ホンダ、F1で1988年以来の5連勝! なのに『本当に辞めちゃうの!?』パワーユニット自体は2022年も参戦決定に喜びの声多数!【みんなの声を聞いてみた】

画像ギャラリーはこちら
ホンダは2021年7月4日(日)に決勝を行ったF1(FIAフォーミュラ・ワン世界選手権)第9戦オーストリアGPで、Red Bull Racing Hondaのマックス・フェルスタッペン選手(33号車)が3連勝を達成。ホンダとしては1988年以来となるF1での5連勝を飾った!

しかし…ホンダは2021年限りでF1から撤退することが決定済み。『こんなに好調なのになんとかならないのか!?』 SNSではホンダF1ファンの悲痛な叫び声があがっている。

モータースポーツを愛する自動車ライターの伊藤 梓が、ホンダF1の今、そして2022年の展望について「みんなの声」と共に解説する。

>>絶好調! 2021年限りで撤退するのが信じられない! Honda F1の活躍を写真で見る[画像12枚]

目次[開く][閉じる]
  1. 2015年に再参戦を果たすも苦労続きの第4期ホンダF1! しかし2021年、ようやく優勝争いするまでに急成長
  2. 好調だったのに!? 衝撃だったホンダF1撤退のニュース、表向きの理由は“カーボンニュートラルを目指す”ためだったが…
  3. まさかの光明! ホンダ製エンジンは2022年もそのまま参戦することが決定!

2015年に再参戦を果たすも苦労続きの第4期ホンダF1! しかし2021年、ようやく優勝争いするまでに急成長

今年2021年のF1シーズンは、約半分が経過しようとしています。特に今年は、毎戦大バトルが繰り広げられ、近年まれに見る盛り上がりを見せています。

現在の結果を見ると、ホンダがパワーユニットを開発しているレッドブル(Red Bull Racing Honda)が、なんとコンストラクターズランキング1位!

そして、レッドブルのドライバー、マックス・フェルスタッペン選手もドライバーズランキング1位と、これまでにない好成績を収めています。

こんなに好調なのに…ホンダは2021年をもってF1から撤退することを発表済み

2015年にホンダがF1に戻って来てから、一度もシリーズチャンピオンを獲れていないことを考えると、ファンとしてはとても嬉しい流れです。しかしここまで好調だと、SNSなどで耳にするのは『ホンダにF1を辞めないでほしい』という声。

そう、ホンダは「今年限りでF1を撤退する」と宣言しているのです。

SNSにあふれる「みんなの声」を拾いつつ、ホンダやレッドブルの今後を考えてみることにしました。

好調だったのに!? 衝撃だったホンダF1撤退のニュース、表向きの理由は“カーボンニュートラルを目指す”ためだったが…

ホンダが2020年10月2日、2021年をもってF1から撤退する(しかも今後の再参戦もない!)と発表した直後は、とにかくSNS界隈は大騒ぎでした。

『ここまで来て撤退はありえない!』

『ようやくチャンピオンを獲れるチャンスなのに……』

ホンダ撤退の発表を受けて、マックス・フェルスタッペンが、一時的にSNSでホンダのフォローを外すなど、ファンだけでなくドライバーにも大きなショックを与えた様子。

ホンダは「2025年までにカーボンニュートラルを目指す」ことを撤退の大きな要因として発表しました。

しかしF1を統括しているFIA(国際自動車連盟)は、以前から「F1は、2030年までに事実上のCO2排出量ゼロを目指す」と公式発表しています。同じ目標を掲げているにも関わらず撤退するということは、それが本当の要因ではなく、やはりパワーユニット開発やF1参戦に関わる多額の費用が大きな理由なのでしょう。

2015年からF1のパワーユニット開発・供給を始めて、ここまで辛酸を舐め続けてきたホンダが、ようやくチャンピオンに手が掛かるところまで来たにも関わらず、撤退……。ファンももちろん残念ですが、何よりホンダのエンジニアやチームの気持ちを考えると心が痛みます。

まさかの光明! ホンダ製エンジンは2022年もそのまま参戦することが決定!

しかし、ここでひとつの光が生まれました。それが「パワーユニット開発凍結」です。

レッドブルは、ホンダが去った後、しばらくどのメーカーからもパワーユニットの供給を受けず、自身で運用することを決めました。しかし、パワーユニットを開発するには多額の費用と確かな技術力が必要です。そこで訴えていたのが「パワーユニット開発凍結」。

FIAは、近年のF1はパワーユニットだけではなく、全体の運営に膨大な費用がかかることを懸念し、協議の結果、2022〜2024年はパワーユニット開発を凍結することを決めました。つまり、今年使用しているホンダ謹製のパワーユニットをほぼそのまま引き継げることになったのです!

これを受けてSNSでも、

『来年以降もレッドブルが戦えそうで良かった』

『ホンダの技術はまだ生きるのか』

という、前向きなコメントも見られました。もちろんいまだにホンダ撤退を憂うコメントの方が多いことは否めませんが……。

開発自体は撤退だが、しばらく栃木のホンダ研究所“HRD Sakura”でパワーユニットの組み立てを継続

さらに、ホンダは開発こそ撤退するものの、レッドブルの態勢が整うまで、F1のパワーユニット開発をしていたホンダの研究所「HRD Sakura」(栃木県さくら市)でパワーユニットの組み立ては行うことになりました。F1からホンダのバッジがなくなっても、これからもその技術が生き続けると思えば、少しは気持ちが救われる気がします。

『ホンダが撤退したらもうF1見ない』

という声もありますが、ホンダが参戦したことで培われた技術や経験は、F1に生き続けます。そして、日本人ドライバーである角田裕毅選手もこれからきっと活躍してくれるはず!

こんな楽しいレースを見せてくれるF1がずっと続くように、ホンダの撤退後も、いちF1ファンとして応援し続けたいですね。

[筆者:伊藤 梓(自動車ライター)/撮影:Honda]

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
伊藤 梓
筆者伊藤 梓

グラフィックデザイナー時代にミニカーの商品を担当するようになってから、どっぷりと車に魅了されるように。「こんなに人を惹きつける車というものをもっとたくさんの方に知ってほしい」と、2014年に自動車雑誌の編集者へと転身。2018年に、活動の幅を広げるために独立した。これまでの経験を活かし、自動車関係のライターのほか、イラストレーターとしても活動中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ふきや

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

ホンダの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる