autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース スズキ、自社オリジナル3列シートミニバン「エルティガ」をフルモデルチェンジ

自動車ニュース 2018/4/19 17:55

スズキ、自社オリジナル3列シートミニバン「エルティガ」をフルモデルチェンジ

スズキ エルティガ[3列シート7人乗りミニバン/インドネシア生産モデル]

スズキのインドネシア子会社スズキ・インドモービル・モーター社は、3列シートの7人乗りミニバン「エルティガ」をフルモデルチェンジした。

画像でみる限りなかなかのスタイリッシュさ。売れ筋のコンパクトミニバンジャンルとしてここ日本でもハマりそうな予感も・・・。小型車を得意とするスズキらしいニューモデルとして、日本の発売にも俄然期待が高まる!

>>インドネシアのスタイリッシュな3列シートミニバン「エルティガ」を画像でもっと見る

世界70カ国以上で68万台を販売した人気モデルの後継車

スズキ エルティガ[3列シート7人乗りミニバン/インドネシア生産モデル]スズキ エルティガ[3列シート7人乗りミニバン/インドネシア生産モデル]

「エルティガ」は2012年よりインドネシアとインドで生産・販売を開始し、コンパクトでありながら、広い室内空間と居住性、取り回しの良さで好評のモデル。2018年2月末までに、両国内での販売および輸出を通じて、世界70以上の国・地域で累計68万台を販売してきた。

新型「エルティガ」は、高級感のあるフロントグリルやダイナミックなショルダーラインで力強さとエレガントさを表現したスタイリングと、繊細に作り込まれたダッシュボードや木目調の加飾をあしらった上質なインテリアを採用した。また、新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」を採用し、全長を130mm延長したことで、広い室内空間と荷室スペースを実現した。

エンジンは、優れた燃費性能と動力性能を両立した、新開発の1.5リッターガソリンエンジンを搭載した。

インドネシアの自動車市場の約3割は多目的車カテゴリーが占めており、スズキは同カテゴリーの「エルティガ」を全面改良することで、さらなる拡販を図る。インドネシアに続き、インドでも新型「エルティガ」を生産し、両国より順次輸出も開始する予定となっている。

スズキ 新型エルティガ 主要スペック

ボディサイズ:全長4395mm×全幅1735mm×全高1690mm/ホイールベース:2740mm/エンジン種類:K15B型4気筒DOHC16V/総排気量:1462cc/最高出力:104.7ps/6000rpm/最大トルク:138Nm/4400rpm/最低地上高:180mm/最小回転半径:5.2m

スズキ ランディ の関連編集記事

スズキ ランディの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

スズキ ランディ の関連編集記事をもっと見る

スズキ ランディ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!