「スカイラインをあきらめない」ってどういう意味!?「あきらめていたので嬉しい」「いやセダンとは明言していない」【みんなの声を聞いてみた】

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
2021年6月13日(日)に一部新聞で報じられた“日産の象徴「スカイライン」開発中止へ”に対し、日産自動車の星野 朝子 副社長が『そのような意思決定をした事実は一切ございません』『日産はスカイラインをあきらめません』と異例のコメントを発表。この発言がSNS上で大きな反響を集めている。

誰もが気になった「あきらめません」というコメントのニュアンスに意見が飛び交っているのだ。

>>日産で最も長い歴史を持つ車名「スカイライン」を写真で見る[画像21枚]

目次[開く][閉じる]
  1. 星野副社長の突然のコメントにネット上の日産ファンは騒然
  2. SNS上では「ほっとした」「しかしセダンとは明言していない」と賛否両論入り乱れた激論状態に!
  3. 日産ファンの心に“火を着けてしまった”以上、想像以上のスカイラインが現れることを期待したい!

星野副社長の突然のコメントにネット上の日産ファンは騒然

その発言は2021年6月15日(火)、日産がプレミアムコンパクトカー「ノート オーラ」オンライン発表の壇上からだった。

日産自動車 星野 朝子 副社長は『先週末に日本経済新聞で“スカイライン開発中止”“日産の象徴、開発に幕”と報道されたが、そのような意思決定をした事実は一切ございません』と、わざわざ新聞名を挙げて明確に否定。『日産自動車は決してスカイラインをあきらめません』と語ったのだ。

生中継で配信されていた発表会の模様から、その情報はまたたく間にネット上を駆け抜けた。

SNS上では「ほっとした」「しかしセダンとは明言していない」と賛否両論入り乱れた激論状態に!

とにかくアツいファンが多いことで知られる「スカイライン」。SNS上では、星野副社長が発言した直後から

『スカイラインを諦めないってカッコいい言葉だ』

『最近の日産はかっこいいから期待したい』

『(報道は)ガセだったのでほっとした』

といった日産ファンからの期待の声があがった。

曖昧な発言ゆえ、疑心暗鬼な声も多く見られる

いっぽうで、星野副社長の発言がちょっと“ふわっとしている”との声も多く見られた。

『造るなら造ると明言するはず』

『曖昧な表現だ』

『「やめない」ではなく「あきらめない」がひっかかる』

『意味深だ』

と、なんともすっきりしない様子の反応も多い。さらに

『あきらめてはいないが(次のスカイラインが)セダンだとは言ってない』

『スカイラインという名の別のクルマという可能性も!?』

『クラウンのように次はSUVになる可能性だってある』

『次期型が出るとは言ってない』

などと疑心暗鬼なコメントも。

ファンゆえの叱咤激励!? キビシイコメントも

このほか、ファンゆえの叱咤激励!? と思われる厳しいコメントも見られた。

『株主総会対策のコメント』

『ブルーバードをあきらめたのはなぜか』

『マツダがロータリーを諦めないと言いながらRX-8の次が出てこないのと一緒』

『日経の報道に「やっぱりなあ」と思ってあきらめていた』

『前俊をあきらめない、的な?』

このように、冷ややかな書き込みも少なからずあったのだった。

とはいえ、多くの人のコメントの真意には、スカイライン、そして日産ブランドに対し、強い思い入れがある(あった)ことが透けて見える。日産には

『(同じく老舗ブランドの)クラウンの火が消えかかっている中で“あきらめない”って聞けただけで嬉しい』

と、温かく動向を見守る声をどうか大事にして欲しいものだ。

日産ファンの心に“火を着けてしまった”以上、想像以上のスカイラインが現れることを期待したい!

日産 スカイラインは、現在も継続して販売しているモデルである。次期モデルの開発計画について通常、メーカーから言及することはない。好意的に受け取れば、そうした背景から「あきらめない」などと曖昧な発言が飛び出たものと推察されなくもない。

しかし良くも悪くもここまで大きな反響を得たことで、日産としても“スカイライン”ブランドの持つ力を今まで以上に実感したのではないだろうか。

『感動した』

『楽しみに待ってます』

『頑張れ!日産』

多くの日産ファンの心に火を着けてしまったからには、これはもう期待以上の新型「スカイライン」が登場させるしかなくなった。

現在も日産の開発部門で密かに企画を進めているであろう次期スカイライン。多くの日産ファンを安心させるためにも、その姿を一日も早く見せて欲しいところだ。

[まとめ:MOTA(モータ)編集部]

日産/スカイライン
日産 スカイラインカタログを見る
新車価格:
435.4万円644.5万円
中古価格:
29万円1,350万円

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 銘石の宿かげつ

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

日産 スカイラインの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 スカイラインのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 スカイラインの中古車検索 日産の記事一覧 日産 スカイラインの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 スカイラインのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる