レクサス 新型NX、新しいコックピット思想でユーザビリティが向上したインパネ周り

  • 筆者: 望月 達也(MOTA編集部)
画像ギャラリーはこちら
2021年10月7日(木)、レクサスの売れ筋SUVであるNXの2代目に当たる新型モデルが発表された。新型NXはデザインを刷新したほか、ガソリン、ハイブリッド、PHEVを含め全部で6種類のパワートレインを設定する。今回はそんな注目の新型NXのインパネ周りを中心にチェックしていく。
目次[開く][閉じる]
  1. 先代からデザイン・操作性が大幅に進化した新型NXの内装
  2. 新コックピット思想「Tazuna Concept」を市販モデルで初採用
  3. ドライバーズライクな運転席周り

先代からデザイン・操作性が大幅に進化した新型NXの内装

2014年の初代登場から7年ぶりにモデル初となるフルモデルチェンジが行われたレクサス 新型NX。

2.5リッターNAや新開発の2.4リッターガソリンターボ、従来同様ハイブリッド(HV)のほか、レクサス初のプラグインハイブリッド(PHEV)など豊富なエンジンラインナップのほか、新コックピット思想「Tazuna Concept」を採用し内装のデザイン・操作性も大幅に進化している。

新コックピット思想「Tazuna Concept」を市販モデルで初採用

新型NXのインパネデザインは、センターの大型ディスプレイがまず目をひく。パネル面がドライバー側に向いており、視認性は高い。

新型NXでは、市販モデルで初となる新コックピット思想「Tazuna Concept」を採用した。これは、人が馬を操る際に使う「手綱」に着想を得たもので、ステアリングスイッチとヘッドアップディスプレイを高度に連携させ、視線移動や煩雑なスイッチ操作をすることなく、運転に集中しながら各種機能の制御を可能にしようと考えられたものだ。

新型NXでは、この「Tazuna Concept」により先代モデルから操作系が一新されている。手元操作とボイスコマンドにより、視線移動させずに機能や表示の切り替えが可能となっているのが大きな特徴だ。

ドライバーズライクな運転席周り

これにより、メーター及びセンターディスプレイ周辺は、ドライバーの広い視野を確保。一方、ドライバーのニースペースは程よくタイトにされており、快適なドライビングに寄与している。反対に、コンソール上面を含むワイドなパッセンジャーエリアは、同乗者にゆとりのある空間を提供している。

ステアリングは、レクサスがこれまで拘ってきた握りやすく操作しやすい形状を継承しつつ、ホーンパッドの小型化やスポークデザインの変更によりスポーティさを向上させている。

スタート/ストップ、ドライブモードセレクト、シフトレバーなどの走行系のスイッチ類は、ステアリング周辺の自然と手が届く場所に設定。姿勢を崩さずスムーズに操作が行えるように配置。シフトレバーは、しっとりとした触り心地や、握りやすく操作しやすい形状を追求している。

インテリアカラーは、Tazuna Conceptに基づいたコックピットに最適な、運転に集中できる配色を構成し、多様なカラーラインナップを揃える。

ここまで新型NXのインパネ周辺を紹介してきたが、特に細部のデザインなどは、フォトギャラリーもぜひチェックしてみてほしい。

レクサス/NX
レクサス NXカタログを見る
新車価格:
455万円738万円
中古価格:
249.9万円630.2万円

MOTAおすすめコンテンツ

雨の時期も安心感をもって走れるオールシーズンタイヤ「セルシアス」その実力をテストしてみた[雨の日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者望月 達也(MOTA編集部)
監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 鬼怒川金谷ホテル

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

レクサス NXの最新自動車ニュース/記事

レクサスのカタログ情報 レクサス NXのカタログ情報 レクサスの中古車検索 レクサス NXの中古車検索 レクサスの記事一覧 レクサス NXの記事一覧 レクサスのニュース一覧 レクサス NXのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる