autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース VW、ポロがボディ拡大で3ナンバーに!エンジンは1Lターボにダウンサイジング

自動車ニュース 2018/3/20 14:30

VW、ポロがボディ拡大で3ナンバーに!エンジンは1Lターボにダウンサイジング

フォルクスワーゲン 新型ポロ「Polo TSI Highline」(ハイライン)[ボディカラー:エナジェティックオレンジメタリック]

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、Polo(ポロ)を約8年ぶりに刷新し、2018年3月20日より発売した。

ポロは、1975年に欧州で初代モデルが発売されて以降、40年以上にわたり1400万台以上が生産されている世界的なベストセラーカーで、日本では1996年に本格導入を開始した。累計25万台以上が輸入・販売されており、毎年輸入車販売台数上位をキープする人気モデルである。

新型ポロの価格(消費税込)は、ポロ TSI トレンドラインが209万8000円、ポロ TSI コンフォートラインが229万9000円、ポロ TSI ハイラインが265万円となる。

>>何が変わった!?新型ポロの内外装デザインを画像で見る

MQBで最適化したクラストップレベルの居住性とユーティリティ

フォルクスワーゲン 新型ポロ/2018年3月フルモデルチェンジ

新型ポロは、フォルクスワーゲン グループのモジュラー戦略である「MQB」によってコンパクトモデル用に新たに開発した最初のモデル。

※MQB=Modularen Querbaukasten(ドイツ語の頭文字から)

このMQBを採用することで、プロポーションは格段にダイナミックに、シルエットはスマートになり、ひと目見ただけで新型ポロであることが分かる。

新型ポロは、全長は4060mm、ホイールベース2550mmとなり、先代モデルと比べ大きくなった(全長は+65mm/ホイールベースは+80mm)。ホイールベースが伸びたことで、室内空間は格段に広くなり、特に後部座席の快適性や乗降性が大幅に向上している。

また、ラゲージルームも280リットルから351リットル(先代モデルから+71リットル)へと大幅に拡大し、日常使いとしての実用性も向上した。

表情豊かな最新スタイリング

フォルクスワーゲン 新型ポロ/2018年3月フルモデルチェンジ

MQBの採用によりホイールベースが延長された結果、前後ホイールの位置は、さらに前後方向に寄せられるとともに、前後のオーバーハングが短くなって、よりパワフルでスポーティなスタイルになった。

全幅は1750mm(先代モデルから+65mm)、全高は10mm低い1450mmとなって、ワイド&ローの精悍な印象を与えている。

迫力あるヘッドライトやボンネットのエッジの効いた二本のラインが強い個性を主張しており、新デザインのフロントバンパーはボンネットを低く見せ、安定感を強調している。

さらに、サイド上下を走るキャラクターラインは、より低重心に見せ、スポーティさを増している。リアのボリューム感を増したショルダー部分は力強さを表現し、台形のテールライトによって引き締まったイメージを演出。このテールライトは、ポロシリーズでは初採用の個性的なライトサインを描き出すフルLEDテールライトである。

バンパーには新しくディフューザーを統合したことで、個性的なリアビューを形作っている。

新世代コックピットデザインにより優れたユーザーエクスペリエンスを提供

フォルクスワーゲン 新型ポロ/2018年3月フルモデルチェンジ

新型ポロは、これまでの垂直基調のダッシュボードの配置から変わり、水平基調を採用した。デジタル接続されたディスプレイと操作パネルを可能な限り高い位置に配し、ドライバーからよく見える連続した水平の視線上に配置するために、斬新でクリーンな新しいインテリアレイアウトを考案。エアコンの操作パネルを除く主要な操作モジュールは、すべてダッシュボード上方のクロスパネルに集約し、クロスパネルの両側はフロントドアにまでつながっている。

光沢のあるブラック仕上げの“コントロールアイランド”の中央には、ガラスで覆われたインフォテイメント画面があり、全体としてスポーティなコックピットを実現した。

新型ポロには、同シリーズ初の純正インフォテイメントシステム“Discover Pro”を採用。新世代のインフォテイメントシステムである“Discover Pro”は、8インチのスクリーンに、センサーボタンとダイヤルを採用することで、高い視認性とスムーズな操作性を実現した。表面がガラスパネルで覆われたこのシステムは、車内インテリアとの一体感を生み出し、車内空間に美しく溶け込んでいる。操作は画面上をタッチする以外に、ボリューム調整や地図縮尺変更にダイヤル操作で調整が可能だ。

また、モバイルオンラインサービス Volkswagen Car-Netに対応しており、最新の施設検索や運転に必要な情報などの取得ができ、新型ポロをつながるコンパクトカーへと進化させる。

上級モデルの先進安全装備を採用し、高い安全性を実現

フォルクスワーゲン 新型ポロ/2018年3月フルモデルチェンジ

新型ポロは、MQBモジュールの採用により、これまで上級モデルに採用していた先進安全装備を採用することが可能となった。具体的には、プリクラッシュブレーキシステム “Front Assist”(歩行者検知対応シティエマージェンシーブレーキ機能付)や“プロアクティブ・ オキュパント・プロテクション”、万が一の事故の際に歩行者への衝撃を緩和する“アクティブボンネット”、そして“デイタイムランニングライト“を今回初めて全車標準装備し、安全性をさらに高めた。

また、ハイラインでは引き続きアダプティブクルーズコントロール"ACC"(全車速追従機能付)を標準装備。この“ACC”は、機械式パーキングブレーキを採用したモデルでは初めてStop&Go(自動停車と自動発進)機能を備えている。

その他、リアトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)、ブラインドスポットディテクション(後方死角検知機能)や自動的にステアリングを操作してドライバーの駐車をサポートする “駐車支援システム“Park Assist”などの様々な先進安全技術も今回初めて採用した。

また、新型ポロは、 欧州の自動車安全アセスメント「ユーロNCAP」で最高評価となる5つ星を獲得している。

新型ポロのパワートレインは、新開発の3気筒1リッターTSIエンジンで、小排気量ながら70kW/95PS(5000~5500rpm)で、従来の1.2リッターTSIエンジンよりもパワフルになった。

俊敏かつ効率的なこの エンジンの最大トルクは175Nm(2000~3500rpm)で、市街地では十分な動力性能を発揮すると共に、ロードノイズは抑えられて高い静粛性を実現している。トランスミッションは乾式の7速DSGを採用している。

フォルクスワーゲン ポロ の関連編集記事

フォルクスワーゲン ポロの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ポロ の関連編集記事をもっと見る

フォルクスワーゲン ポロ の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!