おおっ、海外ドラマでレクサスが活躍!「ブラインドスポット」【ドラマ映画に登場するクルマたち】

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
ニューヨークの街に突如、裸で現れた謎の美女ジェーン。彼女は記憶喪失で、その全身には暗号のようなタトゥーが彫られていました。「ブラインドスポット 1stシーズン」は、FBIのウェラーと仲間たちがその暗号を解読し、国家規模の陰謀を追っていく…という本格サスペンスドラマ。そして彼らが乗るクルマは…なんとレクサスじゃありませんか!

>>ランドクルーザープラドに瓜二つ?日本未発売のレクサス GXの画像はコチラ

海外ドラマに日本車が登場!

FBIなら、黙ってレクサス

タトゥーの暗号から導かれる事件を追いつつ、ジェーンの失われた記憶と、ウェラー率いるチーム内の微妙な人間関係を描いていくこのドラマ。コメディや熱血の要素はあまりなく、緊迫感のあるシリアスな展開が続きます。捜査官コンビが運転席と助手席でいつもの会話をし、自慢の愛車でカーチェイス! というお約束もなし。毎度、単なる捜査車両らしきイカついSUVにどさっと乗り込んで…ってあれ、このグリル見たことある! 「L」のマークついてる! FBIがレクサス GXに乗ってるよー! …ってまあ、本当に乗ってるだけなんだけど(笑)。

日本国内で未発売のレクサス GXは、LXとRXの中間に位置するモデルで、トヨタ ランドクルーザープラドの兄弟(従妹?)車に当たるモデル。最上級のLXを使わないあたり、FBIの車両らしく妙にリアルです。

日本車は犯人のクルマ?

海外ドラマに日本車が登場する機会はそれほど多くありませんが、残念ながら悪者グループが乗るクルマとして使われることもあります。あるいは、環境問題をこじらせて発電所テロとかを目論んじゃう教授とかが「では、私は講義がありますので…」とか言って乗り込むのが日本車。まあ、それだけ環境に優しいというイメージが強いんでしょうが、もはや犯人フラグと化してます。

…というわけで、今回は犯人でなく主人公側が日本車に乗っているという点でも、レクサスの登場は嬉しいものでした。

レクサスオーナーはぜひ「ブラインドスポット」を堪能して下さいね!

MOTA編集部オススメ【ドラマ映画に登場するクルマたち】

MOTAでは、“ドラマ映画に登場するクルマたち”と題し、家族で楽しめる海外ドラマや映画、そして、そこに登場する名車をご紹介していきます。

主人公じゃなくても、時にはストーリーテラーとして、はたまた物語の進行を決定づけるキーアイテムとして、クルマが重要な役割を果たすことも…。次はどんな物語とクルマが登場するのかぜひお楽しみに!!

▼過去のご紹介作品はコチラ▼

HAWAII ファイブ・オー

NCIS:LA

グッド・オーメンズ

[筆者:MOTA 編集部]

最後まで読んで頂いた方には超豪華な旅館宿泊のチャンス!

2019年12月17日からMOTAにてリリースされた「ドライブ/宿」企画。

今回は、MOTA厳選宿公開記念として、1組2名さまに抽選で当たる宿泊券プレゼントキャンペーンを実施します。

応募条件は、以下のページからMOTAのメールマガジンに会員登録し、当キャンペーンに応募するだけ。

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この機会に是非ご応募ください! 中には1泊10万円以上の宿も…!?

どんな宿があるかは、ページ上部右端の「ドライブ/宿」ページで見れるので要チェック!

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 創業大正十五年 蓼科 親湯温泉

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

レクサスの最新自動車ニュース/記事

レクサスのカタログ情報 レクサスの中古車検索 レクサスの記事一覧 レクサスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる