autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ポルシェがWEC撤退!フォーミュラEへの参戦を発表

自動車ニュース 2017/7/28 15:05

ポルシェがWEC撤退!フォーミュラEへの参戦を発表

関連: ポルシェ
ル・マン24時間レース(2017)LMP1クラスの優勝はポルシェ、2位にはトヨタ

ポルシェが2017年末をもってFIA 世界耐久選手権(WEC)のLMP1カテゴリーからを撤退し、2019年よりフォーミュラEに参戦することを発表した。

このニュースを聞いて最初に思い浮かぶのはトヨタ。これまでアウディ、ポルシェとLMP1クラスで戦ってきたが、アウディは2016年をもってWECを撤退、ポルシェと同じくフォーミュラEへの参戦を発表し、2017年より本格参戦している。

現状、2018年度も日産のLMP1クラス復帰は考えにくく、その先もわからない状況。トヨタはライバル不在の中で2018年度の参戦をどうするのか。トヨタからのリリースを待ちたい。

なお、911 RSRによるGTカテゴリーに注力し、ル・マン24時間およびWECとアメリカのIMSAウェザーテックスポーツカーチャンピオンシップ、その他の耐久レースにおけるGTカテゴリーへの参戦は継続する。

フォトギャラリー

ポルシェWEC撤退

ポルシェはル・マン24時間での3連勝と2015年、2016年のドライバーおよびチームタイトル獲得をはじめとした輝かしい4年間の活動を経て、11月18日のバーレーンをもって撤退する。

2014年にポルシェがトップレベルのモータースポーツに復帰する際に中心的な役割を果たしたLMP1担当副社長のフリッツ・エンツインガー氏は、「何もないところからル・マンに向けてチームを作ることは大きなチャレンジでした。この数年間で、私たちは信じられないほどの成功を収める優れたチームへと成長しました。これは我々が前へ進むための基礎となります。私はフォーミュラEでも高いレベルで戦えることを確信しています。モチベーションは高く、新しいチャレンジに興奮しています」とコメントしている。

ポルシェは今後も成功を収めたワークスドライバーを含めたLMP1チーム全体を保持。またポルシェは継続参戦するカテゴリーとフォーミュラEへ集中的な準備を行うため、様々な分野における研究開発について検証する予定だ。

フォーミュラEへの参戦

※写真はジャガーのフォーミュラEマシン「I-TYPE 1」

今回発表されたフォーミュラEへの参戦は、ポルシェが現在開発中のミッションEに代表される経営方針「ポルシェ ストラテジー2025」に沿ったものである。

ポルシェAGの研究開発担当役員のミヒャエル・シュタイナー氏は「フォーミュラEへ参戦し、成功を収めることは、我々が開発中のミッションEの論理的な成果といえます。独自に開発したテクノロジー採用の自由度が増しているフォーミュラEは非常に魅力的なカテゴリーです。多様なマニュファクチュアラーが参戦し、高いクオリティのシリーズを運営するWECとIMSAは、我々の労力を911 RSRに集中することを決意させました。ナンバーワンになるという目標を達成するには、投資が必要です」と語る。

ポルシェはすでにフォーミュラE車両を開発するための取り組みを始めている。フォーミュラEと合わせて、ポルシェはGTカテゴリーでの活動を活発化させていく。

【フォーミュラEとは?】

世界初のフル電動車両によるレースシリーズであるフォーミュラEは2014年9月13日にスタートした。F1も管轄するFIAは若者をターゲットとして、電気自動車に賛同する意志を示すべくフォーミュラEを立ち上げた。その他の多くのレースと違って、フォーミュラEのシーズンは秋に始まり夏に終わる。レースはより多くの観客を集める為、大都市の中心部において特別に設計されたコースで開催されている。

※写真はジャガーのフォーミュラEマシン「I-TYPE 1」

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ポルシェ の関連記事

ポルシェの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ポルシェ の関連記事をもっと見る

ポルシェ の関連ニュース

ポルシェ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/21~2017/8/21

  • ポルシェ

    新車価格

    685万円1,066万円

  • ポルシェ

    新車価格

    885万円2,251万円

  • ポルシェ
    911

    新車価格

    1,244万円2,629万円