ソリオにシトロエン!? 意外過ぎるキャンピングカーのベース車3選【ジャパンキャンピングカーショー2021】

画像ギャラリーはこちら
キャンピングカーのベース車両といえば、ハイエースなど定番モデルを使用することが多い。しかし2021年4月2日(金)から4月4日(日)に開催されたジャパンキャンピングカーショー2021会場を巡ってみたところ、意外なクルマもキャンピングカーに変身していた!

スズキ ソリオにシトロエン ベルランゴなど、意外なベース車を集めてみた!

目次[開く][閉じる]
  1. これからブームが来る!?「スズキ ソリオ」のキャンピングカー
  2. 初公開! シトロエン ベルランゴが早くもキャンパーに
  3. スタイリッシュ過ぎる! NV350キャラバンベースのキャンパー

これからブームが来る!?「スズキ ソリオ」のキャンピングカー

軽1BOXカーのキャンピングカーでは、室内の広いスズキ エブリイがダントツのシェアを誇るが、このクルマをベースにしたキャンピングカー(車中泊仕様)は初めて見た!

スズキの小型車「ソリオ」だ。「キャビン2ミニ WISH」のネーミングで売られている。

製作したマリナ'RVでも、やはりスズキ エブリイをベースにしたキャンピングカーを販売しているが、燃費や長距離ドライブの性能に不満があるユーザーが少なからずいることも把握していたという。

そこで、マイルドハイブリッドで燃費にも優れるスズキ ソリオに白羽の矢が立った。なるほど、ソリオも軽並みに程よいサイズで扱いやすく、価格も控えめだ。しかも軽パンでは望めない快適な走りで燃費も良いとなれば、いままでソリオのキャンピングカー仕様がなかったのがむしろ不思議なくらいだ。今後ソリオのキャンピングカーが静かなブームとなるかもしれない。

そんなキャビン2ミニ WISHは、社外品の連結テント(5分もあれば組立できる!)を使いテールゲート下に居室を作れば、素早く2ルームテントが完成する。この手軽さが嬉しい。

専用のマットレスやテーブル、あとは搭載の家電以外は一見するとノーマルに見えるキャビン2ミニ WISHだが、ダウンライトやUVカットのリアフィルム、天井防音断熱加工などを施し、車中泊の快適度は格段に向上している。

あえて車載のサブバッテリーは積まず、車内の家電は大容量のモバイルバッテリーで作動させる。むしろ屋外など他の用途でも活用出来ることから、こちらを好むユーザーも多いという。

初公開! シトロエン ベルランゴが早くもキャンパーに

人気急上昇中の輸入車「シトロエン ベルランゴ」に早くもキャンピングカー仕様が登場した。

ポップアップテント仕様のこちらは、ミニバンや軽ハイトワゴンなど乗用車ベースのキャンピングカーを得意とするホワイトハウス製作。

かつてベルランゴのライバル、ルノー カングーでも同様のポップアップテント仕様を製作しており、輸入車のキャンピングカー架装もお手の物だ。

後席をたたむとほぼフルフラットになるベルランゴの広い荷室を活用し、大人2人でも十分な縦1800mm、横1170mmの広大なベッドが現れる。

ポップアップルーフテントも縦1900mm、横1100mmとやはり2名の就寝が可能だ。

ベッド下にはスライド収納が左右に用意され、オプションでスライド式アウトギャレー(流し・コンロ・調理台)も展開される。サブバッテリーや走行充電、さらにFFヒーターなど、車中泊に欲しい本格的な機能が備わる。

今回のジャパンキャンピングカーショー2021会場が初お披露目となったベルランゴ ソレイユ。説明員に伺ったところ、早くも反響が大きいとのことだった。

なお兄弟車のプジョー リフター版も用意され、そちらは「シエル」と命名された。クロスオーバー風のリフターのスタイリングにもポップアップルーフがよく似合う。

ベルランゴとリフター、さてどちらにしようか、早くも迷っている方もいるのでは!?

スタイリッシュ過ぎる! NV350キャラバンベースのキャンパー

最後はキャブコンと呼ばれる、後部に大きなボディシェルを架装したタイプの本格的なキャンピングカー「ASTRARE CC1(アストラーレ シーシーワン)」をご紹介。

キャブコンは、2トンクラスのトラックの荷台部を架装するのが通例で、多くの場合トヨタのカムロードという専用車がベースになる。しかしアストラーレ シーシーワンは珍しい日産 NV350キャラバンをベースにした1台。

ベース車の前席部を残して、後部は環状構造の骨組みで構成された専用のボディを架装する。トラックベースのキャブコンとは一線を画すスタイリッシュなデザインもなかなか個性的だ。

またエントランスドアもベース車の特性を活かしたスライドドアというのもユニークだ。オートクロージャー付きなので半ドアの心配もない。

通常のキャブコンに多いバンクヘッド(前席上部のベッドルーム)は設けず、後部に常設の2段ベッドを備える。もちろん居室部のシートもベッドに展開出来る。

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ねぶた温泉 海游 能登の庄
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

スズキ ソリオの最新自動車ニュース/記事

スズキのカタログ情報 スズキ ソリオのカタログ情報 スズキの中古車検索 スズキ ソリオの中古車検索 スズキの記事一覧 スズキ ソリオの記事一覧 スズキのニュース一覧 スズキ ソリオのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる