autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車リリース速報 量販EV No.1の「日産 リーフ」にハイパワー版 “e+”(イープラス)が新登場

新型車リリース速報 2019/1/9 13:49

量販EV No.1の「日産 リーフ」にハイパワー版 “e+”(イープラス)が新登場

関連: 日産 リーフ Text: トクダ トオル(オートックワン編集部) Photo: オートックワン編集部・日産自動車
日産「リーフ e+」(イープラス) 発表会の模様[2019年1月9日/会場:日産グローバル本社ギャラリー(神奈川県横浜市)]
日産「リーフ e+」(イープラス) 発表会の模様[2019年1月9日/会場:日産グローバル本社ギャラリー(神奈川県横浜市)]日産「リーフ e+」(イープラス) 発表会の模様[2019年1月9日/会場:日産グローバル本社ギャラリー(神奈川県横浜市)]日産「リーフ e+」(イープラス) 発表会の模様[2019年1月9日/会場:日産グローバル本社ギャラリー(神奈川県横浜市)]日産「リーフ e+」(イープラス) 発表会の模様[2019年1月9日/会場:日産グローバル本社ギャラリー(神奈川県横浜市)]画像ギャラリーはこちら

カルロス・ゴーン氏の意見陳述翌日に発表された「リーフ e+」(イープラス)

日産「リーフ e+」(イープラス) 発表会の模様[2019年1月9日/会場:日産グローバル本社ギャラリー(神奈川県横浜市)]

2019年の年明けも間もない1月9日、横浜にある日産グローバル本社ギャラリーで「リーフ e+」(イープラス)が発表された。

折しも発表前日、東京地裁で日産の特別背任事件に関しカルロス・ゴーン元会長が「I am innocent」と無罪を主張する意見陳述をしたばかりとあって、リーフ e+の発表会場は一種異様な熱気に包まれていた・・・かと思いきや、集まった多くの報道陣は既に冷静さを取り戻した(?)ようで、満員の会場も混乱は見られなかった。

しかし日産リーフは、ゴーン氏が推し進めたEV施策の先鋒モデル。偶然とはいえ、なにか因縁めいたものを感じさせる。

>>ゴーン氏が推し進めたEV施策の先鋒「リーフ」が大幅性能向上[フォトギャラリー]

見た目の差は少ないが中身はベツモノ!

日産のEV(電気自動車)「リーフ」は、2017年に発表された現行モデルで2代目。世界50か国以上で既に38万台を販売する、No.1量販EVだ。

今回のリーフ e+は、その2代目リーフの販売台数をさらに加速すべく追加された新たなバリエーションである。

パッと見たくらいでは、内外装のデザインやカラーリングなどからベースモデルとの違いは感じられないリーフ e+だが、中身はグッと進化している。バッテリー容量を増やし(40kWh⇒62kWh)、最高出力で約1.4倍もアップする(110kW⇒160kW)など性能を向上。電気自動車で必ず話題になる航続可能距離についてもベース車比で4割増(JC08モード570km/WLTCモード458km)と、大幅に伸ばした。それでいて室内や荷室容量は犠牲になっていない点も注目される。

詳細は下に記したベースモデルとの比較表でじっくり確認して欲しい。

日産 新型リーフ e+(イープラス) とノーマルモデルのスペックを比較
リーフ e+リーフ(ノーマル)
グレードG        G
駆動方式2WD2WD
駆動用バッテリー容量62kWh40kWh
一充電走行可能距離(JC08モード)570km400km
一充電走行可能距離(WLTCモード)458km322km
最高出力160kW/4600-5800rpm110kW(150ps)/3283-9795rpm
最大トルク340N・m/500-4000rpm320N・m(32.6kgf・m)/0-3283rpm
車両重量1680kg1520kg
荷室容量(VDA)435L435L
乗車定員5人5人
全長4480mm4480mm
全幅1790mm1790mm
全高1545mm1540mm
ホイールベース2700mm2700mm
最低地上高135mm150mm
メーカー希望小売価格(消費税込)4,729,320円3,999,240円

あえて冒頭で「パッと見たくらいではベースモデルとの違いは感じられない」と記したが、実はフロントのリップスポイラー部に青の差し色が加えられ、また普段は蓋がされる充電ポートにも「e+」ロゴが入るなど、さりげなく差別化が図られている点は改めて紹介しておきたい。

オートックワンでは、自動車評論家の渡辺陽一郎氏が実際にリーフ e+(イープラス)をテスト済み。速報試乗レポートでいち早くご紹介しているので、こちらも併せてチェックして欲しい。

>>日産 リーフ e+(イープラス) 試乗|航続可能距離570kmをマーク! ハイパワー版リーフの実力を徹底評価

日産「リーフ e+」(イープラス) 発表会の模様[2019年1月9日/会場:日産グローバル本社ギャラリー(神奈川県横浜市)]日産「リーフ e+」(イープラス) 発表会の模様[2019年1月9日/会場:日産グローバル本社ギャラリー(神奈川県横浜市)]日産「リーフ e+」(イープラス) 発表会の模様[2019年1月9日/会場:日産グローバル本社ギャラリー(神奈川県横浜市)]

V2Hの仕組み紹介用に、実物大の住宅を建てちゃった!?

日産「リーフ e+」(イープラス) 発表会の模様[2019年1月9日/会場:日産グローバル本社ギャラリー(神奈川県横浜市)]

「リーフ e+」(イープラス)発表会場では、併せて「Nissan Energy Home」(ニッサン エナジー ホーム)のプレゼンテーションも行われた。

日産グローバル本社ギャラリーのメインステージの中央にはリーフ e+、左右には実物大の住宅を模したデモンストレーション・ハウスが建つ。屋根にはソーラーパネルも装備されている。

両者は「Vehicle to Homeシステム」(V2H)を介して相互に接続。家とクルマの間で電力を相互供給できる仕組みが構築されている。ソーラーパネルの電気をリーフに蓄電して夜間の家庭用電気として利用したり、災害時などの停電時にリーフのバッテリーから住宅へ電気を供給したりすることも出来る。通常のリーフ(40kWh版)でも一般家庭のおよそ3日間、リーフ e+の62kWh版大容量バッテリーなら、実に4日分の電気が供給できるというから心強い。

Nissan Energy Share[日産公式動画]

ノーマルモデルに50~73万円増は高い? 安い??

リーフ e+の価格だが、「リーフ e+ X」が416万2320円、上級グレードの「リーフ e+ G」が472万9320円(共に消費税込)。ベースモデル「X」に対し約50万円高、「G」に対し約73万円高の設定となっている。これを高いとみるかどうかは、航続可能距離がベースの322kmから458kmへ大幅に伸び、動力性能も格段に向上した点をどう評価するかで2つに分かれるだろう。

日産 リーフ e+、日本での発売は2019年1月23日(ニッサンの日!)。追って米国が2019年春頃、欧州では2019年半ばになる模様だ。

[筆者:トクダトオル(オートックワン編集部)/撮影:オートックワン編集部・日産自動車]

日産「リーフ e+」(イープラス) 発表会の模様[2019年1月9日/会場:日産グローバル本社ギャラリー(神奈川県横浜市)]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

日産 リーフ の関連編集記事

日産 リーフの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 リーフ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR