ホンダ 軽自動車 ラインナップまとめ【I LOVE 軽カー】

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
「軽自動車」それは、日本独自の規格の中で成長してきた小さな自動車。限られた規格の中で生み出されたその車体には、日本人の英知が凝縮されています。現在では「トール系」「ハイト系」「スーパーハイト系」「セダン」「SUV」など、その枠の中に多様なモデルが存在します。ここでは、そんな人々の生活を支える軽自動車にフォーカスしてお届け! 今回は、「ホンダ」の軽ラインナップまとめ紹介です!
目次[開く][閉じる]
  1. あたらしい日本ののりもの
  2. スーパーハイトワゴン系
  3. ハイトワゴン系
  4. スポーツ系
  5. バン(商用車)系
  6. 毎週木曜日はI LOVE 軽カー

▼前回は「ダイハツ」の軽ラインナップまとめを紹介!▼

あたらしい日本ののりもの

2019年度では、ダイハツ、スズキに次ぐ第3位の19.3%の軽自動車シェアをマークしたホンダ。

ホンダの軽自動車は、人を中心としたクルマづくりのための「MM(マン・マキシマム、メカ・ミニマム)思想」が詰まった「Nシリーズ」が展開されています。

今回は、そんなホンダの軽自動車の特長と違いをボディスタイル別のジャンルに分けてまとめてみました!

スーパーハイトワゴン系

N-BOX

>>2019年に日本で最も売れた軽自動車N-BOXをもっと画像でチェック

2011年12月、日本のスタンダードをつくっていくとして「Nシリーズ」の先陣を切って登場した初代モデル発売以降、軽自動車、登録車関わらずホンダのベストセラーとなっているモデル。

2017年9月にフルモデルチェンジを行った現行(2代目)N-BOXは、軽乗用車最大級の室内空間や存在感のあるデザインに加え、全タイプに標準装備とした先進の安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」や、優れた走行性能・燃費性能が高い人気を得ています。

▼N-BOXをもっと詳しく知りたい方へ!▼

ハイトワゴン系

N-WGN

>>上級車顔負けの最新技術を全部乗せたN-WGNをもっと画像でチェック

2019年7月に登場した現行(2代目)N-WGNは、“Nのある豊かな生活”というNシリーズのコンセプトのもと、より日常での使い勝手の良さや安全性能を刷新。

ホンダの安全運転支援システムであるホンダ センシングを全グレードで標準装備。衝突軽減ブレーキに軽自動車で初採用となる、横断する自転車や夜間の歩行者に対応する機能を追加するなど、高い安全性能を備えたモデルです。

▼N-WGNをもっと詳しく知りたい方へ!▼

スポーツ系

S660

>>ホンダの誇る2シーターオープンモデル「S660」もっと画像でチェック

2013年の「東京モーターショー2013」で公開された「S660 CONCEPT」をモチーフにし、より上質感のある仕上がりとなって2015年4月に登場した2シーターオープンスポーツモデル。

見て楽しい、乗って楽しい、あらゆる場面でいつでもワクワクする、心が昂ぶる本格スポーツカーを追求し、「Heart Beat Sport」をキーワードに、ホンダらしい「走る喜び」の実現を目指して開発されました。

スポーツカーの醍醐味である、曲がる楽しさを最大限に体感できるよう、高い旋回性能にこだわり、ミッドシップエンジン・リアドライブ(MR)レイアウトを採用。低重心と理想的な前後重量配分である45:55を実現しています。

▼S660をもっと詳しく知りたい方へ!▼

バン(商用車)系

N-VAN

>>ホンダの人気軽バンN-VANをもっと画像でチェック

2018年7月にデビューしたN-BOXベースの軽バンモデル。

主に商用ユースを想定しており、軽自動車のボディサイズ枠を最大限駆使した積載量、そして荷物の積み下ろしを容易にする助手席側のピラーレスドアが大きな特徴です。

自転車や小型バイクを積めるほか、フラットなフロアは車中泊にも適しているので、商用に限らずアクティブ派のユーザーにもおすすめの一台です。

▼N-VANをもっと詳しく知りたい方へ!▼

毎週木曜日はI LOVE 軽カー

このコーナーでは、日本独自の規格の中で成長してきた軽自動車についてアレコレ紹介していきます!

次の更新は5月7日(木)。 来週もお楽しみにー!

▼I LOVE 軽カー 関連記事

ホンダ/N-BOX
ホンダ N-BOXカタログを見る
新車価格:
134万円231.7万円
中古価格:
25万円268.3万円
ホンダ/N-WGN
ホンダ N-WGNカタログを見る
新車価格:
122.7万円182.7万円
中古価格:
20万円219万円
ホンダ/N-VAN
ホンダ N-VANカタログを見る
新車価格:
122万円183.3万円
中古価格:
87.7万円249.8万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... きたの風茶寮
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

ホンダ N-BOXの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ N-BOXのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ N-BOXの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ N-BOXの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ N-BOXのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる