autoc-one.jp 記事・レポート 特集 グレード比較 レクサス CT200h グレード比較 2ページ目

新車グレード比較 2011/1/12 16:30

レクサス CT200h グレード比較(2/3)

レクサス CT200h グレード比較

CT200h/ベースグレードでも充実した装備

レクサス CT200h ベースグレード インテリア
レクサス CT200h ベースグレード インテリアレクサス CT200h ベースグレード インテリア

CT200hは、ベースグレードといえどもレクサスブランドであるだけに十分に快適かつ安全な装備が用意されている。

CT200h全グレードに標準となるのは、スマートエントリー&スタートシステム/オートライト/花粉除去機能付き運転席・助手席独立温度調整オートエアコン/HDDナビゲーションなど。

価格が355万円と300万円を大きく超えるのだから当然といえば当然だが、カーナビも標準で用意されている。安全装備は横滑り防止装置や8つのSRSエアバッグなどが全車に標準で、ミリ波レーダー方式のプリクラッシュセーフティシステムは全車にオプション設定されている。

タイヤはベースグレードだけが15インチになるが、アルミホイールが標準装備されている。

CT200h バージョンC/ワンランク上の装備を持つモデル

レクサス CT200h バージョンC パフォーマンスダンパー(透視図)
レクサス CT200h バージョンC カードキーレクサス CT200h バージョンC クルーズコントロール

ベースグレードに対して、ワンランク上の装備を備えているのが「CT200h バージョンC」。タイヤもベースグレードより1サイズ大きい16インチになる。

ベースグレードに対して追加される装備は、機能面では前後パフォーマンスダンパーがある。これは、ベースグレード以外の全車に標準となる仕様だ。

スマートエントリー&スタートシステムが装備されているのはベースグレードと同じだが、「バージョンC」以上のグレードには電子キー2ヶのほかにカードキーが1ヶ追加される。自動防眩ミラーやクルーズコントロールが標準となるのもバージョンC以上だ。

バージョンCの価格は、ベースグレードに対し20万円高の375万円。

この価格差ならベースグレードを設定せず375万円をスタート価格にしても良かったのではないかとも思えるが、そうなるとHS250hの価格(395万円)に近づきすぎるとの判断だったのかも知れない。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

レクサス CT の関連編集記事

レクサス CTの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

レクサス CT の関連編集記事をもっと見る

レクサス CT の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR