600馬力をサーキットで解き放つ!|日産 新型GT-R NISMO 2020モデル 試乗レポート(1/3)

画像ギャラリーはこちら
2020年モデルの解説に続いて、日産 GT-R NISMOのサーキット試乗レポートをお届けする。舞台は千葉・袖ヶ浦フォレストレースウェイ。果たして600馬力、660N・mのモンスターマシンのインプレッションはいかに?

>>すべてが進化した新型GT-R NISMOを写真でチェック[フォトギャラリー]

目次[開く][閉じる]
  1. 進化した制御プログラム『Rモード』
  2. 軽量化やタイヤスペックの変更で軽やかに
  3. 強烈なエンジンパワーはよりリニアに
  4. さらに素敵なスポーツカーになって欲しい
  5. FR版のGT-Rという手もアリか!?
  6. 600馬力/660Nmが導くドライビングプレジャーとは!?

進化した制御プログラム『Rモード』

ついにGT-R NISMOのコクピットへと収まるときがきた。

許された周回数はイン/アウトラップを含む5周と短かったが、スーパースポーツを全開で走らせるランニングコストを考えればそれは仕方ない。それでも今回は限られたメディアだけの試乗だっただけに、ステアリングを握れただけでも幸運だと思う。

アウトラップではまず、進化の感触を味わうことにした。

制御は全て「R」モード。開発陣いわく「アダプティブシフトコントロール」のシフトスケジュールを先鋭化し、シフト操作なしでもギア選択が最適化されたというので、パドル操作なしに走った。

クセというのは恐ろしいもので、特にブレーキングからはパドルをついつい操作してしまいがちだったが、確かにクルマ任せでもかなりの素早さでシフトダウンが行われた。

正直ダウンシフトはパドルを引きすぎてもオーバーレブするところまでギアは落ちないし、そのくらい面倒な操作でも何でもない。また自分のタイミングでシフトダウンする方がリズムを取る上でも自然なため、真剣に走っているときにはあまり必要ない制御である。しかしこの技術が将来的に完全なものとになったとき、GT-Rがステアリングだけに完全集中できるマシンになるだろうことは直感できた。さらにその速さを増したGT-Rには、有効なデバイスになるはずである。

軽量化やタイヤスペックの変更で軽やかに

バネ下重量の低減やダウンフォースの増加。そしてタイヤの接地面積向上を果たしたことによって、サスペンション印象は従来よりもしなやかに感じられた。そしてフロントオーバーハング重量の低減やルーフの軽量化から、確かに初期の操舵レスポンスが鋭くなっている。いや、素早い反応を示すのだが動き自体は非常にマイルドで、身のこなしが軽やかになったと表現する方が正しいだろう。

日産/GT-R
日産 GT-Rカタログを見る
新車価格:
1,082.8万円2,420万円
中古価格:
450万円2,200万円
1 2 3 次へ

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
山田 弘樹
筆者山田 弘樹

自動車雑誌編集者としてキャリアをスタート。輸入車雑誌 副編集長、アルファ・ロメオ専門誌編集長等を経て、フリーランスのモータージャーナリストに。レース参戦なども積極的に行い、走りに対する評価に定評がある。AJAJ会員。カーオブザイヤー選考委員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 奥湯河原 結唯 -YUI-
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

日産 GT-Rの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 GT-Rのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 GT-Rの中古車検索 日産の記事一覧 日産 GT-Rの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 GT-Rのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる