遊んだ人の勝ち! 誰もを魅了した軽オープンカー「ホンダ ビート」

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
「軽自動車」それは、日本独自の規格の中で成長してきた小さな自動車だ。限られた規格の中で生み出されたその車体には、日本人の英知が凝縮されている。「トール系」「ハイト系」「スーパーハイト系」「セダン」「SUV」などなど、現在ではその枠の中に多様なモデルが登場している。ここでは、そんな人々の生活を支える軽自動車にフォーカスしてお届けする。今回は、ミッドシップ・アミューズメントとして登場した「ホンダ ビート」のお話。
目次[開く][閉じる]
  1. 所謂“スポーツカー”とは呼べなかった時代
  2. 実はS660とサイズ感はあまり変わらない
  3. 高回転で発揮するいかにもホンダらしいエンジン
  4. こんなに人を楽しませてくれるモデルは大変貴重
  5. 次回予告☆
ビートの最新自動車ニュース&記事

所謂“スポーツカー”とは呼べなかった時代

今でこそ、スポーティなモデルやSUVルックなモデルなど多様な車種が存在する軽自動車ですが、当時はまだ趣味性の高いモデルは少ない時代でした。

そんな中、1991年5月に登場したのが「ホンダ ビート」です。当時、軽スポーツカーで競合車種であったマツダ AZ-1、スズキ カプチーノの頭文字を合わせて「平成ABCトリオ」なんて呼ばれたりもします。ビートはこのトリオの中でダントツで多い3万3892台が1996年までに生産されました。

そんなビート、当時は所謂“スポーツカー”とは呼ばれず、「2シーターミッドシップオープンカー」と呼ばれていました。当時、運輸省(現在の国土交通省)がクルマの急速な高性能化に目を光らせていたこともあり、小さくて安価な車種には「スポーツカー」という表現を使いにくい雰囲気があったのです。また、1990年には「NSX」が発売されており、軽自動車のビートは「街乗り」に焦点が当てられていたこともその理由の一つとされています。

実はS660とサイズ感はあまり変わらない

1998年に軽自動車規格が変更される前のモデルゆえ、現在の軽自動車規格よりさらにコンパクトで可愛らしいイメージのビート。

実は、ボディサイズは全長3295mm×全幅1395mm×全高1175mmと、現行の「2シーターオープンスポーツ」であるS660のサイズ(全長3395mm×全幅1475mm×全高1180mm)と、そこまで大きな差はありません。ホイールベースだって、ビートが2280mmでS660が2285mmだし。

ビートはオーバーハングが短く抑えられており、当時のクルマでは引き締まり感がありました。今だって外観には古さを感じにくいと思います。

高回転で発揮するいかにもホンダらしいエンジン

見た目は可愛らしさもあるビートですが、軽自動車に初採用されたミッドシップレイアウトの直列3気筒SOHCのエンジンは、軽自動車の自主規制上限の64PSを8100rpmという高回転で発揮するいかにもホンダらしいエンジンでした。トランスミッションはもちろんATの設定などなく、吹き上がりは鋭く、5速MTを駆使する感じがファンを魅了しました。

こんなに人を楽しませてくれるモデルは大変貴重

1996年の軽自動車規格変更や、そのころ生まれたRVブームなどにより、それまで堅調だったビートの販売台数は大きく落ち込んでしまいました。そして軽自動車規格の変更に合わせてモデルチェンジさせることなく、惜しまれながらもビートは一代限りで生産終了となりました。

しかし、その後もファンからの熱い支持は変わることなく、ついには2017年、ホンダからも「ビートをより長く楽しんでいただきたい」という想いのもと、ビートの一部純正部品の生産が再開されました。

また、現行のS660は純粋にビートの後継モデルとは謳われていませんが、確実にビートのコンセプト・魂を継承し、登場したことには間違いありません。

実用性重視で、趣味性を求められることが少なくなってきている昨今、こんなに人を楽しませてくれるモデルは大変貴重なことだなと考えさせてくれる1台なのでした。

次回予告☆

このコーナーでは、日本独自の規格の中で成長してきた軽自動車についてアレコレ掘り下げていきます!

次の更新は4月2日(木)。 来週もお楽しみにー!

最後まで読んで頂いた方には超豪華な旅館宿泊のチャンス!

2019年12月17日からMOTAにてリリースされた「ドライブ/宿」企画。

今回は、MOTA厳選宿公開記念として、1組2名さまに抽選で当たる宿泊券プレゼントキャンペーンを実施します。

応募条件は、以下のページからMOTAのメールマガジンに会員登録し、当キャンペーンに応募するだけ。

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この機会に是非ご応募ください! 中には1泊10万円以上の宿も…!?

どんな宿があるかは、ページ上部右端の「ドライブ/宿」ページで見れるので要チェック!

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

ホンダ/ビート
ホンダ ビートカタログを見る
新車価格:
152.7万円152.7万円
中古価格:
39万円218万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 柳生の庄
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

ホンダ ビートの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ ビートのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ ビートの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ ビートの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ ビートのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる