら
スーパーハイトワゴンよりも一回りコンパクトながら両側スライドドアを備えるモデルとして人気のダイハツ ムーヴキャンバス。これまで直接的なライバルと呼べるモデルはなく、人気を独占してきたが新たに同コンセプトのもとスズキ 新型ワゴンRスマイルが登場した。そんな気になる両車の内外装や収納、シートアレンジなど各部の違いを比較していく。
目次[開く][閉じる]
  1. これまで一強だったムーヴキャンバスにライバルとなる新型ワゴンRスマイルが登場
  2. 外観は直線基調の新型ワゴンRスマイル、丸みを帯びたムーヴキャンバス
  3. インパネ周りは質感の高さを強調する新型ワゴンRスマイル、ポップなデザインのムーヴキャンバス
  4. 後席はどちらもスライド可能ながら、ムーヴキャンバスでは240mmのロングスライドを実現
ワゴンRスマイルの最新業界ニュース・自動車ニュース&記事

これまで一強だったムーヴキャンバスにライバルとなる新型ワゴンRスマイルが登場

2021年9月10日(金)より発売開始されたスズキ 新型ワゴンRスマイルは、四角いボディのフォルムと丸目ヘッドランプなどにより、シンプルで愛着のわくエクステリアに、居心地の良さと質感の高さを感じられるデザインのインテリアを備えたモデル。

特徴としては、車名の通りハイトワゴンのワゴンRをベースにしながらも、両側スライドドアを採用し、内装は専用に設計され、USBポートなど便利機能も数多く採用してる。

パワートレーンは660cc自然吸気エンジン+CVTに加えて、低燃費技術としてマイルドハイブリッドを搭載したHYBRIDグレードも設定。2WDと4WDが用意され、価格(消費税込)は、129万6000円~171万6000円。

ダイハツ ムーヴキャンバスは、2016年9月に「自身のライフスタイルを楽しむ女性に寄り添う新感覚スタイルワゴン」として誕生。名前の通り、同車のハイトワゴン「ムーヴ」に両側スライドドアをプラスした派生モデルだ。コンセプトにあるとおり、丸みを帯びてキュートな顔つきで“女性向け”に特化している。

パワートレーンは660ccの自然吸気エンジン+CVTのみ。2WDと4WDが用意され、価格(消費税込)は143万円~175万4500円となっている。

外観は直線基調の新型ワゴンRスマイル、丸みを帯びたムーヴキャンバス

新型ワゴンRスマイルのボディサイズは、全長3395mm×全幅1475mm×全高1695mm、ホイールベース2460mm。対するムーヴキャンバスのボディサイズは、全長3395mm×全幅1475mm×全高1655mm、ホイールベース2455mm。

両車とも、全長と全幅は同じながら、新型ワゴンRスマイルの方が10mm程全高が高めとなる。

新型ワゴンRスマイルの外観デザインは、丸いヘッドライトで温もりのあるフロントマスクに、ボディ全体は直線基調のボクシーなフォルムで、可愛いだけじゃなく上質で大人っぽい印象も持ち合わせている。

一方のムーブキャンバスのデザインは、フロントマスクがニッコリと笑いかけるようにフレンドリーで、ちょっとレトロな印象を受けるツートーンカラーがメイン。可愛らしいパステル系に加え、ダークなレッドやブラックのモノトーン系も揃っており、さまざまな好みに対応している。

インパネ周りは質感の高さを強調する新型ワゴンRスマイル、ポップなデザインのムーヴキャンバス

新型ワゴンRスマイルのインパネデザインは、柔らかな造形のインパネカラーパネルにカッパーゴールドのアクセントを組み合わせる(HYBRID X、HYBRID Sに採用)など、居心地の良さと質感の高さを感じられるデザインとなっている。

ムーヴキャンバスのインパネデザインは、新型ワゴンRスマイルがハンドルの前にメーターを備えるのに対し、中央にセンターメーターを配し、その下にオーディオ、さらにはエアコンパネルという順で配置されている。

ステアリング前には小物入れを用意しており、スマホやタオルといった小物を収納するにはピッタリである。

後席はどちらもスライド可能ながら、ムーヴキャンバスでは240mmのロングスライドを実現

新型ワゴンRスマイルのリヤシートは、左右それぞれが前後にスライド調整可能。リクライニングも乗る人の好みに合わせて快適な角度に調整できる。さらに、ダイブダウンで畳めることも可能で、そのために座面と背もたれを薄くする必要が生じたが、底付き感のない座り心地に仕上げている。

後席収納スペースは、運転席と助手席の背面にシートバックポケットを設置。運転席側にはドリンクホルダーが2個ついたパーソナルテーブルが備わるほか、新型ワゴンRスマイルでは新たに上段部分にシートバックアッパーポケットが設定されている。

後席は左右分割で240mmのロングスライドとリクライニングができる、ゆったりとしたシートとなっている。パワースライドドア、オートエアコンは全車標準装備。

収納ではとくに、後席の座面下が大きな引き出し式のボックスになている「置きラクボックス」が特徴的。ラゲッジまで回らなくても、スライドドアを開けてサッと荷物を置くことが可能だ。

新型ワゴンRスマイルのリヤシートを全倒するとラゲッジ部分と段差のないフルフラットの状態となり、使い勝手の高い空間が出現する。さらに、助手席の座面を起こせば、ラゲッジフロアとほぼフラットになり、長尺物の積載も可能となる。

ムーヴキャンバスのラゲッジ部分は、フロアの下にアンダーボックスがあり、フロアボードを上げると背の高い荷物も積み込み可能。大きな荷物を積みたい時は、後席が左右分割で前倒しできるタイプだ。ただ、少し段差ができてフロアにも傾斜がついている。助手席の背もたれが180度近く倒れるので、こちらも長い荷物を積むことができる。

ここまで新型ワゴンRスマイルとムーヴキャンバスの各部を比較してきたが、より細部のデザイン・仕様などは、フォトギャラリーでぜひチェックしてみてほしい。

スズキ/ワゴンRスマイル
スズキ ワゴンRスマイルカタログを見る
新車価格:
129.7万円171.6万円
中古価格:
129.9万円215万円
ダイハツ/ムーヴキャンバス
ダイハツ ムーヴキャンバスカタログを見る
新車価格:
127.6万円175.5万円
中古価格:
69.9万円224.8万円

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者望月 達也(MOTA編集部)
監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 創業大正十五年 蓼科 親湯温泉

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

スズキ ワゴンRスマイルの最新自動車ニュース/記事

スズキのカタログ情報 スズキ ワゴンRスマイルのカタログ情報 スズキの中古車検索 スズキ ワゴンRスマイルの中古車検索 スズキの記事一覧 スズキ ワゴンRスマイルの記事一覧 スズキのニュース一覧 スズキ ワゴンRスマイルのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる