これはもう韓国版BMW!? キア スティンガーGT【日本で買えないクルマたち】

画像ギャラリーはこちら
日本は輸入車ブランドの日本法人や代理店が充実しているため、だいたいの輸入車は正規販売で買えるというクルマ好きにとっては幸せな国である。

しかしそんな日本でも諸事情により正規販売がなく気軽には買えないというモデルもあるのだ。その中から日本導入をすればきっと欲しくなるクルマを紹介していく。

今回紹介するのは「キア スティンガーGT」。欧州車を思わせるデザインとBMWのような走りが魅力のクルマだ。

>>欧州の高級車をも凌駕するデザイン!? 「キアスティンガーGT」を画像で見る!

レクサスISやBMW3シリーズに匹敵!?

スティンガーは主に韓国と欧米で販売される、親会社のヒュンダイが持つトヨタで言えばTNGA-Lのような存在となるFRのプラットホームを使った、レクサスISやBMW3シリーズに相当する車格となるプレミアムカーである。

ボディサイズはレクサスISやBMW3シリーズに対し大きく、ボディ形状が5ドアセダンとなるところも面白い。

>>「キア スティンガーGT」の外装写真をもっと見る!

エンジンはガソリンが2リッター直4ターボと3.3リッターV6ターボ、2.2リッター直4ディーゼルターボを設定する。開発にあたりヨーロッパのプレミアムブランドからスタッフを引き抜いていることもあり、走りはBMWを思わせるものに仕上がっているという。

それでいてアメリカでの価格は日本円で350万円台からとリーズナブルなので、日本で販売されればプレミアムブランドに小さくない影響を与える可能性は十分ありそうだ。

[筆者:永田 恵一]

▼日本に売ってない外車シリーズはこちら!▼

この記事の画像ギャラリーはこちら
永田 恵一
筆者永田 恵一

1979年生まれ。26歳の時に本サイトでも活躍する国沢光宏氏に弟子入り。3年間の修業期間後フリーランスのライターとして独立した。豊富なクルマの知識を武器に、自動車メディア業界には貴重な若手世代として活躍してきたが、気付けば中堅と呼ばれる年齢に突入中。愛車はGRヤリスと86、過去には日本自動車史上最初で最後と思われるV12エンジンを搭載した先代センチュリーを所有していたことも。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 山里のいおり 草円
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

おすすめの関連記事

起亜の最新自動車ニュース/記事

起亜のカタログ情報 起亜の中古車検索 起亜の記事一覧 起亜のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる