スバル フォレスターがマイナーチェンジ! レヴォーグ顔のデザイン改修に意見割れる【みんなの声を聞いてみた】

  • 筆者: 望月 達也(MOTA編集部)
画像ギャラリーはこちら
スバルは2021年6月14日(月)、同社の人気SUVモデル「フォレスター」のマイナーチェンジモデルを発表し、先行予約をスタートした。発売は2021年秋から。今回のマイナーチェンジモデルでは外観が大きく変わり最新のレヴォーグと共通のデザインテイストになったほか、新世代アイサイトを搭載した。果たして車ファン、一般ユーザー、購入検討者などは新型フォレスターをどう捉えているのか? ここではSNSで挙げられているみんなの声を紹介していく。
目次[開く][閉じる]
  1. デビューから3年が経過し、フォレスターが大改修
  2. SNS上では「カッコいい」という声と「バランスが崩れた」という声
  3. アイサイトXとの違いは? 「新世代アイサイト」に追及する声

デビューから3年が経過し、フォレスターが大改修

2018年6月に登場した現行型のスバル フォレスター(5代目)が、2021年秋、大規模なマイナーチェンジを実施する。

内容としては、新型レヴォーグに採用されたているスバルの最新デザインコンセプト“BOLDER”のテイストを取り入れ、フロントグリルやヘッドライトなど外装デザインをリニューアルしたほか、新世代アイサイトの採用、走行性能の改良などかなり大掛かりなマイナーチェンジとなっている。

今回発表されたのは内外装デザインのみで、気になる価格は2021年8月の正式発表時に併せて公開される。既に予約は2021年6月14日より開始しており、発売は2021年10月を予定している。

SNS上では「カッコいい」という声と「バランスが崩れた」という声

そんな新型フォレスターについて、SNS上ではどのような意見が飛び交っているのか確認してみた。

デザイン面では賛否両論多くの意見が

やはり圧倒的に多かったのは今回トピックの1つであるデザインに関する声。

「個人的にはカッコいいと思う。前期はキープコンセプト過ぎた」

「精悍なカッコいい顔つきから、可愛らしくなった印象。万人受けするかは定かではないが個人的にはあり」

「縦に間延びしてバランスが崩れた微妙なデザイン」

と、早速賛否両論様々な意見が飛び交っているものの

「正直前の方が良かった」

「無理にスバル共通のコの字型ヘッドライトにしなくていい」

「車検があるから買い替え検討したけど、新型を見た瞬間に車検を通すことを決めた」

と、やや批判的な声が多い印象だ。そんな中、

「フロントよりもむしろリアのデザインを変えてるべき」

「それよりリアランプをレヴォーグのようにしてほしかった」

「デザイン変更するならフロントよりもリア」

などの、フロントマスクよりリアのデザイン改修に追及する声が一定数で存在した。それでも、

「フォレスターもレヴォーグもクセが凄い。カッコいいかは個人の主観だが、他メーカーの様に似たり寄ったりと流されないスバルらしさがあっていいとは思う」

「スバルは良い意味で他社とちょっとズレているのが良いところ」

といったスバルの姿勢を評価する声も一部で見受けられた。

アイサイトXとの違いは? 「新世代アイサイト」に追及する声

そんな中、気になる声としてスバルの代名詞の1つである先進安全装備「アイサイト」に関する声が挙がっていた。その内容は

「新世代アイサイトって何? アイサイトXもあるしわかりにくい」

「アイサイトXが付かないと購入の意味がない」

「期待していたけど、アイサイトXじゃないのか」

「デザインは甲乙つけがたい。けどそれ以上にアイサイトはXじゃないなら、前期型の方がいいやと思ってしまう」

というもの。

スバルのリリースによると、ステレオカメラの広角化やソフトウェアの改良とあり「新世代アイサイト」と明記されている。新型レヴォーグに搭載されている「アイサイトX」が採用されるか否かは現状不明ながら、この内容だと非採用との見方が強いようで、それを残念に思う声が挙がっているようだ。

新型フォレスター正式発表は2021年8月。スペックや価格面など、まだまだ気になる部分も多いがどのような内容となるのか? 引き続き注目していきたい。

[筆者:望月 達也(MOTA編集部)]

スバル/フォレスター
スバル フォレスターカタログを見る
新車価格:
291.5万円328.9万円
中古価格:
27.9万円367.3万円

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者望月 達也(MOTA編集部)
監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 松濤館

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

スバル フォレスターの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバル フォレスターのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバル フォレスターの中古車検索 スバルの記事一覧 スバル フォレスターの記事一覧 スバルのニュース一覧 スバル フォレスターのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる