autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート MINI 2018年モデル海外試乗|スモールなMINIがビッグなマイナーチェンジ!

試乗レポート 2018/5/30 13:54

MINI 2018年モデル海外試乗|スモールなMINIがビッグなマイナーチェンジ!(1/2)

関連: ミニ ミニ , ミニ ミニコンバーチブル Text: 山本 シンヤ Photo: ビー・エム・ダブリュー株式会社
MINI ミニコンバーチブル(2018年マイナーチェンジモデル)
BMW ミニ3ドア(2018年マイナーチェンジモデル)MINI ミニ5ドア(2018年マイナーチェンジモデル)MINI ミニコンバーチブル(2018年マイナーチェンジモデル)MINI ミニ3ドア(2018年マイナーチェンジモデル)画像ギャラリーはこちら

スモールなMINIがビッグなマイナーチェンジ!

MINI ミニコンバーチブル(2018年マイナーチェンジモデル)

1959年に登場し、約40年近く生産されたクラシック・ミニからその名を受け継ぎニュー・ミニが登場したのは2001年。BMWがローバグループを傘下にした当初は賛否があったものの、BMWグループのプレミアムスモールとして独自のキャラクターが評価され、気が付けば2世代に渡り進化を遂げ、現在はミニと言えばこちらを指す人のほうが多いくらいだ。その後、数々の派生モデルも生まれ“ミニワールド”を形成している。

そんな3世代目のミニ3ドア、ミニ5ドア、ミニコンバーチブルがマイナーチェンジ。その内容は内外装の変更はもちろん、ドライブトレインやコネクテッド技術のアップデートなど多岐に渡る。日本でも2018年5月17日に正式発表されたが、一足お先にスペインのリゾートとしても有名なマヨルカ島で試乗をしてきた。

>>マヨルカ島から産地直送!マイチェンしたミニを画像で見る

 

新型MINIはデザインも変更、より”顔っぽい”デザインに

MINI ミニ3ドア(2018年マイナーチェンジモデル)MINI ミニ5ドア(2018年マイナーチェンジモデル)MINI ミニコンバーチブル(2018年マイナーチェンジモデル)

まずエクステリアではライト類を刷新。バンパーの変更はないものの、ヘッドライトを取り囲むリング型のデイライト(ウインカーの役割も担う)の採用によって、より人の顔に見えるオトボケな印象が微笑ましい。一方、テールライトも新デザインのLED式に変更。一目でわかるモチーフはミニの故郷であるイギリスの「ユニオンジャック」で、実は左右非対称のデザインだ。更にボディカラーは新色が3つ(オレンジ/ブルー/グレー)追加されたのもポイントだろう

MINI ミニ3ドア(2018年マイナーチェンジモデル)

一方、インテリアは新形状ステアリング採用や操作系のスイッチレイアウトを変更。ちなみに、シフトレバー根元にあったドライブモード切り替えダイヤルは操作性が悪いと言う指摘もあったようで、新型ではセンターパネルのトグルスイッチ内に移動。また、ナビを含めたインフォテイメント機能もタッチスクリーン式にアップデート、外部との通信機能の充実やスマホのワイヤレス充電など利便性や使い勝手も向上している。

エンジンとトランスミッションにパフォーマンス改善を見た

MINI ミニ5ドア(2018年マイナーチェンジモデル)

しかし注目すべきはメカニズで、主要モデルのトランスミッションを、6速ATからミニ初採用となる7速DCTに変更したことだ。シフトレバーはバイワイヤー式で操作がしやすいグリップタイプを採用した。

エンジンは排ガス/燃費を改善とアナウンスされている。スペックの変更はないが、トルクバンドが狭くなっているのが気になる所(クーパーは1250~4300から1480~4100rpm、クーパーSは1250~4600から1350~4600rpm、JCWは1250~4800から1450~4800rpm)。ちなみにベーシックなONEのみ直3-1.2リッターから1.5リッターに変更されている。

今回はクーパーSの3ドア(6速MT)/カブリオレ(7速DCT)に試乗したが、注目のDCTはカチッとしたダイレクトなフィーリングで、ミニのキャラクターを考えるとATよりふさわしい気がした。エンジンはトルクバンドが狭くなったようだが、乗っている限りはむしろ力強くなったと感じたくらい。恐らく伝達効率アップと変速ロスの低減、そして多段化によりエンジンのパフォーマンスをより引き出せているのだろう。

DCTはダイレクトなフィーリングの反面、発進時や常用域の再加速時にギクシャクする欠点を指摘する人もいるが、普通に乗っている限りはATと変わらない滑らかさである。ただ、欲を言えばもう少し“シフト感”の演出があってもいいように感じた。そういう意味で言えば、3ペダルの6速MTの存在価値はまだまだあると感じた。

次のページは>>能あるMINIは爪を隠す&MINI主要スペック

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

ミニ ミニ の関連編集記事

ミニ ミニの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ミニ ミニ の関連編集記事をもっと見る

ミニ ミニ の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR