スズキ スペーシア人気急上昇の鍵はライバルにないSUVテイスト“スペーシア ギア”の成功にあった

画像ギャラリーはこちら
2018年に登場したスズキの軽スーパーハイトワゴン、2代目「スペーシア」シリーズが好調な売れ行きを示している。ライバルのダイハツ タントがフルモデルチェンジを実施した2019年以外、首位のホンダ N-BOXに次ぐ2位のポジションに収まったのだ。後発組であるスペーシアが、市場開拓のパイオニアであるタントに勝った理由とは。モータージャーナリストの鈴木 ケンイチがレポートする。
目次[開く][閉じる]
  1. 初代の頃はN-BOX、タントに続く3位のポジションだったスペーシア
  2. 2018年登場の2代目スペーシアがクラス2位のタントを抜いた
  3. 時代の空気を敏感に感じ取ったスズキの戦略勝ち! この差はしばらく埋まりそうにない

初代の頃はN-BOX、タントに続く3位のポジションだったスペーシア

スズキの「スペーシア」の販売が好調だ。スペーシアは背の高いボディに両側スライドドアを備えた、いわゆるスーパーハイトワゴンに類するモデルだ。

ライバルは、このジャンルの圧倒的王者であるホンダのN-BOX、ダイハツのタント、それに日産 ルークス/三菱 eKスペースとなる。販売のランク付けでいえば、王者がN-BOX、それに続くのがタント。そしてスペーシア。新参が日産/三菱という格好だ。

2013年に登場した先代スペーシアは、販売面で、王者N-BOXはもとより、このジャンルの創設者であるタントにも及ばなかった。2016年のスペーシアの年間販売ランキング(一般社団法人 全国軽自動車協会連合会調べ)は8位。一方、N-BOXはもちろんの1位、タントも2位であった。その後2017年12月に、2代目となる現行型スペーシアはフルモデルチェンジしている。

2018年登場の2代目スペーシアがクラス2位のタントを抜いた

しかし、現行モデルが登場した翌2018年にスペーシアは、年間ランキングで一気に2位にまでアップ。1位は不動のN-BOXであるが、4位のタントを抜く快挙であった。ただし、タントは翌2019年7月、4代目へフルモデルチェンジを行っている。つまり、2018年のタントはモデル末期であったのだ。

そんな2018年の暮れ、12月にスペーシアは、SUVテイストの「スペーシア ギア」を追加する。これによりスペーシアは、「標準」「カスタム」に加え「ギア」という3つのデザインを持つことになった。

ただ2019年7月にダイハツ タントがフルモデルチェンジしたこともあり、2019年の年間販売ランキングは、タントが2位、スペーシアが3位という結果に。ちなみに1位はやっぱりN-BOX。あっさりとスペーシアは、タントに抜かれてしまったのだ。

だが、ここでスズキ スペーシアが踏ん張った。翌、2020年の年間ランキングでスペーシアは2位を奪い返す。タントは3位。その勢いは続き、2021年も1~9月の販売ランキングでも2位スペーシア、3位タントという順位をキープしている。つまり、タントのフルモデルチェンジした2019年こそ負けたが、それ以外では、すべてスペーシアが販売数で上回っているのだ。

時代の空気を敏感に感じ取ったスズキの戦略勝ち! この差はしばらく埋まりそうにない

スペーシアがタントに勝てている理由はどこにあるのだろうか?

個人的に思うのは、クルマの出来という意味では、スペーシアとタントは甲乙つけがたい。走行性能や燃費性能、室内の広さ、使いやすさに関しては、ほとんど差がないのではないかと思う。ハッキリわかる違いと言えば、スペーシアにはSUVテイストのギアがあるくらいだろう。そこで、スズキにスペーシアにおけるギアの販売比率を問い合わせてみた。すると、スペーシアの販売の内訳は、標準車が4割強、カスタムが3割強、ギアが2割ほどだという。ギアは、それほど、たくさん売れているわけではないのだ。

そこで、もう一度、スペーシアとタントの販売の数字を見返してみた。すると、この2割のギアの存在は、重要であることに気づいた。どういうことかといえば、スペーシアとタントの販売数の差は、ほんのわずかなものであったのだ。

タントとスペーシアの販売台数差自体はごくわずかだが、商品力の違いは大きい

実数を言えば、2021年1~9月のスペーシアの販売が106045台に対して、タントは90669台だ。その差は約1万台。約10万台と約9万台であるから、その差は1割ほどしかない。2020年1~12月の販売数では、スペーシアが139851台に対して、タントは129680台。約14万台と13万台で差が約1万だ。こちらは1割未満の差だ。

つまり、昨年から現在まで順位は動いていないけれど、その差は、常に10%を切るほど、わずかなものであったのだ。

差が小さいことで、スペーシア ギアの存在が効く。スペーシアにおけるスペーシア ギアの販売比率は2割だが、その数は、スペーシアとタントの差よりも大きいのだ。標準とカスタムが同じだけ売れていれば、ギアの分だけスペーシアが有利となると言える。

また、現在のトレンドはSUVだ。ハイトワゴンにSUVテイストを盛り込んだのは、スペーシアが初となる。このアイデアも見事なもの。

現世代のスペーシアVSタントの戦いでスペーシアが有利に進んでいるのは、トレンドをキャッチしたワイドバリエーションを用意した、スズキの作戦勝ちと言えるだろう。

[筆者:鈴木 ケンイチ/撮影:和田 清志・茂呂 幸正・SUZUKI]

スズキ/スペーシア
スズキ スペーシアカタログを見る
新車価格:
129.8万円195.9万円
中古価格:
22万円256万円

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
鈴木 ケンイチ
筆者鈴木 ケンイチ

1966年9月15日生まれ。茨城県出身。国学院大学卒。大学卒業後に一般誌/女性誌/PR誌/書籍を制作する編集プロダクションに勤務。28歳で独立。徐々に自動車関連のフィールドへ。2003年にJAF公式戦ワンメイクレース(マツダ・ロードスター・パーティレース)に参戦。新車紹介から人物取材、メカニカルなレポートまで幅広く対応。見えにくい、エンジニアリングやコンセプト、魅力などを“分かりやすく”“深く”説明することをモットーにする。最近は新技術や環境関係に注目。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員 自動車技術会会員 環境社会検定試験(ECO検定)記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 名泉鍵湯 奥津荘

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

スズキ スペーシアの最新自動車ニュース/記事

スズキのカタログ情報 スズキ スペーシアのカタログ情報 スズキの中古車検索 スズキ スペーシアの中古車検索 スズキの記事一覧 スズキ スペーシアの記事一覧 スズキのニュース一覧 スズキ スペーシアのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる