どうやって開けるの?ドアハンドルが隠れているスポーツカー3選

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
車に乗車するとき、必ず操作するドアハンドル。一般的な車の場合は特に意識することのない、極当たり前の存在のドアハンドルですが、高級車や一部のスポーツカーの中には、ドアハンドルがデザインにうまく隠されている車が存在します。よく見れば分かる車種から、初見ではまず見つけられない車種まで、ドアハンドルが隠されている車3選をご紹介しましょう。
目次[開く][閉じる]
  1. オールアルミボディの国産スーパーカー ホンダ 初代NSX
  2. 500台限定「天使の咆哮」 レクサス LFA
  3. ロータリースポーツカーの代名詞 マツダ RX-7(FD型)

オールアルミボディの国産スーパーカー ホンダ 初代NSX

1990年にデビューしたホンダ 初代NSXは、「世界に通用するHondaの顔を持ちたい」という想いから誕生しました。

ホンダのフラッグシップスーパーカーのポジションを担い、世界初のオールアルミニウムボディを採用したことで、車両重量1350kg(MT仕様)を実現。開発には、伝説のF1ドライバー アイルトン・セナや中島悟も携わっています。

ピラーのブラックアウト部分にひっそりと存在する

ホンダ 初代NSXのドアハンドルは、ドア後端(Bピラー)の付け根部分にひっそりと影を潜めています。

この位置にドアハンドルがあるのは、デザイン的に優れているのはもちろん、NSXは1170mmと全高が極端に低いため、通常の位置にドアハンドルを付けてしまうと使いにくいという理由もあるのです。

ホンダ 初代NSXの中古車相場

■中古車掲載台数:45台

■中古車相場:520万円~1124.5万円(応相談含む)

※中古車掲載台数および相場は、2020年10月24日時点のデータ

500台限定「天使の咆哮」 レクサス LFA

2010年にデビューした高級車レクサスのスーパーカーLFAは、流麗なクーペフォルムにV10エンジンを搭載。販売台数は世界限定500台、価格はなんと3750万円で発売されました。

カーボンとアルミを多用して作られたボディはわずか1480kg。「天使の咆哮」と称されるヤマハ製V10エンジンは、560馬力を発生し、その美しきサウンドは、ヤマハが楽器作りで培った技術を活かして実現されました。

見つけるのも開けるのも難解なLFAのドア

レクサス LFAのドアオープナーは、エアインテークへ繋がるドア上部のくぼみにあります。エアインテークのパーツと一体化しているプッシュ式ドアオープナーは、下に押し込むとドアが開くという、初見では絶対に開け方がわからない難解なドアでした。しかし、その難解であることは、オーナーにしかわからないという特別感にも繋がるのです。

レクサス LFAの中古車相場

■中古車掲載台数:0台

■中古車相場:価格情報収集中

※中古車掲載台数および相場は、2020年10月24日時点のデータ

ロータリースポーツカーの代名詞 マツダ RX-7(FD型)

1991年、ロータリーエンジンを搭載するスポーツカーマツダ RX-7はフルモデルチェンジにより3代目FD型となりました。リアハッチを持つ3ドアファストバックのパッケージングを継承し、エクステリアやインテリアの造形が流線型になっていることが特徴です。

RX-7のアイコンでもあるリトラクタブル・ヘッドライトは、生産が終了する2003年まで装着され続け、日本車最後のリトラクタブル・ヘッドライト採用車となりました。

窓枠の付け根にあるドアハンドル

マツダ RX-7(FD型)のドアハンドルは、ブラックアウトされている窓の後端付け根に存在しています。ドアにハンドルの出っ張りがなく、滑らかなボディラインを邪魔することがありません。また、立ったままでも自然と手の届く位置にあるため、見た目と使い勝手を両立したデザインなのです。

マツダ RX-7(FD型)の中古車相場

■中古車掲載台数:82台

■中古車相場:204万円~797万円(応相談含む)

※中古車掲載台数および相場は、2020年10月24日時点のデータ

ホンダ/NSX
ホンダ NSXカタログを見る
新車価格:
2,420万円2,420万円
中古価格:
700万円2,599万円
マツダ/RX-7
マツダ RX-7カタログを見る
新車価格:
324.3万円439.8万円
中古価格:
262.8万円877万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ふきや
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

ホンダ NSXの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ NSXのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ NSXの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ NSXの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ NSXのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる