【2022年】マツダのフラッグシップセダン/ステーションワゴンのMAZDA6に20周年記念モデルが登場! 個性を強めたグレード展開が魅力だ

  • 筆者: MOTA編集部
  • カメラマン:堤 晋一/マツダ
画像ギャラリーはこちら
マツダは2022年12月9日(金)、フラッグシップセダン/ステーションワゴンのMAZDA6を商品改良するとともに、初代アテンザ(現MAZDA6)の発売から20周年を記念した特別仕様車「MAZDA6 20th Anniversary Edition」の予約受付を開始しました。発売は2022年12月下旬を予定しています。

今回は、MAZDA6の改良点と、特別仕様車の装備をご紹介します。

目次[開く][閉じる]
  1. 特別仕様車「MAZDA6 20th Anniversary Edition」は大人のスポーツセダン/ステーションワゴンを表現|特別仕様車の内外装
  2. MAZDA6 20th Anniversary Editionのボディカラーには落ち着いた大人の赤色を設定|特別仕様車のボディカラー
  3. MAZDA6にスポーティなグレードが追加!
  4. MAZDA6にも運転支援機能や快適装備が充実|MADZA6の改良点
  5. MAZDA6の価格は296万2300円〜473万9900円

特別仕様車「MAZDA6 20th Anniversary Edition」は大人のスポーツセダン/ステーションワゴンを表現|特別仕様車の内外装

MAZDA6 20th Anniversary Editionは「XD L Package」をベースにしています。専用のエクステリアとしてはシルバー塗装のフロントグリルや高輝度塗装の専用19インチアルミホイール、20th Anniversary Edition限定のフロントフェンダーバッジを装備します。

インテリアの専用装備は、20th Anniversary Editionの専用エンボス加工のフロントシートヘッドレスト、人工皮革のレガーヌ(タン)のインパネ/ドアトリム、ナッパレザー/レガーヌ(タン)のシート、マットブラウンヘアラインのインパネ/ドアトリム加飾を設定しています。

さらに特別装備としてチルトアップ機構付きの電動スライドガラスサンルーフを用意します。

MAZDA6 20th Anniversary Editionのボディカラーには落ち着いた大人の赤色を設定|特別仕様車のボディカラー

MAZDA6 20th Anniversary Editionのボディカラーはソウルレッドクリスタルメタリックやマシーングレープレミアムメタリックなどを生み出してきた、マツダ独自の塗装技術「匠塗 TAKUMINURI」による特別塗装色第4弾として、新色の「アーティザンレッドプレミアムメタリック」(有料オプション7万7000円)をMAZDA6 20th Anniversary Editionの専用色として国内で初めて採用しました。

アーティザンレッドプレミアムメタリックは光の当たるハイライト部はきめ細やかな透明感のある赤が鮮やかに光る一方で、基調となるシェード部はしっかりと深みと濃厚さを演出するハイコントラストな表現を用いて、造形の強さと美しさを際立たせます。また、MAZDA6 20th Anniversary Editionでは匠塗第3弾の「ロジウムホワイトプレミアムメタリック」(有料オプション5万5000円)も選択できます。

MAZDA6にスポーティなグレードが追加!

さらに、CX-5、CX-8に続きMAZDA6にも新グレードとして「Sports Appearance(スポーツアピアランス)」を追加しました。2020年に導入以降、好評の「Black Tone Edition(ブラックトーンエディション)」の世界観をさらに進化させたグレードになっています。

スポーツアピアランスのエクステリアにはブラックトーンエディションで採用したブラックメタリック塗装の19インチアルミホイール、ドアミラーカバー(グロスブラック)を装着。そのほか、新たに前後シグネチャーウィング、フロントバンパーロアガーニッシュ、ルーフレールをブラックで統一し、MAZDA6のスポーティさをさらに強調するアイテムを追加しました。

MAZDA6にも運転支援機能や快適装備が充実|MADZA6の改良点

次にMAZDA6の改良点をご紹介します。

今回の商品改良では全グレードでパワーステアリングのアシスト特性を変更しました。ステアリングの手ごたえを増し、操る楽しさをさらに高めました。 MAZDA3やCX-30などにも採用されている運転支援機能「クルージング&トラフィック・サポート」を新たに追加。追従走行とステアリングアシストで渋滞時や長時間運転などの運転疲労軽減をサポートします。 また、快適装備として「ワイヤレス充電(Qi)&ワイヤレス接続機能(Apple CarPlay対応)」を新たに採用しました。

他にもボディカラーを変更し、新たに「ロジウムホワイトプレミアムメタリック」、「プラチナクォーツメタリック」の2色を追加しました。

個別のグレードに関する変更もなされています。

ディーゼルエンジンの「SKYACTIV-D 2.2」では、エンジン出力・トルク向上により高回転域までの力強さを高めるとともに、アクセルペダルの踏力を変更することによって走行時のコントロール性を向上し、走る楽しさをさらに高めました。 また、中間グレードである「L Package」ではシートカラーにブラックナッパレザーを設定しました。

MAZDA6の価格は296万2300円〜473万9900円

MAZDA6の本体価格(税込)は296万2300円〜473万9900円となります。 今回追加されたMAZDA6 20th Anniversary Editionはディーゼルモデル(アーティザンレッドプレミアムメタリック)で449万9000円、スポーツアピアランスのディーゼルモデル(ソウルレッドクリスタルメタリック)が397万5400円です。改良前の価格が289万3000円〜431万7500円なので、少しコストアップされた印象です。

これまでグレードの個性が薄かったMAZDA6。今回の改良によって、最上位グレードとしてMAZDA6 20th Anniversary Editionを導入し、ブラックトーンエディションやスポーツアピアランスを追加したことでさらにグレードの個性を強めました。気になる方はぜひ新しいMAZDA6に触れてみてください。

【筆者:MOTA編集部 カメラマン:堤 晋一/マツダ】

マツダ/MAZDA6ワゴン
マツダ MAZDA6ワゴンカタログを見る
新車価格:
296.2万円466.3万円
中古価格:
202.2万円398.4万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 数寄の宿 野鶴亭

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

マツダ MAZDA6ワゴンの最新自動車ニュース/記事

マツダのカタログ情報 マツダ MAZDA6ワゴンのカタログ情報 マツダの中古車検索 マツダ MAZDA6ワゴンの中古車検索 マツダの記事一覧 マツダ MAZDA6ワゴンの記事一覧 マツダのニュース一覧 マツダ MAZDA6ワゴンのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる