【新型ヴェゼル】気になる価格は? イチオシグレードはe:HEV PLaY!? 価格&おすすめグレード予想

画像ギャラリーはこちら

ついに、フルモデルチェンジした新型がお披露目された、ホンダ ヴェゼル。

新型の価格や装備の詳細は現時点では未発表で、正式発表は2021年4月中旬頃となっています。

初代ヴェゼルは2013年の発売以来、かつてなかったスタイリッシュでスポーティなコンパクトSUVとして人気者になり、世界中で累計約384万台の販売を記録するほどの大ヒットモデル。

日本では40代以上のユーザーが半数以上を占めるものの、20代・30代が2割強というのも多い部類で、比較的若い世代にも好まれていたと言えます。

また男女比では女性が4割弱と、これまた女性人気が高い! 今回はそんな、新型ヴェゼルの価格予想とともにイチオシグレードを紹介したいと思います。

目次[開く][閉じる]
  1. 8年ぶりにモデルチェンジした新型ヴェゼル! グレードは全4種
  2. e:HEVグレード別価格予想! Xは250、Zは290万円からか
  3. イチオシグレードは最上級のe:HEV PLaY! 価格は330万円前後と予想

8年ぶりにモデルチェンジした新型ヴェゼル! グレードは全4種

新型ヴェゼルは大胆にイメージチェンジしたエクステリアデザインや、センスのいいカラーや上質な素材にこだわったインテリアで、まず内外装が若い世代のオシャレ感覚に刺さるものにガラリと変わったのが特徴です。

グレードは1.5L直列4気筒エンジン+2モーターの「e:HEV(イー・エッチイーブイ)」(ハイブリッド)が3グレード、1.5L直列4気筒エンジンが1グレード。

推しは圧倒的にe:HEVグレード!

この構成を見てもわかるように、推しは間違いなくe:HEVです。

初代の販売台数でも、人気トップ3のうち2グレードはハイブリッドだったので、乗り換え組もe:HEVが多くなることでしょう。

e:HEVグレード別価格予想! Xは250、Zは290万円からか

そんなe:HEVの3グレードには、まず外観で大きな違いがあります。ベースグレードの「e:HEV X」と「e:HEV Z」はボディカラーが単色ですが、トップグレードとなる「PLaY」はルーフとボディがカラーコーディネートされた、オシャレなツートーンカラー。

ボディ同色の斬新なデザインが採用されたフロントグリルも、「PLaY」にだけトリコロールの装飾が入ったり、サイドスカートに赤いラインが入ってアクセントになったりと、とにかく「PLaY」の名の通り、デザイナーの遊び心があちこちに散りばめられているのです。

e:HEVのなかでもベースグレードのX、価格は250〜275万円と予想

そして装備面でも、「e:HEV X」は16インチタイヤが装着され、フルLEDヘッドライトはデイタイムランニングランプ付き/マニュアルレベリング/オートライト機能付きになります。

運転席&助手席シートヒーターはFF車には付かず、4WD車のみと、装備もベーシックなものになっています。価格はおそらく250万円~275万円前後になるのではと予測されます。

装備充実のe:HEV Z! 価格は290〜300万円と予想

次に「e:HEV Z」は18インチアルミホイールになり、FF車の運転席&助手席シートヒーターが標準。

ステアリングヒーターも付き、フルLEDヘッドライトがオートレベリングに。充電用USBジャックが前席だけでなく後席にも2口付くので、ファミリーで乗るにも便利ですね。

いちばんの快適装備は、ハンズフリーアクセスパワーテールゲート。足の動作で自動開閉するのですが、予約ロック機能があるのも嬉しいポイントです。価格は290~300万円前後ではと予測されます。

イチオシグレードは最上級のe:HEV PLaY! 価格は330万円前後と予想

そしてイチオシの「e:HEV PLaY」は、それに加えて今回からかなり充実したサービスが展開されるというHonda CONNECTのディスプレイとナビゲーション連動のETC2.0車載器が標準装備。

スマホでキーロック解除などもできるというから、使い方がさらに広がりそう。ワイヤレス充電器も装備されます。

PLaYならパノラマルーフも標準装備!

さらに、後席の頭上まで広い面積がガラスになる、パノラマルーフ(IRカット<遮熱>/UVカット機能付プライバシーガラス)があって、室内の開放感が劇的変化。

シートもPLaY専用のプライムスムースとファブリックのコンビシートになるので、座り心地も変わってきますね。

価格は330万円前後との予測。ですが、PLaYのみ4WDの設定がなくFF車のみとなっています。

ちなみにガソリンモデルの価格は220〜230万円前後と予想! 装備はe:HEV Xと同等

さて、「ガソリンモデルも気になるよ~」という人もいるかもしれませんので、「G」の予測もしておくと、装備内容は「e:HEV X」とほぼ同等です。

FFと4WDが設定されており、FFでおそらく220万円~230万円前後ではないかと予測されます。ちなみに、さらに機能が充実した先進の安全運転支援システム「Honda SENSING」は全車に標準装備となっています。

純正アクセでガラッと様変わり! なかでもアーバンスタイルは高級車チック

また、アクセサリーの詳細もまだ発表されていませんが、ホンダアクセスから外観の純正アクセサリーが登場し、「Urban Style(アーバンスタイル)」と「Casual Style(カジュアルスタイル)」という2タイプのコーディネートがあるうち、「Urban Style」は実車がお披露目されました。

フロントマスクなどがガラリとイメチェンするので、こちらも発売が楽しみです。

新型ヴェゼルはほかにも、快適性を追求した新機能のエアコンや、視界の良さを始めとする運転しやすさ、2モーターハイブリッドのe:HEVがもたらすシームレスでパワフルな走り、一体感が増した上質な乗り味など、見どころが盛りだくさん。

新世代のコンパクトSUVとして、今からぜひ注目していきましょう!

[筆者:まるも 亜希子]

毎週水曜日はダディ×マミー!

MOTA毎週水曜日連載コーナー「ダディ×マミー」では、世のイケパパ・ママたちへ様々なカーライフネタをお届け!

当企画では、様々な車種を設定した人物象へ向けて“イチオシのグレード”をご紹介!

次の更新は3月3日(水)。次回もお楽しみに!

▼前回はダイハツ タントを紹介!

▼最新TOP3

ホンダ/ヴェゼル
ホンダ ヴェゼルカタログを見る
新車価格:
264.9万円377.6万円
中古価格:
83万円405万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

まるも 亜希子
筆者まるも 亜希子

大学卒業後、編集プロダクション株式会社エディトリアル・クリッパーに就職、自動車雑誌「ティーポ(Tipo )」の編集者として6年間勤務。2003年にフリーランスとして独立。現在は雑誌やウェブサイトの自動車関連記事に出演・寄稿している。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、日本自動車ジャーナリスト協会会員。記事一覧を見る

MOTA編集部
監修者MOTA編集部

MOTA編集部は自動車に関する豊富な知識を持つ専門家チーム。ユーザーにとって価値のあるコンテンツ・サービスを提供することをモットーに、新型車の情報や、自動車の購入・売買のノウハウなど、自動車に関する情報を誰にでも分かりやすく解説できるように監修しています。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

ホンダ ヴェゼルの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ ヴェゼルのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ ヴェゼルの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ ヴェゼルの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ ヴェゼルのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる