マツダ 新型デミオディーゼル(MT)を本気(マジ)で購入検討しているライターによる新型デミオ 解説 -後編-/永田恵一(1/2)

マツダ 新型デミオディーゼル(MT)を本気(マジ)で購入検討しているライターによる新型デミオ 解説 -後編-/永田恵一
マツダ 新型 デミオ 1.5リッター ディーゼルエンジン搭載モデル(FF)/走行イメージ マツダ 新型 デミオ 1.5リッター ディーゼルエンジン搭載モデル(FF)/エクステリアイメージ・フロント マツダ 新型 デミオ 1.5リッター ディーゼルエンジン搭載モデル(FF)/エクステリアイメージ・リア マツダ 新型 デミオ 1.5リッター ディーゼルエンジン搭載モデル(FF)/試乗イメージ 画像ギャラリーはこちら

新型デミオディーゼルで期待の「燃費」は果たして!?

※当記事は、前回の新型デミオ解説の「後編」となります。最初から閲覧したい方は「マツダ 新型デミオディーゼル(MT)を本気(マジ)で購入検討しているライターによる新型デミオ 解説 -前編-」をご覧ください。

マツダ 新型 デミオ 1.5リッター ディーゼルエンジン搭載モデル(FF)/エクステリアイメージ・リア

後編ではまず、気になる新型デミオの「燃費」について予測してみましょう。

まだ公表値はありませんが、1.3リッターガソリンの6速ATについてはJC08モード燃費が現行スカイアクティブの「25.0km/L」に劣るという噂が巷で流れています。これはATだとCVTのように回転を落として走ることができないためと思われますが、実燃費はきっと向上していると推測します。

数値としてはフィットの1.3リッターと同等の6速ATが「24km/L」台後半、5速MTが「21km/L」台後半あたりで、エコカー減税もフィットと同じく6速AT車は「免税」、5速MT車が取得税60%、重量税50%軽減を目指すのではないでしょうか。

ディーゼルターボ/6速MTの燃費は「30km/L」に到達する可能性も

マツダ 新型 デミオ 1.5リッター ディーゼルエンジン搭載モデル(FF)/インテリア

ディーゼルターボの燃費に関しては、視点を変えた予想をしたいと思います。

実はデミオはガソリンタンクの容量がディーゼルターボの6速MTで「35リッター」、その他は「44リッター」なのです。44リッターと聞くと一見コンパクトカーにしては大きいかなと感じますが、その後に6速MTの35リッターを聞いてしまうと「小さい!」と感じることでしょう。

というのも、JC08モードの計測はシャシーダイナモ上で車重に応じた負荷を掛けて図りますが、負荷の境目の1つに普通のガソリンエンジンではないコンパクトカーの車重になりそうな「1,080kg」というのがあります。

マツダ 新型 デミオ 1.5リッター ディーゼルエンジン搭載モデル(FF) ボディカラー:スノーフレイクホワイトパールマイカ

これはまさにデミオのディーゼル+6速MTの車重が「1,080kg」で、タンク容量も減らすことも含めて車重を「1,080kg」となる様に狙ってきたことが濃厚です。

といっても、現行デミオのSKYACTIVもこういったことの先駆車でしたし、そういった車種はフィットハイブリッドのベース車やアルトエコなど他社にも事例がありますので、その是非についてはデミオディーゼルの6速MTの実燃費を検証してからでいいかと思います。

そして、そこへもう1つ加えたい要素が、燃費×燃料タンクの容量で計算できる「航続距離」です。

マツダ 新型 デミオ 1.5リッター ディーゼルエンジン搭載モデル(FF) ボディカラー:スノーフレイクホワイトパールマイカマツダ 新型 デミオ 1.5リッター ディーゼルエンジン搭載モデル(FF) ボディカラー:スノーフレイクホワイトパールマイカ

最近では、レヴォーグの1.6リッターターボが航続距離1,000kmを謳っているように、航続距離1,000kmというのは燃費の良さの1つの証しでもあります。そこから推測して新型デミオのディーゼルターボも航続距離1,000km(計算上としても)を目指すとすると、JC08モード燃費は6速MTが「30km/L」、6速ATがMTと負荷が変わることも考慮して「26km/L」台なのではないかと予想します。

ちなみに、新型デミオのディーゼルターボ(6速AT)の車重は「1,130kg」ということで、6速MTの「1,080kg」と50kgもの差があります。50kgの差として思い浮かぶ要素としては、トランスミッションで20~30kg、ガソリン9リッターで約10kgまではすぐに浮かびますが、「残りの10~20kgは何なんだろう」と考えますが、現在の少ない情報では答えが出ない状況です。

購入を本気で考えている筆者としては、「ボンネット裏に代表される遮音材などではなければいいけど」と切実に思ってしまいますが・・・。

1 2 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
永田 恵一
筆者永田 恵一

1979年生まれ。26歳の時に本サイトでも活躍する国沢光宏氏に弟子入り。3年間の修業期間後フリーランスのライターとして独立した。豊富なクルマの知識を武器に、自動車メディア業界には貴重な若手世代として活躍してきたが、気付けば中堅と呼ばれる年齢に突入中。愛車はGRヤリスと86、過去には日本自動車史上最初で最後と思われるV12エンジンを搭載した先代センチュリーを所有していたことも。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 草津温泉 炯(けい)

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

マツダ デミオの最新自動車ニュース/記事

マツダのカタログ情報 マツダ デミオのカタログ情報 マツダの中古車検索 マツダ デミオの中古車検索 マツダの記事一覧 マツダ デミオの記事一覧 マツダのニュース一覧 マツダ デミオのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる