MOTAトップ 記事・レポート 自動車ニュース ホンダ 1981年の「シティ」と二輪の「モトコンポ」を展示|オートモビルカウンシル2019

自動車ニュース 2019/4/1 16:26

ホンダ 1981年の「シティ」と二輪の「モトコンポ」を展示|オートモビルカウンシル2019

ホンダ シティE(1981)
ホンダ シティE(1981)ホンダ モトコンポホンダ クロスカブ50ホンダ シティ 1/4モックアップ画像ギャラリーはこちら

ホンダ オートモビルカウンシル2019に出展

ホンダは2019年4月5日から同年4月7日まで幕張メッセで開催される「オートモビルカウンシル2019」に、四輪のヘリテージモデルなどを出展する。

>>シティ搭載用トランクバイク「モトコンポ」などレトロな展示モデルを見る

1981年のシティから2018年のNバンまで

ホンダ Nバン

今回ホンダは1981年にデビューした「シティ」と2018年に発売された「Nバン」を展示する。

今年のテーマは「ホンダものづくり 継承されるM・M思想~生活を豊かにする“人中心”のコンセプト~」となっている。M・M思想とは「人のためのスペースは最大に(マン・マキシマム)、メカニズムは最小に(メカ・ミニマム)」というホンダのクルマづくりの基本思想のこと。1981年のシティにも2018年のNバンにも、その思想は受け継がれている。

モトコンポとデンタ

ホンダ シティ 1/4モックアップ

シティと同時に発売されたシティ搭載用トランクバイク「モトコンポ」と、同時期に販売された携帯発電機「デンタ」も展示される。

またホンダのデザインスタジオが製作した、出展モデルと同色のシティ・モトコンポ・デンタの精巧な1/4スケールのモックアップモデルも公開され、二輪・四輪・パワープロダクツ事業などを幅広く展開するホンダのユニークさを象徴するものとなっている。

「百花繚乱80's」にはカブリオレを展示

「百花繚乱80's」をテーマに日産・スバル・トヨタ・レクサスと共同出展するブースには、ホンダがピニンファリーナ社の技術協力を得て開発し、1984年に当時14年ぶりに国内メーカーとして発売したオープンモデルである「シティ カブリオレ」も展示される。

主な出展モデル

■1982年式 シティ

■1982年式 MOTOCOMPO

■1979年式 デンタ EM400(携帯発電機)

※上記3機種はHondaのデザインスタジオが制作した1/4のモックアップモデルも展示

■2018年式 Nバン

■2018年式 クロスカブ50

■2017年式 LiB-AID E500(ハンディータイプ蓄電機)

■1984年式 シティ カブリオレ

オートモビル カウンシル 2019 開催概要

■開催日程:2019年4月5日~2019年4月7日 9:00~17:00

■会場:幕張メッセ 国際展示場2・3ホール

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

ホンダ シティ の関連編集記事

ホンダ シティの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ シティ の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR