autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ポルシェジャパン、2025年までに5割を電動化モデルに

自動車ニュース 2018/5/28 16:30

ポルシェジャパン、2025年までに5割を電動化モデルに

関連: ポルシェ
ポルシェ ミッションE
ポルシェ ミッションEポルシェ ミッションEポルシェ ミッションEポルシェ ミッションE画像ギャラリーはこちら

ポルシェ初の電気自動車が日本国内で2020年に発売決定!

ポルシェ70周年記念記者会見にて

ポルシェ ジャパンは5月28日に70周年記念記者会見を開き、ポルシェが全世界で2025年までにモデルラインアップの50%を電動化することを目標に掲げた。また併せて、ポルシェ初の電気自動車「ミッションE」を2020年より日本国内において発売することを発表した。

>>ポルシェの電気自動車「ミッションE」と「ミッションEクロスツーリスモ」を画像でチェック!(31枚)

ミッションE

ポルシェ 新型ミッションEクロスツーリスモ/ジュネーブショー2018

ミッションEは、2015年のフランクフルトモーターショーで初めて発表された、ポルシェ初の純電気駆動システムを搭載する電気自動車である。2015年からル・マンを3年連続で制した919ハイブリッドや918スパイダーのテクノロジーを受け継いだ電気自動車のコンセプトモデルとして公開され、2018年のジュネーブモーターショーでは、CUVタイプの派生版であるミッションEクロスツーリスモが公開された。

ミッションEは、4ドア、4セパレートシート、440kW(600PS)のシステム出力により、静止状態から100km/hまで3.5秒未満での加速を実現。最大航続距離を、500km以上(NEDC準拠)を実現し、実用性を兼ね備えた電気自動車である。このミッションEを2020年より日本国内のポルシェジャパン正規販売店において販売開始する。

1900年のパリ万博で発表された世界初の走行可能なフルハイブリッドカー、ローナーポルシェをはじめとして918スパイダー、カイエンSEハイブリッド、パナメーラS E ハイブリッド、そしてル・マン3連覇を果たした919ハイブリッドなど、ポルシェはこれまでも積極的に電動化に取り組んできた。

現在ポルシェでは、パナメーラ4モデルと、欧州ではすでに発売されているカイエンの1モデルを含めると、すでに5モデルのEV車を市場に導入している。これを2025年までに、全モデルラインアップのうち、50%をプラグインハイブリッドモデルとミッションEなどの電気自動車とすることを目標として掲げている。

2018年は、初めてポルシェの名を冠した356 No.1ロードスターが1948年にグミュント(オーストリア)で誕生してから70周年という記念すべき年となる。これまでも様々な革新的技術により時代を代表するスポーツカーを生み出し、マーケットをリードし続けてきたポルシェは、ミッションEの導入により純電気駆動システムを搭載する電気スポーツカーの分野においてもその地位を不動のものとする。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

ポルシェ の関連編集記事

ポルシェの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ポルシェ の関連編集記事をもっと見る

ポルシェ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR