煽り運転対策で需要増!? ドライブレコーダー装着率アンケートを取ってみた【みんなの声】

  • 筆者: MOTA編集部

みなさんはドライブレコーダーを装着していますか?

以前よりもドライブレコーダーの映像がSNS等でアップロードされるようになりましたよね。またドライブレコーダーの映像によって解決に繋がった煽り運転事件からも、ドライブレコーダーの必要性を感じている人も多いはずです。かなり普及してきたと思われるドラレコですが、どれくらいの人が装着しているのでしょうか。

■煽り運転対策に! 余りスマホをドラレコとして使用できるアイテム・アプリやグッズを画像で見る

そこで今回は「ドライブレコーダー装着していますか?」という質問で、MOTAのTwitterフォロワーの皆さんにアンケートを実施しました。

Q.ドライブレコーダー装着していますか?

■装着している:59%

■装着していない:41%

(投票数:222票)

皆さんの声

■最初のキッカケは事故を起こした時の証明になればと思った事。それが4〜5年前で、当時は360°や前後2カメラタイプで良いと思える物が無く、前方のみの撮影角度が広いドライブレコーダーを装着した。昨今の煽り運転やタクシーの車内トラブルを見ていると、車内も映せる必要性を感じ、買い替えを検討中。

■今の乗用車はまだ装着していない。もうすぐ車検なので、それに合わせて装着したいとは考えているが、どれにしたらよいのか迷っている。仕事で使用している愛車「日野 プロフィア」には前後2カメラ常時録画のものを装着している。

■2011年から自作でドラレコとしてカメラを設置し、動画サイトで生放送もしていた。昨今のSNSへのアップもようやく時代が追いついたなという印象。

調査を終えて

実は1年前にもドラレコ装着についてアンケートを行っておりました。

以前の記事:ドライブレコーダーを付けてる人ってどれくらいいるの?

その調査結果は装着している:54%、装着していない:46%(全435票)でしたので、装着率はジワジワと高まっているようです。

近年ではドライブレコーダーの本体だけでなくSDカード等のメモリーも安くなったことによって、購入しやすくなりました。一昔前までは、ドライブレコーダーの必要性を感じている人はあまり多くありませんでしたが、ドライブレコーダーによって明らかになった事件・事故が増え、メディアで報道されることが多くなってきたことで、装着したいと考える人が多くなってきたのも装着率が高まってきた理由でしょう。

ドライブレコーダーを装着していない・買い替えを検討している方に向け、あらためてドライブレコーダーの効果と種類をまとめてみました。

ドライブレコーダーの効果

■事故原因の把握につながる(自己防衛)

■安全意識を高める

■動画を楽しめる

事故が起きたとき、ドライブレコーダーがあれば事故処理の時間短縮に繋がります。事故を起こした際の映像を警察に提出することで資料として採用される場合があります。また撮影していることにより安全意識を高める効果もあります。

意見にもありましたが、録画された動画を編集し、動画投稿サイトにアップロードするという楽しみ方もできます。

ドライブレコーダーの種類

■フロントカメラタイプ

一番普及しているタイプ。前方のみの録画と車内も映せる2カメラタイプがあります。

■前後2カメラタイプ

フロントとリアに設置した2つのカメラで撮影するタイプ。後ろからの煽り運転対策となります。

■360°カメラタイプ

360°カメラによって前後だけでなく、横からの幅寄せも撮影可能。

とりあえず安価なフロントタイプを装着するというのも良いですが、煽り運転対策をしたいという人は前後2カメラタイプや360°カメラタイプの導入をオススメします。

走行時の録画以外にも、便利な機能がついたドライブレコーダーもあります。たとえば駐車時に他車にぶつけられた・いたずらされた等の証拠を残せる防犯カメラ機能がついたものや、車間距離・前車発進、車線はみ出しを通知してくれる運転支援機能がついているものまで。搭載する機能にも注目していくことで選択肢を絞りやすくなります。

まだ装着していない方は万が一に備えて購入・取り付けを検討してみてはいかがでしょうか。

[筆者:MOTA編集部]

【毎週火曜日・土曜日は、クルマにまつわる質問を調査する連載「みんなの声」をお届け! 次回もお楽しみに】

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ウブドの森 伊豆高原
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる