【解説】ホンダ 新型ハイブリッドセダン「グレイス」/渡辺陽一郎(1/2)

【解説】ホンダ 新型ハイブリッドセダン「グレイス」/渡辺陽一郎
ホンダ 新型ハイブリッドセダン「グレイス」EX(FF/ボディカラー:プレミアムディープロッソ・パール) ホンダ 新型ハイブリッドセダン「グレイス」EX(FF/ボディカラー:プレミアムディープロッソ・パール) ホンダ 新型ハイブリッドセダン「グレイス」EX(FF/ボディカラー:プレミアムディープロッソ・パール) ホンダ 新型ハイブリッドセダン「グレイス」EX(FF/ボディカラー:プレミアムディープロッソ・パール) 画像ギャラリーはこちら

激減した5ナンバーセダンへ、ホンダが新型車を投入

「セダンがサッパリ売れない」と嘆くメーカーの関係者は多いが、これは当然の結果ともいえるだろう。

1989年、税制改正で3ナンバー車の不利が撤廃されると、各メーカーはワイドボディの海外向けセダンを国内にも投入するようになった。開発と生産は合理的になったが、日本のユーザーは取りまわし性に不満を感じた上に、海外向けのためデザインセンスなども日本市場とは合致しない。結果、セダンは売れ行きを下げた。個人的には、日本におけるセダンの商品力は25年前に比べて低下しているように思える。

ホンダ 新型ハイブリッドセダン「グレイス」EX(FF/ボディカラー:プレミアムディープロッソ・パール)ホンダ 新型ハイブリッドセダン「グレイス」EX(FF/ボディカラー:プレミアムディープロッソ・パール)

そして今や5ナンバーサイズのセダンは、タクシーなどの旅客運送事業用を除くとたったの「4車種」しか無くなってしまった。この状況を鑑みると、2014年12月1日に発表されたホンダの新型セダン「グレイス」は大いに歓迎されそうだ。

グレイスはコンパクトな5ナンバーサイズの4ドアセダンで、ハイブリッドを搭載。国内市場に適したサイズの貴重なセダンだろう。

まずはボディサイズから。全長が4,440mmで全幅は1,695mm。全長は「トヨタ カローラアクシオ」よりも80mm、「日産 ラティオ」より15mm長く、全幅はカローラアクシオやラティオと同じ値で5ナンバーサイズに収まる。ホイールベースは2,600mmで、これも全幅と同様に2車と同じ値だ。

全高は1,475mm(FF)と、カローラアクシオより15mm高いがラティオに比べれば20mm低い。コンパクトセダンの中心的なサイズに収められている。

フィットとの共通部分が多く見られるエクステリアとインテリア

ホンダ 新型ハイブリッドセダン「グレイス」EX(FF/ボディカラー:プレミアムディープロッソ・パール)ホンダ 新型ハイブリッドセダン「グレイス」EX(FF/ボディカラー:プレミアムディープロッソ・パール)

外観については、フロントマスクは昨今のホンダ車に共通するデザインで、印象としてはややフィットに似ている。また、リアウィンドウの角度が寝かされ、トランクフードが短く見える。ちなみに、プラットフォームはフィットと基本的に同様だ。

サスペンションも、フロント側がストラットの独立式で、リア側は2WDがトーションビーム4WDはド・ディオンアクスルの車軸式とフィットの形式を踏襲。ショックアブソーバーもフィットと同じく、入力分離式マウントが採用されている。

ただし、グレイスはセダンとしての快適な乗り心地を実現するため、足まわりのチューニングが独自に行われている。さらに、ホイールベースはグレイスの2,600mmに対しフィットは2,530mmと、グレイスが70mm拡大されている。

ホンダ 新型ハイブリッドセダン「グレイス」EX(FF)

インパネのデザインは、フィットハイブリッドに似ている。助手席の前側などは形状が少し異なるが、ATレバーやスイッチ類の配置は同じだ。インパネの中央部分はドライバー側に傾けた。フルオートエアコンはタッチパネル式で、質感もセダンとして満足できる水準に達している。

室内空間は、コンパクトセダンでは広い部類に入る。前述の通り、全高を1,475mmと高めに設定し、ホイールベースも2,600mmまで伸ばしたからだ。特に後席の足元空間はフィットよりも広く、大人4名が快適に乗車できる。

さらに燃料タンクを前席の下に搭載したから、トランクスペースの容量はタップリ。フィットやヴェゼルと違って後席の座面を持ち上げる機能はないが、背もたれを前に倒すと、トランクスペースの床面積をワゴンのように拡大できる。

ホンダ 新型ハイブリッドセダン「グレイス」EX(FF)ホンダ 新型ハイブリッドセダン「グレイス」EX(FF)ホンダ 新型ハイブリッドセダン「グレイス」EX(FF)ホンダ 新型ハイブリッドセダン「グレイス」EX(FF)ホンダ 新型ハイブリッドセダン「グレイス」EX(FF)
1 2 次へ

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... きたの風茶寮

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

ホンダ グレイスの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ グレイスのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ グレイスの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ グレイスの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ グレイスのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる