MOTAトップ 記事・レポート 新車情報 新型車解説 レクサス HS250h 新型車解説

新型車解説 2009/7/14 16:15

レクサス HS250h 新型車解説(1/2)

関連: レクサス HS Text: オートックワン 編集部 Photo: 島村栄二
レクサス HS250h 新型車解説

レクサス版プリウスがデビュー!!

イメージ1
レクサス HS250h カラー:レッドマイカ クリスタルシャインエンジンルーム

レクサスからまた新たなハイブリッド車の登場だ。

レクサス版プリウスの異名を持つこのクルマの名前はレクサスHS250h。全長4,700mm×全幅1,785mm×全高1,505mmからなるボディサイズは、プリウスより一回り大きく、レクサスISとほぼ同等といったボリューム感だ。

そもそもこの「HS」とは、地球や人、さらに上質と“調和”するセダンを意味する「Harmonious Sedan(ハーモナイズ セダン)」の頭文字を取ったものだ。

まず特徴はその燃費性能だ。10・15モードで23.0km、JC08モードで19.8kmと、直4の2.4Lエンジン(150ps×19.1kgm)+モーター(143ps×27.5kgm)の組み合わせで、この低燃費性能は驚きだ。

しかも排気量は2.4Lでも、実際のパワーは2.5L車並のパフォーマンス性能を発揮するということで、なんともお得。

しかもプリウスと同じレギュラーガソリン仕様というからさらに嬉しい。

装備面では新型プリウス同様、通常の走行モードに加え、EVドライブモード、エコモード、パワーモードの3つのドライブモードを採用。

さらにG-Linkと連携してドライバーのエコドライブを支援するハーモニアスドライビングナビゲーターも搭載している。

材料面でも、環境に負荷が掛からないエコな素材を用いて作られている。

例えば植物由来のエコプラスチックをラゲージトリムの表皮材に採用したり、リサイクル材からなる防音材や、リサイクルプラスチックの使用量を大幅に増加させているなど、環境面に寄与する取り組みがされている。

また、「平成22年度燃費基準+25%」を達成。さらに「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」の認定も取得済みだ。

レクサス HS250h カラー:ムーンライトオパール クリスタルシャインレクサス HS250h カラー:ムーンライトオパール クリスタルシャインレクサス HS250h カラー:ムーンラート オパール クリスタルシャインレクサス HS250h カラー:ムーンライトオパール クリスタルシャインレクサス HS250h カラー:ムーンライトオパール クリスタルシャイン

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

レクサス HS の関連編集記事

レクサス HSの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス HS の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR