autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 日産 “GT-R”と“Z” 生誕50周年を記念し、初代モデルを幕張に出展|オートモビルカウンシル2019

自動車ニュース 2019/3/20 18:43

日産 “GT-R”と“Z” 生誕50周年を記念し、初代モデルを幕張に出展|オートモビルカウンシル2019

日産、オートモビルカウンシル2019に出展
日産、オートモビルカウンシル2019に出展日産、オートモビルカウンシル2019に出展日産、オートモビルカウンシル2019に出展日産、オートモビルカウンシル2019に出展画像ギャラリーはこちら

1年かけてレストアされた初代Zを出展

日産、オートモビルカウンシル2019に出展

日産は2019年4月5日~同年4月7日の3日間、千葉県・幕張メッセで開催される「オートモビルカウンシル2019」に出展する。

日産は、ともに1969年に誕生した「GT-R」と「Z」が2019年で50年を迎えることを記念し「GT-R & Z 50th anniversary」をテーマに出展する。

発売されてから3ヶ月後の「JAFグランプリ」でデビューウィンを飾った「スカイライン2000GT-R」の優勝車仕様のほか、50周年の節目を機に新たに入手した最初期型の個体を約1年かけてレストアした「フェアレディZ-L」そして、2013年9月にドイツ・ニュルブルクリンクサーキット北コースで当時の量産車世界最速周回タイム7分8秒679を記録した「NISSAN GT-R NISMO N-Attack Package」の3台を展示する。

>>懐かしの名車がカッコいい! 画像で見る

平成最後を記念し、元年発売の「フェアレディZ 300ZXツインターボ」も出展

日産、オートモビルカウンシル2019に出展

さらにこれら3台のヘリテージカーのほか、今回初の試みとなる日本の自動車メーカー4社・5ブランドが「百花繚乱 80’s」のテーマで共同出展するブースにも参画。

ここには、平成最後の瞬間にふさわしい1989年(平成元年)発売の「フェアレディZ 300ZXツインターボ」を出展する。

オートモビルカウンシル2019とは

オートモビルカウンシル2019は「クラシック・ミーツ・モダン」をテーマに、日本車メーカー5社、輸入車メーカー1社 、ヘリテージカー販売店23社(2019年3月4日現在)が一堂に会し、100台を超える往年の名車を最新型車とともに展示・紹介・販売する「名車」イベント。

出展車両 概要

スカイライン 2000GT-R PGC10型

スカイライン 2000GT-R PGC10型は1969年2月、3代目スカイライン・C10型の派生車として量産車世界初の4バルブDOHCエンジンを搭載したツーリングカーレース用高性能セダンとして発売されたモデル。

フェアレディZ-L S30型

1969年10月に発表されたフェアレディZ S30型は、それまでオープンスポーツカーだったダットサンフェアレディから、居住性を高め、ゆったりとクルージング可能なGTカーへと変化を遂げたモデル。

NISSAN GT-R NISMO N-Attack Package R35型

2013年9月にドイツ・ニュルブルクリンクサーキット北コースで当時の量産車世界最速周回タイム7分8秒679を記録したGT-R。

フェアレディZ 300ZX ツインターボ GCZ32型

フェアレディZ 300ZX ツインターボ GCZ32型は、1989年7月に発売された4代目モデル。

大きくラウンドしたワイド&ローのプロポーション、傾斜角60°の超スラントヘッドランプ、躍動感のあるキャビンフォワードのシルエット、ショートオーバーハングなどのスタイリングが特徴。

オートモビルカウンシル2019 概要

■日程:2019年4月5日~同年4月7日

■時間:9時~17時

※4月5日の9時~12時は特別内覧日(プレス関係者+限定2,000名の一般参加者のみ)

■会場:千葉県・幕張メッセ ホール2・3(千葉県千葉市美浜区中瀬2-1)

■主催:オートモビルカウンシル2019 実行委員会

■後援:経済産業省、日本自動車輸入組合(JAIA)

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

日産 フェアレディZ の関連編集記事

日産 フェアレディZの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 フェアレディZ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR