新型シビックは内装こそ必見! シンプルなのにカッコ良くしかも上質なインパネデザインをチェック

画像ギャラリーはこちら
ホンダを代表するハッチバック車「シビック」の11代目となる新型モデルが、2021年9月3日より発売を開始した。水平基調かつ低重心なフォルムに刷新された外装デザインが早くも話題だが、注目したいのは内装だ。外装同様にシンプルながら、凝ったディテールにより質感も高い。そんな新型シビックの印象的なインテリアについて紹介しよう。
目次[開く][閉じる]
  1. シンプルなのに凝っていて、しかも質感が高い! 見れば見るほど発見がある新型シビックの内装
  2. メーターは全面カラー液晶パネル化で多彩なメーターデザインが楽しめるぞ!
  3. MT車とCVT車で異なるシフト周りのデザイン! カップホルダーとシフトを並列にレイアウトした珍しいデザインだ

シンプルなのに凝っていて、しかも質感が高い! 見れば見るほど発見がある新型シビックの内装

新型シビックの内装は至ってシンプル。だからといって簡素という訳ではないのが面白い。面の角度や繊細な曲率の変化を研ぎ澄ませることで、質感を高めたのだという。

また前方の視界も良好。ピラー(柱)の位置は先代のシビックよりも50mm後退させ水平視野角を拡大。さらにボンネット左右の高さも先代比25mmダウンさせ、すっきりした外観にするとともに、運転席からの左右の視界を大幅に向上させている。

いっぽうで、凝ったディテールにも注目したい。インパネ中央から助手席側にまっすぐ繋がるハニカムパターン。これはパンチングメタルによるエアコン吹き出し口デザインがそのまま連続している。

吹き出し口の方向を調整するフィンは内蔵されていて、金属の調整棒(アウトレットノブ)で角度を合わせる仕掛け。思わず自慢したくなるような、カッコいい内装デザインだ。

メーターは全面カラー液晶パネル化で多彩なメーターデザインが楽しめるぞ!

新型シビックの上級グレード「EX」には、シビックで初となる全面液晶パネル、10.2インチのフルグラフィックメーターが採用された。

なじみやすい2眼レイアウトに加え、2眼のスピードメーターとタコメーターを非表示にしてしまうシンプルモードも選択可能。未来の自動運転時代を想わせる大胆なグラフィック表現に驚かされる。

メーターパネルのレイアウト変更は、ステアリング上のスイッチ操作で簡単に出来る。

MT車とCVT車で異なるシフト周りのデザイン! カップホルダーとシフトを並列にレイアウトした珍しいデザインだ

実はMT車とCVT車でシフト周りのデザインが異なっている。特に注目はCVT車だ。限られたスペースの中で、場所の奪い合いとなるドリンクホルダーのスペースだが、新型シビックではなんとシフトレバーと並列で配置させた。車幅の大きなSUVなどでは採用例もあるが、シビッククラスではなかなか見ないレイアウトだ。

このように、ディテールに至るまで凝ったデザインを採用した新型シビック。ディーラーに訪れた際には、このこだわりの内装にも注目して欲しい。

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:佐藤 正巳・Honda]

ホンダ/シビック
ホンダ シビックカタログを見る
新車価格:
319万円354万円
中古価格:
44.6万円480万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブやキャンプを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから15年余りが経過。乗り換えに悩むユーザーの目線に立った平易なコンテンツ作りを常に意識し続けている。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... ABBA RESORTS IZU - 坐漁荘

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

ホンダ シビックの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ シビックのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ シビックの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ シビックの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ シビックのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる