見よ! モニターだらけのインパネを! ホンダのEV「Honda e(ホンダ・イー)」がむっちゃよさげだ!

画像ギャラリーはこちら
いよいよEVが僕らの身近にやってくる! そう思わせる魅力的なEV(電気自動車)が登場します。ホンダの新しい都市型コミューター「Honda e(ホンダ・イー)」。今回はインパクト大なインテリアについてご紹介していきましょう。

モニターだらけ! むっちゃよさげなHonda eの内装を画像でサクッとチェック!

ワクワクが止まらない! インパクト大なワイドビジョンインパネ

2020年中に市販を予定するホンダの都市型コミューター、Honda e(ホンダ・イー)。

前回はそのHonda eの概要と、ゆるキャラみたいに愛らしいエクステリアデザインについてお伝えしましたが、今回は外観にも増してインパクト大なホンダ eのインテリアについてご紹介していきます!

圧巻のワイドスクリーン Honda コネクトディスプレイ

どうです、このインパネ!

ベースとなる水平基調のシンプルなインパネ形状自体は、ちょっと昭和の時代のホンダ車を彷彿とさせます。しかしその上に載る2画面の大型タッチパネルモニター「ワイドスクリーン Honda コネクトディスプレイ」は圧巻の一言!

このモニターを使ってどんな新しい体験が出来るんだろうと考えるだけで、もうワクワクが止まりません。

サイドカメラミラーシステムも違和感なく収まる

ワイドスクリーン Honda コネクトディスプレーでは、先進の音声認識機能「Honda パーソナル アシスタント」を採用するなど、コネクテッド技術にも抜かりはありません。

そして、ドアミラーに代わり採用された左右の「サイドカメラミラーシステム」も、ワイドディスプレイと違和感なく並んでいるのがわかります。

新しい電気自動車である以上に、新しい未来を感じさせてくれる乗り物…Honda eは、ホンダらしさ満載の楽しげなクルマになっていました。

あれこれ触ってみたくなる、楽しげなインテリア

クルマの室内灯って、通常は屋根にある照明部にスイッチがあります。それって当たり前のこと? Honda eではそうした常識も見直されました。家の照明スイッチだって壁にあるんだから、と、ピラー(柱部)にスイッチがついたのです。

逆に今までなんでここについていなかったのか? と思ってしまうくらい違和感がないのも面白いところです。

早く街で乗ってみたくなる1台

コンパクトなボディサイズですが、室内は必要十分な空間を確保しています。新型フィットやN-BOX、N-WGNなどとも共通する、肩ひじ張らないナチュラルな雰囲気が居心地よさげです。

このようにHonda eのインテリアには、アイコニックな外観に負けない強い個性が隠されていました。

実際に街で乗って、車内をあれこれ触れてみるのが今から楽しみな1台です。

[筆者:トクダ トオル(MOTA編集部)/撮影:土屋 勇人]

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。

鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし!

簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2018年春より編集長に就任。読者の皆様にクルマ選びの楽しさを伝えるべく日夜奮闘中!記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 古屋旅館
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

ホンダ Honda eの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ Honda eのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ Honda eの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ Honda eの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ Honda eのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる