autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ホンダ ヴェゼル ツーリング 試乗│新たに追加された最上級グレードは欧州車を彷彿とさせるしっとりと落ち着いた走り

試乗レポート 2019/2/22 06:00

ホンダ ヴェゼル ツーリング 試乗│新たに追加された最上級グレードは欧州車を彷彿とさせるしっとりと落ち着いた走り(1/3)

関連: ホンダ ヴェゼル Text: 今井 優杏 Photo: 小林 岳夫
ホンダ VEZEL TOURING・Honda SENSING[ヴェゼル ツーリング・ホンダセンシング]
ホンダ VEZEL TOURING・Honda SENSING[ヴェゼル ツーリング・ホンダセンシング]ホンダ VEZEL TOURING・Honda SENSING[ヴェゼル ツーリング・ホンダセンシング]ホンダ VEZEL TOURING・Honda SENSING[ヴェゼル ツーリング・ホンダセンシング]ホンダ VEZEL TOURING・Honda SENSING[ヴェゼル ツーリング・ホンダセンシング]画像ギャラリーはこちら

ベンチマークは、Cセグハッチの王道VW ゴルフ!?

ホンダ VEZEL TOURING・Honda SENSING[ヴェゼル ツーリング・ホンダセンシング]

うわ、ゴルフっぽい!

それがホンダ ヴェゼル ツーリングに乗ったあとの、正直な感想。はい、例に出したのはお察しの通り、フォルクスワーゲン ゴルフのことですよ。

こういうときにあるモデルの個体名を引き合いに出すのは、ギョーカイルール的にもあんまりよろしくないってことくらいなんとなく解ってはいるつもりだけど、それでも今回その禁忌を破り、敢えてそう言いたくなるくらいにフィールが似ていてビックリした。

さらに言うなら今の最新型ゴルフのフラットで上質すぎる感じではなくて、ふた世代くらい前の硬派な男っぽい荒削りな感じに類似。

ベンチマークがこれほど明確に見える化されるって、すごくない? いや、もしかして狙い所は全然別の着地だったのかもしれないけれど、結果なんだかとても感じのイイことになっていたからオールOKなのではないかしらん。

以下そのフィールについては追って言及していこうと思う。その前にこのクルマのアウトラインをご紹介しよう。

>>ヴェゼル ツーリングの内外装を画像でチェック

“走り”という顧客のニーズが生み出した「究極のヴェゼル」

ホンダ VEZEL TOURING・Honda SENSING[ヴェゼル ツーリング・ホンダセンシング]

2013年に発売されて以降、ヴェゼルへの反響はとても大きなものだった。

SUVにしてはコンパクトなパッケージが意外なほどに受けて、日本国内はもとより特に途上国である環太平洋アジア地区において、納車待ちの長〜い行列が出来たと聞いている。累計販売台数は2018年末時点で260万台。実は現在も右肩上がりだ。

昨年2018年2月にはビッグマイナーチェンジを受けたのち、さらなる拡充のために今回モデル追加がなされた。それがヴェゼル ツーリング。

発売当時はまだ珍しかったスモールSUVというセグメントは、近年急成長を果たし、今や押しも押されぬ激戦区になっている。そんな中、同社では顧客からのニーズが“走り”の方向へシフトしていることをもとに、既存のヴェゼルの走行性能をより高めて、ヴェゼル ツーリングの投入で『究極のヴェゼルを作る』ことを目指したという。

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

ホンダ ヴェゼル の関連編集記事

ホンダ ヴェゼルの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ ヴェゼル の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR