autoc-one.jp 記事・レポート 特集 グレード比較 レクサス CT200h グレード比較 3ページ目

新車グレード比較 2011/1/12 16:30

レクサス CT200h グレード比較(3/3)

レクサス CT200h グレード比較

CT200h バージョンL/本革シートなどの豪華装備が標準

レクサス CT200h バージョンL
レクサス CT200h バージョンLレクサス CT200h バージョンL

CT200hの最上級グレードが「バージョンL」だ。

バージョンCに対して55万円も高い430万円の価格が設定されている。この価格差の大きな理由としては、運転席ポジションメモリー付の「本革パワーシート」が標準となっていることだ。

もちろん運転席・助手席はヒーター付だが、ほかのグレードのファブリックシートもヒーター付である。

「LEDヘッドランプ」が標準で装備されるのは、この「バージョンL」とFスポーツの2グレードだけだ。「17インチタイヤ&アルミホイール」も「バージョンL」ならではの装備。(※ベースグレードは15インチ、バージョンCは16インチ)

ほか、「サンドターンランプ&ヒーター付ドアミラー」が標準装備。この「バージョンL」のドアミラーは広角ミラーでリバース連動チルトダウン機能なども備えている。さらに、「クリアランスソナー」や「雨滴感知オートワイパー」なども標準だ。

これらを合計して55万円の価格差だが、装備の違いの割には価格差が大きめの印象を受ける。バージョンLは、どうしても本革シートが欲しいという人だけにお勧めのグレードだろう。

CT200h Fスポーツ/外観から足回りまで異なる仕様

レクサス CT200h Fスポーツ
レクサス CT200h Fスポーツレクサス CT200h Fスポーツ

CT200h「Fスポーツ」はCT200hのスポーツ性を象徴するグレードだ。

外観はFスポーツ専用のフロントグリルや17インチアルミホイールが採用され、ヘッドランプがLEDになる点などが異なるだけだが、内装の仕様にもいくつかの違いがある。

内装は本革巻きステアリングホイールが専用となるほか、アルミ製のスポーツペダル、スカッフプレートなどがFスポーツ専用のものとされている。

足回りも専用のサスペンションと専用のチューニングによってほかのグレードとは異なる走りを実現したのがFスポーツの特徴だ。

快適装備などはバージョンCと基本的に変わらず、バージョンCに比べて30万円高の405万円の価格が設定されている。

LEDヘッドランプや専用サスペンションなどが価格差の中心になるのだろうが、レクサスCT200hならではのスポーティさを求めるユーザーにはFスポーツがお勧めグレードになる。

なお、Fスポーツには専用の本革シートがオプション設定されている。

レクサス CT200h Fスポーツレクサス CT200h Fスポーツレクサス CT200h Fスポーツレクサス CT200h Fスポーツレクサス CT200h Fスポーツ
筆者: 松下 宏

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

レクサス CT の関連編集記事

レクサス CTの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス CT の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR