ホンダ 新型フィット(4代目) 徹底解説 Vol.2|5つの中から最もオススメなグレード(タイプ)をご紹介

画像ギャラリーはこちら
2020年2月14日、ホンダから新型フィットが発売された。昨年秋の東京モーターショーで先行公開された4代目モデルだ。フルモデルチェンジで何が変わったのか。カーライフ・ジャーナリストの渡辺 陽一郎氏が全4回に渡って新型フィットを徹底解説する。第2回目はオススメグレードをズバリご紹介!

>>個性強めな5つのグレード! 新型フィットシリーズを画像で見比べてみる[フォトギャラリー]

目次[開く][閉じる]
  1. 1.3とe:HEV(ハイブリッド)、実質的な価格差は約32万円
  2. モトを取るのは難しいが…ハイブリッドを選ぶ利点は他にも
  3. 最もオススメなのはどれ!? 新型フィット、5つのタイプを比較
  4. 【動画】ホンダ 新型フィットe:HEV HOME 公道試乗

1.3とe:HEV(ハイブリッド)、実質的な価格差は約32万円

ホンダ 新型フィットのグレードを選ぶ時は、まず1.3リッターガソリンエンジン(ノーマル)か、e:HEV(イー・エッチイーブイ:ハイブリッド)かを決める必要がある。

※ハイブリッド&1.3リッターガソリンエンジンの違いなど、詳細は後日Vol.4で徹底解説するので要チェック!

ハイブリッドモデルe:HEVの価格は、大半のグレードでノーマルエンジン(1.3リッターガソリン)に比べて34.98万円高い。購入時に納める環境性能割と自動車重量税の合計額は、ホーム同士の比較でe:HEVが3.08万円安いため、実質差額は約32万円だ。

ホンダ/フィット
ホンダ フィットカタログを見る
新車価格:
155.8万円253.7万円
中古価格:
6.5万円291万円

モトを取るのは難しいが…ハイブリッドを選ぶ利点は他にも

そこで実用燃費をWLTCモード、レギュラーガソリン価格を1L当たり150円と想定し、新型フィットの概算コストを出してみよう。

ノーマルの1.3リッターガソリンエンジン(WLTCモード燃費は20.2km/L)の走行コストは1km当たり7.4円。対するハイブリッドのe:HEV(28.8km/L)は5.2円だ。

e:HEVが燃料代の節約でガソリンモデルとの実質価格差を取り戻せるのは、14~15万kmを走った頃ということになる。

ノーマルのガソリンエンジンも燃費が良いため、価格差のモトを取り戻すのは困難だ。しかしe:HEVは動力性能が高く、加速も滑らかで静粛性も優れている。

予算に余裕があり、高速道路を使った長距離移動の機会が多いのであれば、性能や機能の面からe:HEVも検討してはいかがだろうか。

最もオススメなのはどれ!? 新型フィット、5つのタイプを比較

5つに分かれるグレード選びは、好みに応じて決めれば良い。

その中で迷ったらまずおススメしたいのはHOME(ホーム)だ。

Vol.1「5つのグレード(タイプ)の特徴を分析!」はこちらから

ホームの1.3リッターガソリンエンジン車の価格は171.82万円で、ベーシックに比べると16.6万円高いが、オプションのフルLEDヘッドライト(7.15万円)が標準装着され、エアコンもフルオートタイプになり、シート生地も上級化する。また、満足感は価格差以上に高い。

そして1.3リッターのホームにオプションのアルミホイール(6.6万円)とホンダコネクト&ナビ装着用パッケージ(4.95万円)を加えると183.37万円になる。

キャラの立った多彩なグレードの中から選ぶ楽しさ

これらの装備をもとから標準装着する1.3リッターのNESS(ネス)が187万7700円、CROSSTAR(クロスター)は193万8200円、LUXE(リュクス)が197万7800円だから、ホームとの価格差は意外に小さい。特にSUV風のクロスターとプレミアム感覚のリュクスは、魅力のある個性派グレードだ。

各グレードは、上下ではなく並列の関係にあるので、好みに応じて選び分けられる。新型フィットは従来と同様、実用的なコンパクトカーだが、さらに個性的なグレードを揃え、選ぶ楽しさを増したことが注目される。

[筆者:渡辺 陽一郎/撮影:茂呂 幸正・Honda]

【動画】ホンダ 新型フィットe:HEV HOME 公道試乗

VOL.3は新型フィットの特徴的なデザインとパッケージング・居住性を徹底分析!

Vol.4はハイブリッド(e:HEV)と1.3リッターガソリンの違いを分析!

ホンダ フィット e:HEV クロスター / ホンダ フィット ホーム 主要スペック比較
車種名フィットフィット
グレード名e:HEV クロスターホーム
価格(消費税込み)229万円172万円
全長×全幅×全高4090mm×1725mm×1545mm3995mm×1695mm×1515mm
ホイールベース2530mm2530mm
駆動方式FFFF
車両重量1200kg1090kg
乗車定員5名5名
エンジン種類直列 4気筒 DOHC直列 4気筒 DOHC
総排気量1496cc1317cc
エンジン最高出力72kW(98PS)/6400rpm72kW(98PS)/6000rpm
エンジン最大トルク127Nm(13kg・m)/4500rpm118Nm(12kg・m)/5000rpm
トランスミッション電気式無段変速機CVT(無段変速オートマチック)
使用燃料レギュラーレギュラー
燃料消費率(JC08モード燃費)34.6km/L22.8km/L
燃料消費率(WLTCモード燃費)27.2km/L20.2km/L
燃料消費率
(WLTC:市街地/郊外/高速道路モード)
27.0km/L/29.7km/L/25.8km/L15.5km/L/21.0m/L/22.6km/L
タイヤサイズ185/60R16185/60R15

最後まで読んで頂いた方には超豪華な旅館宿泊のチャンス!

2019年12月17日からMOTAにてリリースされた「ドライブ/宿」企画。

今回は、MOTA厳選宿公開記念として、1組2名さまに抽選で当たる宿泊券プレゼントキャンペーンを実施します。

応募条件は、以下のページからMOTAのメールマガジンに会員登録し、当キャンペーンに応募するだけ。

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この機会に是非ご応募ください! 中には1泊10万円以上の宿も…!?

どんな宿があるかは、ページ上部右端の「ドライブ/宿」ページで見れるので要チェック!

豪華宿泊券プレゼントキャンペーンのご応募はコチラ

この記事の画像ギャラリーはこちら
渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... LUXURY和HOTEL 風の薫
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

ホンダ フィットの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ フィットのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ フィットの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ フィットの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ フィットのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる