autoc-one.jp 記事・レポート 特集 モーターショー 中国で一番売れてる日本車、日産 シルフィが100%電気自動車として世界初公開

モーターショー 2018/5/11 06:30

中国で一番売れてる日本車、日産 シルフィが100%電気自動車として世界初公開

関連: 日産 シルフィ , 日産 リーフ Text: 加藤 久美子 Photo: 加藤 久美子
日産 シルフィEV
日産 シルフィEV日産 シルフィEV日産 シルフィEV日産 シルフィEV画像ギャラリーはこちら

フルモデルチェンジで初めてEV化されたシルフィ

2018年4月25日~5月4日まで開催された北京モーターショーで、フルモデルチェンジを発表した日産シルフィ(中国名:軒逸)。ニューモデルとなり、ついに今回完全な電気自動車となった。ちなみに、中国語でピュアな電気自動車は「純電車」、完全な新型車のことを「全新」、フルモデルチェンジのことを「全新一代」という。したがって、フルモデルチェンジを受け初めてEVになったシルフィは「全新 軒逸・純電」と表記されている。

>>電気自動車になった、日産 新型シルフィを写真で見る

2006年に中国デビューしたシルフィ、当時の月販目標台数は5千台だったが…

日産 シルフィEV

シルフィが中国(広東省花都工場)で生産、発売開始となったのは2006年のこと。中国における日産車開発拠点となる「東風日産乗用車技術センター」の竣工とほぼ同じタイミングで発表された。

日産自動車の発表によると、中国デビュー当時の目標販売台数は月販5000台強だったが、その後、中国のモータリゼーションが急加速したことも後押しして、シルフィを含む日本車の人気も急上昇。2012年に発売された2代目シルフィが中国のカー・オブ・ザ・イヤーを獲得したこともあり、さらに販売台数がアップ。2016年には年間販売台数36.3万台、2017年には40万台を突破し、中国で販売されている日本車の中ではダントツの1位となったのである。当初の販売目標台数から換算すると6倍以上だ。

なお、2017年に中国全体で販売された乗用車は約2471万台、そのうちシルフィは中国車を含む全体の販売台数ランキングでも40万5854台で5位に入っている。他の日本車では8位にトヨタカローラがランクインしている(33万6018台)。中国では日産車全体が好調で、2017年は過去最高の151万9714台を記録して日本車メーカー1位。前年比12.2%増をマークし、5年連続で前年実績を上回る好調ぶりだ。

なぜ売れる? 日産 シルフィ人気の理由

日産 シルフィEV

それにしても中国市場でなぜシルフィがここまで人気を集めたのだろうか?

昨今の中国自動車市場ではSUVが圧倒的な強さを見せており、昨年の上海モータショー、今年の北京モータショーでは最新のスタイリッシュなデザインを与えられた国内外のSUVが各ブースを華やかに飾っており、出展されている車の7~8割はSUVだ。

そんな会場の中で、おとなしめの正統派セダンであるシルフィの圧倒的人気は少し不思議な気もする。

そこで、モーターショー会場の日産ブースにいた英語が話せるスタッフ(中国の日産ディーラー関係者)と、たまたま現行のシルフィに乗っているオーナーがいたので、お二人に聞いてみた(個人のコメントなので、匿名でとの条件で応対してくれた)。

彼らの話をまとめると…

■ シルフィは中国の中流以上の家庭にちょうどいい車である。

■ 日産の車は何事も正確で、故障が少なく、日本車ではこれが当たり前なのかもしれないが、部品がすぐに届いてすぐに修理が完了するのは素晴らしいことである。以前乗っていた中国ブランドの車とは大違い。

■ 中国では新しいデザインのSUVが大変人気があるが、やはり40台後半より上のオーナーにとっては、オーソドックスなセダンが落ち着く。

■ シルフィは「豊かな家族の車」というイメージで安心感がある。中国人は家族をとても大切にする。乗り心地や維持費など、家計、家族のことを考えた車作りができていると思う。

■ 中国で生産されているので輸入車ほどのステータスはなくても、車両の値段は安く、そして品質が最高、室内も広くて快適。とびぬけて斬新!スゴイ!という部分はないが、逆を言えば、「非の打ちどころがない」車である。

なるほど。アメリカでカムリが15年以上も乗用車1位の販売台数をキープしている理由と似ている気がする。アメリカと中国にはモータリゼーションの歴史に50年近い差があるが、どちらの場合も人々が車に求めている理由に変わりはないのかもしれない。

中国における3代目シルフィはゼロ・エミッションの純電気自動車として公開

北京モーターショーで世界初公開となった中国市場向け「シルフィ ゼロ・エミッション」は、日産ブランド初の中国市場向け量産EVとして2018年秋以降に発売を予定している。

シルフィ本来の特長である広い室内と高い快適性に加えて、数々の先進技術も採用した「シルフィ ゼロ・エミッション」は、中国の基準で338kmの航続距離を達成したとのこと。

日産はこれまで世界累計で約32万台の「日産 リーフ」を販売しているが、もし、シルフィ ゼロ・エミッションがリーフと同じ勢いで販売されるなら、リーフの世界累計販売台数を1年足らずで抜いてしまう可能性もあるかもしれない。

[Text/Photo:加藤 久美子]

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

日産 シルフィ の関連編集記事

日産 シルフィの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 シルフィ の関連編集記事をもっと見る

日産 シルフィ の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR