autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新型車解説 ホンダ インサイト 新旧比較 | 進化した“上質ハイブリッドセダン”の美点とは

新型車解説 2019/3/28 16:30

ホンダ インサイト 新旧比較 | 進化した“上質ハイブリッドセダン”の美点とは(1/4)

関連: ホンダ インサイト Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 茂呂幸正・ホンダ
ホンダ インサイト 3代目・2代目新旧比較
ホンダ 新型 インサイト「INSIGHT EX」ホンダ 新型 インサイト「INSIGHT EX」ホンダ インサイト(2代目)ホンダ インサイト(2代目)画像ギャラリーはこちら

モデルチェンジごとにガラリと“変身”し続けたインサイト

進化度数の基準

ホンダ インサイトはトヨタのプリウスに相当するハイブリッド専用車で、3代目の新型は2018年12月に発売された。

デビュー間もないインサイトの新旧比較を行うにあたり、同車の歴史を振り返ってみよう。インサイトは、2代目にあたる先代型の発売は2009年にまで遡る。なぜならインサイトの販売期間は、初代モデルが1999~2006年、2代目は2009~2014年、3代目は2018年の発売という具合で、間隔を空けながら売ってきたからだ。

インサイトの性格も世代ごとに変わり、初代は小さくて軽い3ドアクーペボディに、直列3気筒1リッターエンジンとハイブリッドシステムを搭載した。いわば燃費スペシャル的なクルマであった。

2代目は5ナンバーサイズの5ドアハッチバックで、発売時点では1.3リッターエンジンをベースにしたハイブリッドを搭載した。Gの価格は189万円(消費税5%込み)と安く、ハイブリッドの普及を図った。

3代目の新型はボディのワイドな4ドアセダンで、内外装のデザインや乗り心地にこだわった。ハイブリッドが当たり前の存在になった時代を受けて、上質なクルマを目指している。

各世代が時代の流れに沿ったクルマ造りをしてきたが、逆にいえば車両の性格に継続性が乏しい。2代目の生産終了と3代目の発売には約4年間の開きがあるから、2代目のユーザーは乗り替えるクルマを失ってしまった。既存のユーザーに不親切な面があり、良くも悪くもホンダらしい商品開発といえるだろう。

ホンダ インサイト | ボディスタイル/サイズ/視界/取りまわし性比較

ホンダ 新型 インサイト「INSIGHT EX」ホンダ インサイト(2代目)

2009年に発売された2代目の先代インサイトは、実験的だった初代とは異なり、大量に売ることを狙って開発された。ボディタイプはプリウスと同様の5ドアハッチバックになった。

5ナンバーサイズに収まるボディは、全長が4390mm、全幅は1695mmで、全高は1425mmと低い。近年のトレンド風にいえば5ドアクーペ風の形状だった。ホイールベース(前輪と後輪の間隔)は2550mmで、最小回転半径は5mだから、小回り性能も優れている。

2018年に発売された3代目の新型インサイトは、2代目に比べるとボディの造りが大きく異なる。セダンに変更され、プラットフォームやボディの基本骨格はシビックセダンと共通だ。

ボディサイズは全長が4675mm、全幅は1820mmだから、2代目に比べるとかなり大きい。全高は1410mmだから少し低く、外観はスポーティな印象だ。ホイールベースは2700mmで、最小回転半径は5.3mとなる。

フロントマスクなどの外観は、新型の方が上質だ。メッキグリルを緻密に造り込み、シビックセダンと比べても高級感がある。

ただし混雑した市街地や駐車場での取りまわし性は、先代型が勝っていた。

・進化度数:1点(もう少し頑張りましょう)

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

ホンダ インサイト の関連編集記事

ホンダ インサイトの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ インサイト の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR