マツダは本当に赤字覚悟で新型ロータリーエンジン搭載「RX-9」を開発するのか!?(1/2)

マツダは本当に赤字覚悟で新型ロータリーエンジン搭載「RX-9」を開発するのか!?
マツダ RX-VISION マツダ RX-VISION マツダ RX-VISION マツダ RX-VISION 画像ギャラリーはこちら

ロータリーエンジンは「夢」や「ロマン」

マツダ RX-VISIONマツダ RX-VISION

マツダは本当にロータリーエンジン搭載モデルを開発するだろうか?

売れるか売れないかを基準とすれば、99.9%失敗だと考える。今や燃費が悪いロータリーエンジンのニーズなど無いからだ。だからこそRX-8も尻すぼみになって終わってしまった。

ましてや「800万円のロータリーエンジン搭載車」など巨額の赤字を作るのみである。

一方「ロータリーエンジンこそマツダの魂だ!」みたいに主張する強硬な右派も少なくない。社内だけでなく外野にも存在する。

だからこそロータリーエンジンを取り上げた記事を書くと、少なからぬアクセス数になるのだった。

■>>話題の新型ロータリー搭載モデルは2017年に!?

ロータリーエンジン搭載モデルは望まれている?

マツダ RX-VISIONマツダ RX-VISION

確かに自動車業界にとって「夢」や「ロマン」は重要。やがて「赤字でいいから作っちゃえ!」という流れになっていく。

マツダという会社はそういったDNAを強く持っている。

「足元の収益は悪くないけれど数年スパンで見ると“華”がない」という昨今の状況からすれば「大赤字にならないのなら宣伝費だと思って開発しよう!」と判断してもおかしくない。

果たして、マツダの顧客は赤字確実のロータリーエンジン搭載モデルを望んでいるのだろうか。

長い目で見たら好ましくない選択だと考える。高価なクルマの開発には、根本的な技術の革新が必要。今のマツダだと「中途半端でもいいや」とならない。「やるなら徹底的に!」ということになるはずだ。当然の如く開発予算もかさんでいくだろう。

■>>話題の新型ロータリー搭載モデルは2017年に!?

1 2 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
国沢 光宏
筆者国沢 光宏

1958年生まれ。ベストカーガイド編集部員を経て自動車評論家に。空気を全く読まず言いたいことを言い、書きたいことを書くので自動車メーカーから嫌われている。現在所有しているクルマは日産リーフとトヨタ・プリウス、ホンダ・インサイト。趣味はラリーに出場すること。人気のない(本人談)Webサイト(http://kunisawa.net/)を運営中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 仙郷楼
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

マツダの最新自動車ニュース/記事

マツダのカタログ情報 マツダの中古車検索 マツダの記事一覧 マツダのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる