まさにじゃじゃ馬!ワープするようなドッカンターボを搭載した車3選

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
近年「ターボ」と言えば、パワーと環境性能を両立しているダウンサイジングターボのイメージが定着しています。しかし、1980年代の「ターボ」といえば、パワーを増幅させ、ある一定の回転数からワープするような加速をする「ドッカンターボ」が主流でした。今回は、じゃじゃ馬と呼ぶにふさわしいドッカンターボ搭載車3選をご紹介します。
目次[開く][閉じる]
  1. 史上最強のスカイライン! 6代目スカイライン2000ターボRS(R30型)
  2. ランエボの元祖! じゃじゃ馬FRのランサーEXターボ
  3. “ブルドック”と呼ばれたスポーツハッチ!シティターボII

史上最強のスカイライン! 6代目スカイライン2000ターボRS(R30型)

1981年、6代目スカイライン(R30型)がデビュー。俳優ポール・ニューマンがイメージキャラクターとして起用されたことから「ニューマン・スカイライン」とも呼ばれました。

R30スカイラインは、走りを追い求める真のGTとしての道を歩み、8年ぶりとなるDOHCユニット搭載の2000RSを追加。「走りのスカイライン」を待ち望むファンの期待に応えました。1983年には、日本初の4バルブDOHCターボエンジンを搭載する2000ターボRSが登場。「レーシング・スポーツ(RS)」のネーミング通りレースへの復帰も果たします。

1リッターあたり100馬力を発生

1983年のマイナーチェンジで、前後の意匠を変更し大型バンパーを採用。RSの後期型は、薄型ヘッドランプ、ラジエーターグリルレスのデザインとなり、通称「鉄仮面」が誕生します。

1984年インタークーラー搭載モデル「2000ターボインタークーラーRS/RS-X」を追加し、最高出力が205psに到達。国産車で初めて“リッター100馬力”の壁を突破しました。

日産 6代目スカイライン(R30型)の中古車相場

■中古車掲載台数:21台

■中古車相場:98万円~538万円(応相談含む)

※中古車掲載台数および相場は、2020年10月26日時点のデータ

ランエボの元祖! じゃじゃ馬FRのランサーEXターボ

1979年に2代目となったランサーは、ランサーシリーズ唯一「EX」の名を冠しています。ボディは初代よりもひとまわりサイズアップし、角型のヘッドライトが特徴です。

1981年のマイナーチェンジ後、135馬力を発生させる1.8リッターターボエンジン搭載モデルのランサーEXターボが登場。ノーマルモデルよりもトランスミッションやブレーキ、足まわりなどを強化し、ステアリングギアレシオも変更しています。ランサーEXターボは、「ランタボ」の愛称で親しまれました。

ラリーで活躍した「ランタボ」

ランサーEXターボはグローバルで販売され、輸出向けのランサーターボには、2.0リッターターボエンジンを搭載し、日本仕様よりも強力なパワーユニットとなっています。海外仕様のランサーターボは、1982年に世界ラリー選手権(WRC)に参戦し、上位入賞を果たすほどの高い戦闘能力を持っていました。

三菱 ランサーEXターボの中古車相場

■中古車掲載台数:0台

■中古車相場:価格情報収集中

※中古車掲載台数および相場は、2020年10月26日時点のデータ

“ブルドック”と呼ばれたスポーツハッチ!シティターボII

1981年にデビューしたホンダのコンパクトハッチバックのシティ。「トールボーイ」と呼ばれたスタイリングは、高い全高と丸型ヘッドライトにより、可愛らしさを兼ね備えています。

1983年に発売を開始したシティターボIIは、ブリスターフェンダーが装着され、トレッド(左右タイヤの間隔)をフロント30mm、リア20mm拡大。そのスタイルから「ブルドック」の名が付けられました。シティターボIIのエンジンは、110馬力を発生させる1.2リッターターボを搭載。駆動方式は前輪駆動で、5速MTのみのラインナップとなっています。

裏ワザで加給圧を10%アップ

ホンダ シティターボIIは、過給圧を10秒間だけ10%アップさせる「スクランブル・ブースト」を搭載していました。ブーストをアップさせる方法は、エンジン回転数4000rpm以下でスロットルを全開にするだけ。アクセルを踏み込んだ瞬間に過給圧が10%プラスされ、ドカン! と強力な加速を楽しむことができました。

ホンダ シティターボIIの中古車相場

■中古車掲載台数:13台

■中古車相場:50万円~260.4万円(応相談含む)

※中古車掲載台数および相場は、2020年10月26日時点のデータ

日産/スカイライン
日産 スカイラインカタログを見る
新車価格:
435.4万円644.5万円
中古価格:
12万円750万円
三菱/ランサー
三菱 ランサーカタログを見る
新車価格:
131.8万円164.8万円
中古価格:
32.8万円57万円
ホンダ/シティ
ホンダ シティカタログを見る
新車価格:
92.4万円147.5万円
中古価格:
50万円243.4万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... arcanaIzu
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

日産 スカイラインの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 スカイラインのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 スカイラインの中古車検索 日産の記事一覧 日産 スカイラインの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 スカイラインのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる