autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ホンダ S660 公道試乗レポート/嶋田智之

試乗レポート 2015/4/14 18:15

ホンダ S660 公道試乗レポート/嶋田智之(1/5)

関連: ホンダ S660 Text: 嶋田 智之 Photo: 茂呂幸正
ホンダ S660 公道試乗レポート/嶋田智之

S660にいち早く試乗!街中やワインディングロードなど、様々な場面を試す

ホンダ S660

日本中から──いや、世界中から、だね──

大注目を浴びている「ホンダ S660」が、いよいよストリートを走りはじめた。ラッキーなことに、僕はいち早くそのステアリングを握ることができた。

街中4割、海岸沿い3割、ワインディングロード3割ぐらいだっただろうか。とにかく、まぁ言ってみればほとんど日常的な領域での試乗で、わずかな時間を除けばスポーツカーに相応しいような走らせ方をすることのできないシチュエーション。

──さて、どうだっただろうか?

ホンダ S660

これは単純な事実としての前振りみたいなものだけど、僕は自動車ライターの中ではちょっと変わった立ち位置にいるようで、ちょっとばかりマニアックなクルマやスポーツカーをメインディッシュに据えた自動車雑誌やスーパーカー専門誌の編集者だった前職の流れから、今もオファーをいただく仕事のほとんどが古今東西のスポーツモデルだったりする。

500psだ600psだ700psだという、その一点だけ抜き出しても刺激のきついモデルに触れるのも珍しいことではない。1500万円だ2000万円だ3000万円だなんていう僕も含めた多くの人にとって“夢”の範疇にあるようなクルマを転がすことも、“世界の名車図鑑”みたいな本に登場するような貴重なクルマを走らせることも、少なからずある。

ああ、なんて(自分が偉いわけでも凄いわけでもないのに)偉そうなモノの言い方!そして、ああ、なんて(これは心から感謝しながらなのだけど)幸福にして贅沢な身の上!

まさか、“たった64psのスポーツカー”にここまで感激させられるなんて・・・

ホンダ S660

だけど僕は、このたった64psのちっぽけなスポーツカーに、感激させられちゃったのだ。それもかなり強く。

プロトタイプをサーキットで試乗した同業の皆さんの声からある程度は身構えていたけれど、これほど嬉しい気持ちになるとまでは思ってなかった。自分自身でも意外だったほど。

そう、スポーツカーは馬力じゃない。得られるスピードの多寡じゃない。ドライブしていてどれだけ楽しくなれるか、気持ちよくなれるか。それこそが最も重要なのだ。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

ホンダ S660 の関連編集記事

ホンダ S660の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ S660 の関連編集記事をもっと見る

ホンダ S660 の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR