まるで欧州のスポーツセダン! エレガントで洗練されたコンセプトカー 三菱 Concept-ZTがカッコいい!

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
シンプルで流れるようなボディラインはまるで欧州車のようだが、日本の三菱自動車工業が2007年に東京モーターショーで発表したコンセプトカー「Concept-ZT」だ。残念ながら市販される事はなかったが、その後三菱の方向性を示した意欲作、Concept-ZTの全てを写真と共に紹介しよう。

環境に配慮などメッセージ性の高いコンセプトカー

Concept-ZTは、2007年東京モーターショーで三菱が発表した次世代高級セダンのコンセプトカーだ。

発表当時は、同社のパーソナルセダンであるディアマンテの後継か!? との憶測も流れたが、三菱はあくまでコンセプトカーとしており、実際にConcept-ZTが市販されることはなかった。

>>市販されなかったConcept-ZTのエレガントな外観と近未来的な内装を写真でじっくり見る

環境に配慮したクリーンディーゼルを採用

エンジンは、環境意識の高まりと共に、当時欧州を中心に注目され始めていたクリーンディーゼルを搭載。188馬力を発生する新開発の2.2リッターディーゼルターボエンジンだ。

ちなみに、世界でのディーゼル車販売数は、Concept-ZT発表時の2007年から10年で2倍強になっており、三菱もその流れに追従する姿勢を見せていたことが分かる。

市販化はされなかったが、三菱車の方向性を示した重要な1台

残念ながら、Concept-ZTが直接市販されることはなかったが、デザインやクリーンディーゼルなど、当時の三菱が持つ主な技術を結集したセダンとして、新しい三菱の方向性を示したコンセプトモデルだ。2007年に発売されたギャランフォルティスやデリカD:5といった市販車にも、Concept-ZTのエッセンスが見て取れる。

これまでの三菱の高級セダンとは異なる洗練されたデザイン

当時の三菱の高級セダンと言えば、ノーズ上部が下部より前に張り出し、スポーティだがいかつくも見える“逆スラントノーズ”が象徴だった。

ところがConcept-ZTでは欧州車、例えばアウディA4あたりを彷彿とさせる、流れるようなシンプルで滑らかなデザインが特徴だ。「和」をテーマに、格式高くデザインされた。

内装も先進的でメッセージ性の高いデザイン

インテリアは、先進的なデザインでまとめられている。特にインパネには、助手席側まで全面液晶画面が埋め込まれ、宇宙船のコクピットのようだ。

当時としては、コンセプトカーでしかあり得ないデザインだったかもしれないが、2021年のいま改めてみてみると、なかなか時代を先取っていたことが分かる。

ボディ素材に込められたメッセージ

三菱 Concept-ZTのボディにはアルミを、エンジンフードやドアなどのパネル部には樹脂を採用し、徹底的に軽量化が図られた。当時の課題であった原油価格の高騰に対し、燃費性能やリサイクル性の高さを通じた環境への配慮が込められていた。

またアルミボディの提案には、世界的な鉄資源不足への対応というメッセージも込められていたという。

三菱/ギャランフォルティス
三菱 ギャランフォルティスカタログを見る
新車価格:
193.7万円315.2万円
中古価格:
29.8万円213.5万円
三菱/ディアマンテ
三菱 ディアマンテカタログを見る
新車価格:
258.3万円324.3万円
中古価格:
39.8万円89.3万円
三菱/デリカD:5
三菱 デリカD:5カタログを見る
新車価格:
391.4万円460.1万円
中古価格:
35.8万円4,911.3万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... KANAYA RESORT HAKONE
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

三菱 ギャランフォルティスの最新自動車ニュース/記事

三菱のカタログ情報 三菱 ギャランフォルティスのカタログ情報 三菱の中古車検索 三菱 ギャランフォルティスの中古車検索 三菱の記事一覧 三菱 ギャランフォルティスの記事一覧 三菱のニュース一覧 三菱 ギャランフォルティスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる