MOTAトップ 記事・レポート 自動車ニュース ヤマハ「ビーノ XC50D」2016年モデルは“Vino Boy”と“Vino Girl”の2スタイル

自動車ニュース 2016/1/22 15:39

ヤマハ「ビーノ XC50D」2016年モデルは“Vino Boy”と“Vino Girl”の2スタイル

ヤマハ発動機は、レトロポップなスタイルで人気の原付一種スクーター「ビーノ XC50D」のカラーリング設定、およびグラフィックを変更した2016年モデルを、2016年2月15日より発売開始する。

「ビーノ XC50D」は、女の子らしい色あいを好むユーザー向けの『Vino Girl』と、ボーイッシュでアクティブ嗜好のユーザー向けの『Vino Boy』の2つのスタイルを設定している。また、メーターは、レトロ感と新しさが調和するVinoロゴをあしらった新デザインとした。

なお、製造はヤマハモーター台湾で行う。

◎カラーラインナップを見る

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。
MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR