SUV版スカイライン! 日本では1代限りで消えたスカイラインクロスオーバーが海外では進化を続けていた!

画像ギャラリーはこちら
日産 スカイラインに、かつてSUVがラインナップされていたのを覚えているだろうか。その名も「スカイラインクロスオーバー」。残念ながら1世代で終わってしまったこのクルマ、海外では2代目モデルが登場し、さらに2020年11月には派生モデルも登場する予定だ。日本でも再び売って欲しいスカイラインSUVの詳細をご紹介!

スカイラインのSUVってどんなクルマ!? 写真で見てみる

海外では「インフィニティ EX」として売られたプレミアムSUV

世界的ブームよりも随分早くに登場したプレミアムクーペSUVの先駆け

「日産 スカイラインクロスオーバー」は、2009年7月に日本デビューした。他のスカイラインと共通のFRプラットフォームに流麗なクーペ風のSUVボディの組み合わせという高級クロスオーバーモデルだ。クーペSUVの世界的なブームはここ数年のことだから、随分と時代の先端を行っていた。

ボディサイズは全長4635mm×全幅1805mm×全高1600mm、ホイールベースは2800mm。

ただし主な価格帯は500万円前後で、エンジンもV6 3.7リッター仕様のみ。当時同時に売られていた2代目「ムラーノ」(2008年発売/価格帯:300万円~500万円)との競合を恐れたのか、スカイラインセダンで売れ筋の2.5リッター版といった廉価仕様の設定もなく、果たして本気で売る気があったのか今となっては疑問が残るほどだ。

もう少しちゃんと売っていたら、今頃はハリアーの好敵手だったのに

結果、スカイラインクロスオーバーは目立ったセールスを記録することもなく、2016年には日本での販売を終えてしまった。ちなみにムラーノはというと、2015年には国内販売を終了。日産のプレミアムSUVは国内から消滅してしまうという体たらくだった。現在同クラスはほぼトヨタ ハリアーの独占状態で、なんとも勿体ない状況にある。

このスカイラインクロスオーバー、北米や欧州などでは日産の高級車ブランド「インフィニティ EX」(のちにインフィニティ QX)として販売されていた。ちなみにベースのスカイラインも「インフィニティ G」(のちに「インフィニティ Q50」)である。

■ムラーノも海外では3代目を販売中

2代目はFFプラットフォームに変身し実用性重視のスタイルに

世界初の革新的機構「VCターボ」を搭載

インフィニティ版は2017年にフルモデルチェンジし「Q50」となった。2代目はFFプラットフォームに変更され、エンジンは直列4気筒2リッターターボ。しかも世界初の可変圧縮比エンジン「VCターボ」という革新的な機構も備わり、低燃費とパワーを両立させている。また日産の先進運転支援技術「プロパイロット」も搭載した。

ただし写真を見ての通り、初代のクーペルックとは異なり、より実用性を重視したパッケージングとなっている点は賛否両論あるところだろう。

ボディサイズは全長4695mm×全幅1900mm×全高1680mm、ホイールベースは2800mmだ。

2020年11月、クーペSUVモデル「インフィニティ Q55」を追加予定

ただし、日産もその辺りはしっかり心得ていたようだ。2020年11月11日に派生モデルのクーペSUV「インフィニティ Q55」を発表すると事前告知を行っており、初代スカイラインクロスオーバーの雰囲気が再び帰ってきそうだ。

リリースでも「スポーツクーペ」のフォルムだとしているが、そのルーフラインは、かつて一世を風靡したインフィニティの名車、スポーツクーペSUV「FX」のそれをイメージしたと書かれているからさらに驚きだ。

ポルシェよりもカッコいい! インフィニティ FXとは

スポーツカーのようなロングノーズ・ショートデッキフォルムにFRプラットフォームを組み合わせたインフィニティ FXは、ポルシェ カイエンなどのプレミアムスポーツSUVのライバルとして2003年デビュー。大胆なフォルムは世界的な衝撃を与えた。

日本への導入も検討されたようだが、全長4.8m、車幅1.9mの巨大サイズということもあって取りやめとなったようだ。

なおFXは2008年に2代目となっているが、キープコンセプトで初代同様のスポーティなフォルムを継承した。のちにQX70と名称を変更している。

初代・2代目共に並行輸入で少数が国内に入っており、日本でも少なからずファンがいる。2020年9月27日現在、ネット上では25台の中古車在庫が見つかった。

それにしてもインフィニティ FX、今見てもなかなか大胆でカッコいいスタイルだ。北米では2017年で生産を終えてしまっているのが返す返すも残念なところだ。

その全容はまだ明らかではないが、インフィニティ QX55のティザー画像にチラっと写るリアエンドの雰囲気には、確かにFXのオーラも!?

最近の日産 スカイラインは、インフィニティ Q50とはデザインを変え、日本オリジナルのスタイルとなった。もしインフィニティ QX55が日本にやってくるなら、同じように日本オリジナルのデザインで、2代目スカイラインクロスオーバーを襲名し、ハリアーをギャフンと言わせて欲しいところだ。

最近の日産は再び日本市場を重視する! と宣言したばかり。これは大いに期待したい!

[筆者:トクダ トオル(MOTA編集部)]

日産/スカイラインクロスオーバー
日産 スカイラインクロスオーバーカタログを見る
新車価格:
455.4万円556.6万円
中古価格:
84.8万円298.9万円
日産/スカイライン
日産 スカイラインカタログを見る
新車価格:
435.4万円644.5万円
中古価格:
23.9万円750万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2018年春より編集長に就任。読者の皆様にクルマ選びの楽しさを伝えるべく日夜奮闘中!記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 仙郷楼
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

日産 スカイラインクロスオーバーの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 スカイラインクロスオーバーのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 スカイラインクロスオーバーの中古車検索 日産の記事一覧 日産 スカイラインクロスオーバーの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 スカイラインクロスオーバーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる