日産 GT-R2022年モデルはT-specの名がついた2つの特別仕様車を設定! 価格はいずれも1000万円超の超希少モデルだ

画像ギャラリーはこちら
日産は2021年9月14日(火)、プレミアムスーパースポーツ「NISSAN GT-R」2022年モデルと特別仕様車「NISSAN GT-R Premium edition T-spec」、「Nissan GT-R Track edition engineered by NISMO T-spec」を発表した。

いずれも10月下旬から発売され、特別仕様車のT-specは両モデル合わせて予定台数100台限定の抽選販売となる。

価格(税込・以下同)はGT-R2022年モデルが1082万8400円〜1463万6600円、GT-R Premium edition T-specが1590万4900円、GT-R Track edition engineered by NISMO T-specが1788万1600円。今回新たに登場したT-specの2台を中心に、2022年モデルの新型GT-Rについて写真で詳しく紹介したい。

目次[開く][閉じる]
  1. T-specモデルは専用ブレーキやカーボン製のリヤスポイラーなどを装備
  2. 特別仕様車はGT-Rらしい圧倒的なパフォーマンスを発揮する
  3. 歴代モデルのオマージュも! 新色のボディカラー2色が追加された

T-specモデルは専用ブレーキやカーボン製のリヤスポイラーなどを装備

GT-R2022年モデルは2021年4月にハイパフォーマンスモデルの「GT-R NISMO」が先行で発表され、今夏の価格発表前にすでに完売した人気モデルのベース車となる。GT-R2022年モデルはPure edition(1082万8400円)、Black edition(1277万2100円)、Premium edition(1232万9900円)、Track edition engineered by NISMO(1463万6600円)の4グレードを設定。

パワートレインは570馬力を発揮する3.8リッターV6ツインターボにデュアルクラッチトランスミッションを組み合わせており、基本的なスペックは変更されていない。

トピックとなる特別仕様車の2台にはともに「T-spec」の名が付けられた究極の走りを追求したモデルとなる。T-specはGT-Rのあり方や時代を牽引するクルマであり続けるという願いを表現した「Trend Maker」としっかりと地面を捉え駆動する車両という開発におけるハードウェアの考えを表した「Traction Master」の意味を込めて名付けられたもの。

T-specの両モデルには専用カーボンセラミックブレーキやカーボン製リヤスポイラー、専用エンジンカバー、フロントとリヤに専用バッヂを特別に装備する。

特別仕様車はGT-Rらしい圧倒的なパフォーマンスを発揮する

GT-R Premium edition T-specは専用の内装コーディネートを施したほか、専用となるレイズ製のブロンズ色アルミ鍛造ホイールを採用したことでばね下質量の軽量化を生かし、サスペンションも専用にセッティングした。

これにより、ホイールリム幅拡大によるタイヤの高剛性化と相まって軽快でスムースなハンドリングを実現する。

また、走りのパフォーマンスを追求したGT-R Track edition engineered by NISMO T-specには専用のカーボン製ルーフやカーボン製トランクリッド(トリムレス、本革プルストラップレス仕様)を特別装備した。

カーボン製パーツを採用したことでさらなる軽量化を実現したボディが生み出す圧倒的なパフォーマンスを楽しめる。

歴代モデルのオマージュも! 新色のボディカラー2色が追加された

T-specのボディカラーには新色を2色追加。R33やR34のスカイラインGT-R、そしてV35 GT-Rにおいて過去に採用され好評だったカラーの進化版として登場する今回の「ミッドナイトパープル」は、見る角度によってグリーンやパープルに変化し、オーロラのようなドラマチックな色変化が特徴的だ。

「ミレニアムジェイド」は、R34のスカイラインGT-Rの最終モデル「VスペックII ニュル」などに設定されていた限定カラーの復刻&進化版となる。

T-specの抽選申し込み期間は9月15日(水)〜9月29日(水)までの2週間だ。購入希望の方は早めに申し込んでほしい。

【筆者:篠田 英里夏】

日産/GT-R
日産 GT-Rカタログを見る
新車価格:
1,082.8万円2,464万円
中古価格:
599.8万円2,283.5万円

MOTAおすすめコンテンツ

雨の時期も安心感をもって走れるオールシーズンタイヤ「セルシアス」その実力をテストしてみた[雨の日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
篠田 英里夏(MOTA編集部)
筆者篠田 英里夏(MOTA編集部)

クルマ好きが高じて、大学卒業後は自動車専門紙の記者や自動車メディアの編集を経験し、現職に至る。MOTA編集部ではこれまでの知識を生かし、主に記事制作や取材、企画などを担当。最近ではeモータースポーツのレースにもたびたび参戦している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 西村屋本館

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

日産 GT-Rの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 GT-Rのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 GT-Rの中古車検索 日産の記事一覧 日産 GT-Rの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 GT-Rのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる