見た目ハスラー!?ダイハツ新型「キャスト アクティバ」注目ポイント4つ

ダイハツ「キャスト アクティバ」

ダイハツが9月9日に発売開始した新型軽乗用車「CAST(キャスト)」は、「アクティバ」「スタイル」「スポーツ」の3つのバリエーションが設定されている。

スズキ「ハスラー」にどことなく似ている!?そんな「アクティバ」の注目ポイントをわかりやすく4つに分けて紹介する。

(1)力強さと立体感のあるクロスオーバーテイストなエクステリア

ダイハツ「キャスト アクティバ」
ダイハツ「キャスト アクティバ」

・車両の下回りをプロテクトする力強い印象の樹脂ガーニッシュや、アクティブな印象の大径タイヤ(165/60R15)を採用

・ガンメタリック塗装のロアボディやサイドドアモール、専用グリルなどでアクティブさの中に上質感を付与

(2)雪道でも安心の最低地上高180mmを実現

ダイハツ「キャスト アクティバ」

・クロスオーバーテイストのデザインに加え、大径タイヤの採用やサスペンションの変更などにより、最低地上高を他の2つのバリエーションに比べ、30mm高い180mmとすることで、雪道や山道での走破性を向上

・アクティバ専用装備のグリップサポート制御やDAC(ダウンヒルアシストコントロール)制御を4WD車に標準装備

-「グリップサポート制御」ぬかるみなどの滑りやすい路面でタイヤが空転した場合に作動し、空転した車輪に制動力、グリップ側の車輪に駆動力を与え、発進をサポート

-「DAC制御」滑りやすい下り坂などで、ドライバーがブレーキ操作をしなくても一定の車速を維持。フットブレーキによるタイヤのロックを防ぎ、安定した降板を実現

ダイハツ「キャスト アクティバ」

(3)黒基調のスポーティなインテリア

ダイハツ「キャスト アクティバ」
ダイハツ「キャスト アクティバ」

・黒を基調にしたインテリアに、アクティブな形状のインパネ加飾を施し上質感を表現

・オープントレイを採用したインパネデザインでスポーティさを付与

・光沢感のあるシルバーの生地と、スエード調の生地を組み合わせたフルファブリックシートを採用

(4)多彩な内外装のカラーバリエーション

・カラーバリエーションは、新色のスプラッシュブルーメタリックとフレッシュグリーンメタリックやデザインフィルムトップ(クリスタル調/ホワイト)を採用した2トーンカラーを含む全13色

・内装色はアクセントカラー(シルバー)をベースとしながら、アクセントカラー(ブルー)やアクセントカラー(オレンジ)など3色を設定

・プライムインテリア(ブラック)は、レザー調シート表皮(ブラック/レッドステッチ)とレザー調ドアトリム(ブラック)を採用した高級感の漂うブラックインテリア

ダイハツ「キャスト アクティバ」ダイハツ「キャスト アクティバ」ダイハツ「キャスト アクティバ」ダイハツ「キャスト アクティバ」ダイハツ「キャスト アクティバ」
ダイハツ「キャスト アクティバ」ダイハツ「キャスト アクティバ」ダイハツ「キャスト アクティバ」ダイハツ「キャスト アクティバ」ダイハツ「キャスト アクティバ」
ダイハツ「キャスト アクティバ」ダイハツ「キャスト アクティバ」ダイハツ「キャスト アクティバ」ダイハツ「キャスト アクティバ」ダイハツ「キャスト アクティバ」
ダイハツ「キャスト アクティバ」ダイハツ「キャスト アクティバ」ダイハツ「キャスト アクティバ」ダイハツ「キャスト アクティバ」ダイハツ「キャスト アクティバ」

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

筆者
なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 別邸 仙寿庵

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

ダイハツ キャストの最新自動車ニュース/記事

ダイハツのカタログ情報 ダイハツ キャストのカタログ情報 ダイハツの中古車検索 ダイハツ キャストの中古車検索 ダイハツの記事一覧 ダイハツ キャストの記事一覧 ダイハツのニュース一覧 ダイハツ キャストのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる