唯一無二のグレード!? ファミリー層のスバル フォレスター購入のキモは室内装備にあった【おすすめグレード】

画像ギャラリーはこちら
まだまだ休日はアクティブに過ごしたいからSUVが欲しいけれど、徐々に視力や反射神経の衰えを感じて、日々の運転は慎重派になってきた、という40代パパ・ママのみなさん。

いったいどんなSUVを選んだらいいのか、悩んでいませんか?

カジュアルで実用的なだけじゃ物足りない、かといって上質感ばかりでも楽しくない。

当記事では、そんな40代ファミリーにぴったりのモデルと、イチオシグレードをご提案します。

目次[開く][閉じる]
  1. 実はわりとお手頃! フォレスターのイチオシグレードは305.8万円のX-BREAK
  2. 安全装備を最重視する場合は最上級グレードのAdvanceとSPORTモデルを
  3. 唯一無二!? X-BREAKを推す最大の理由は唯一の撥水加工と内装カラー!

実はわりとお手頃! フォレスターのイチオシグレードは305.8万円のX-BREAK

300万円台という手頃な価格帯から、完全手離し運転ができるハンズフリー運転支援システムが搭載されたモデルを販売している国産メーカー・車種は、スバル レヴォーグだけです。※2021年3月現在

技術に自信があり、それをなるべくたくさんの人に使って欲しいという願いがあるからこそ、できることですよね。

そんなスバルの実力派SUV、フォレスターには、ハンズフリー運転機能まではありませんが、トップレベルの運転支援システムが全車に標準装備されており、SUVらしいアクティブな走りと、安心安全な運転の両方が手頃な価格で手に入る、40代ファミリーにぴったりのモデルなんです。

イチオシのX-BREAKモデルのほか3グレードを展開

2.0Lエンジン+モーターのハイブリッドとなる「e-BOXER」を搭載するグレードが3つ、1.8L直噴ターボエンジンを搭載するグレードが1つ、計4グレードある中でイチオシは、「X-BREAK」305万8000円。

スバル フォレスター グレード価格(消費税込み))
Touring e-BOXER291万5000円
X-BREAK e-BOXER305万8000円
Advance e-BOXER315万7000円
SPORT328万9000円

安全装備、快適装備が充実しているだけでなく、レッドオレンジという鮮やかなカラーを内外装にオシャレにあしらい、ちょっと若々しい印象があるのもポイントです。

アウトドアファミリーに嬉しい! 室内の随所に撥水加工されているのはX-BREAKだけ

また、シートやカーゴルームのフロアが撥水加工されている唯一のグレードなので、アウトドアスポーツで濡れたり汚れたりした物を積んだり、濡れたウェアのまま座ったりしても大丈夫。そんなところもファミリーに嬉しいですよね。

最上級グレードでも328.9万円也! 価格差の激しくないグレード展開がフォレスターの長所

ただ、トップグレードのガソリンモデルとなる「SPORT」は、X-BREAK(305.8万円)に対して、23万1000円アップの328万9000円、e-BOXERとなる「Advance」は9万9000円アップの315万7000円と、フォレスターはトップグレードを購入してもそれほど価格差が大きくないのが特徴です。

安全装備を最重視する場合は最上級グレードのAdvanceとSPORTモデルを

装備では何が違うのかと言うと、外観ではまずタイヤサイズが「X-BREAK」が17インチのところ、トップグレード2つは18インチになります。

電動式のサイドミラーに、リバース連動機能とメモリー&オート格納機能が標準装備となり、「Advance」ではフロントグリルなどあちこちにメッキ&シルバー加飾があしらわれて、上質感がアップ。「SPORT」ではマフラーカッターがデュアルタイプになってスポーティですね。

X-BREAKに対してわずかな価格差で室内装備が充実しているのがAdvance・SPORTの良いところ

そして内装。イチオシのX-BREAKと最上級グレードのAdvanceとSPORTとの大きな違いが、運転席&助手席8ウェイパワーシートと、アクセスキー対応のシートメモリー機能、運転席が自動後退する機能が「Advance」と「SPORT」では標準装備になること。

また運転席&助手席シートヒーターは全車標準装備、後席左右のシートヒーターはベースグレード「Touring」291万5000円以外は標準装備されています。

X-BREAKとの最大の違いは運転支援機能! Advance・SPORTでは夜間走行・後方もサポートしてくれるアイサイトを装備

さらに、機能的に大きな違いが、運転支援システムの「アイサイト」のコアテクノロジーは全車標準装備なのですが、「アイサイトセイフティプラス」と呼ばれるプラスαの運転支援技術は「Advance」と「SPORT」のみに標準装備。

例えば夜間走行の際にハイビームとロービームを自動で状況によって最適に照らしてくれるアダプティブドライビングビームや、後側方からくるクルマを検知してくれるリアビークスディテクション、フロントビューモニターといった機能ですね。これらは「Touring」と「X-BREAK」ではオプション設定となっています。

なので、もしそれらをオプションでつけるとなると、あっという間に価格差は微々たるものになってしまいます。

唯一無二!? X-BREAKを推す最大の理由は唯一の撥水加工と内装カラー!

「X-BREAK」をイチオシにした理由は、シートなどの撥水加工は、ほかのグレードではオプションでも選べないし、メッキを使って上質感を出したSUVは他にもたくさんあるけれど、見ているだけでテンションが上がる「X-BREAK」のカラーコーディネートはフォレスターだけ。

40代、まだまだアクティブにレジャーを楽しみたいファミリーには、すごく似合っているのではと思います。

オプションはお手入れ簡単のフロアマット「トレーマット」がおすすめ

ちなみにオススメのアクセサリーは、足元の汚れもカバーしてくれる、「トレーマット(グレーオーナメント/オレンジオーナメント)」。

これならサッと水洗いするだけでお手入れできるので、さらにアウトドアレジャーが楽しめると思います。

そんなフォレスターとともに、やりたいことを諦めない、悔いのない40代を過ごしましょう!

[筆者:まるも 亜希子]

毎週水曜日はダディ×マミー!

MOTA毎週水曜日連載コーナー「ダディ×マミー」では、世のイケパパ・ママたちへ様々なカーライフネタをお届け!

当企画では、様々な車種を設定した人物象へ向けて“イチオシのグレード”をご紹介!

次の更新は3月24日(水)。次回もお楽しみに!

▼前回は三菱 エクリプスクロスを紹介!

▼最新TOP3

スバル/フォレスター
スバル フォレスターカタログを見る
新車価格:
291.5万円328.9万円
中古価格:
24万円382万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
まるも 亜希子
筆者まるも 亜希子

大学卒業後、編集プロダクション株式会社エディトリアル・クリッパーに就職、自動車雑誌「ティーポ(Tipo )」の編集者として6年間勤務。2003年にフリーランスとして独立。現在は雑誌やウェブサイトの自動車関連記事に出演・寄稿している。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、日本自動車ジャーナリスト協会会員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ABBA RESORTS IZU - 坐漁荘
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

スバル フォレスターの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバル フォレスターのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバル フォレスターの中古車検索 スバルの記事一覧 スバル フォレスターの記事一覧 スバルのニュース一覧 スバル フォレスターのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる