イメージ変わりすぎ! ちょっと目を離した隙に“オラオラ”顔に大変身してたリンカーン コンチネンタル【日本で買えないクルマ】

画像ギャラリーはこちら
「バカでかい&燃費も超悪い」なんて悪いイメージだは、一度はアメ車に憧れたことのある人は多いハズ。そこで、おそらく絶対に日本市場に導入されないであろう“コレぞアメ車”ってクルマをご紹介! 初回は“ド迫力”フェイスのリンカーン コンチネンタル♪

>>知らない間に超カッコよくなってる! 最新アメリカンセダン一気見!(全28枚)

アメリカ流の“オラオラ”セダンここにアリ!

リンカーンは、トヨタでいえばレクサスに相当するフォードの高級ブランドだ。

GMのキャデラックは日本でも知名度のあるが、リンカーンはラージSUVのナビゲーターが目立ったくらいで、それほど知名度はない。

ちなみに、フォードとともに日本市場は撤退済みだが、アメリカではキャデラックと双璧をなす高級ブランドである。

>>うまーくデザインされたドアハンドルに注目!

値段のわりに車内はかなり豪華!

ベース車はフォード フュージョという中型セダンで、トヨタ カムリやホンダ アコードに相当するモデルだ。コンチネンタルは日本車で例えると、レクサス ESに近い存在である。

コンチネンタルは全グレード300psオーバーのV6エンジンを搭載し、4WDの設定もあるスポーティなプレミアムラージセダンでもある。

ちなみに現地価格は46,305$〜(日本円で約495万円)と意外と安いのだ!

またロールスロイス ファントムのようにBピラーを持つ観音開きドアとなる点や、アメ車らしさ満点の高級感を持つインテリアなども大きな魅力だ。

>>ハンパなく豪華な車内を細かーく画像で確認! 不思議なシフトボタンにも注目

滅多に見られない日本で走ってないクルマたちはコチラ▼

【筆者:永田 恵一】

リンカーン/コンチネンタル
リンカーン コンチネンタルカタログを見る
新車価格:
588.5万円588.5万円
中古価格:
86.2万円208万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
永田 恵一
筆者永田 恵一

1979年生まれ。26歳の時に本サイトでも活躍する国沢光宏氏に弟子入り。3年間の修業期間後フリーランスに。得意分野は30代前半とはとても思えない豊富なクルマの知識を生かせる原稿。自動車メディア業界にはほとんどいないこの世代のフリーランスとして、歩みは遅いが着実に前進中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 遊季亭 川奈別邸
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

リンカーン コンチネンタルの最新自動車ニュース/記事

リンカーンのカタログ情報 リンカーン コンチネンタルのカタログ情報 リンカーンの中古車検索 リンカーン コンチネンタルの中古車検索 リンカーンの記事一覧 リンカーン コンチネンタルの記事一覧 リンカーンのニュース一覧 リンカーン コンチネンタルのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる