新車の「トヨタ ライズ ハイブリッド」購入予算200万円台前半で、ワイルドなコンパクトSUV「レネゲード」を買う選択肢もアリだ![どっち買う!?]

画像ギャラリーはこちら
乗りやすいコンパクトなボディに高い実用性と安全性を備え、高い人気を誇るコンパクトSUV「トヨタ ライズ」。その強さをさらに補完するかのように、2021年11月にハイブリッド版が追加された。ハイブリッドカーでありながら、216万3000円〜232万8000円というリーズナブルな価格を実現したことも話題となっている。されど200万円オーバー。新車を買うには安いが、決して少ない金額ではない。いろいろな選択肢が思い浮かぶのは、中古車が好きで、数多く乗り継いできた筆者だけだろうか。ライズハイブリッドの購入額で、同じSUVでもまったく違う世界を見せてくれる車種を買ってみる、というのも楽しそうだ。

そこで今回は、世界に名だたるアメリカンSUVブランド「Jeep(ジープ)」から、末弟のコンパクトSUV「レネゲード」をチョイス。ライズハイブリッドの購入額で買えるのか、調べてみた!

目次[開く][閉じる]
  1. ジープのワイルドなイメージを押し出したコンパクトSUV「ジープ レネゲード」
  2. 「ジープ レネゲード」を5年落ち・走行5万キロ以下・200〜250万円以内で検索!
  3. 2.4リッターエンジン+4WDの「トレイルホーク」も射程内に
  4. まったく違う日常を演出する「ジープ」というブランドの魔力

ジープのワイルドなイメージを押し出したコンパクトSUV「ジープ レネゲード」

ジープといえば、軍用四輪駆動車「ウィリス MB型」をルーツに持つことはよく知られている。戦後になって、農耕やレジャー需要に応じた “民生版“や、ステーションワゴン型ボディを乗せた「ワゴニア」「チェロキー」などを次々と輩出していった。ジープブランドは、当初のウィリスからAMC(アメリカン・モーターズ・コーポレーション)を経て、現在はクライスラー(ステランティス)が所有していることも、付記しておきたい。

「レネゲード」は、こちらもステランティスの一員であるフィアットとの共同開発により、2015年から発売を開始したSUVで、歴代のジープモデルでは、例外とも言えるコンパクトなモデルだ。MB型のエッセンスを随所に散りばめたデザインは、ジープ・ブランド伝統の「タフ」「ワイルド」なイメージを継承する。正反対とも言える丸っこいデザインの「フィアット500X」とは、メカニズムを共用する兄弟車なのは面白い。

「ジープ レネゲード」を5年落ち・走行5万キロ以下・200〜250万円以内で検索!

価格は、ライズハイブリッドが購入できる新車販売価格帯の200〜250万円に設定した。余談だが、プレミアがついて新車価格以上(244万円)で販売されているライズハイブリッドの中古車もあった。

当初は、年式は3年落ち・走行距離は3万キロで検索したが、12台しかヒットしなかったため、対象幅を緩め、各5年・5万キロとした。

走行距離5万キロ以内、2016年式までの「ジープ レネゲード」の中古車を検索!

▼中古車検索条件▼

・メーカー車名: ジープ レネゲード

・モデル:2015年モデル

・年式:平成28(2016)年~令和3(2021)年

・走行距離:~最大5万キロまで

・価格帯:200〜250万円

・修復歴:なし

(2021年11月19日現在 MOTA調べ)

2.4リッターエンジン+4WDの「トレイルホーク」も射程内に

上記の条件で検索したところ、29台のジープ レネゲードが表示された。(2021年9月10日現在 MOTA調べ)

レネゲードの基本的なグレード展開は、エントリーグレードの「ロンジチュード」(2015年の国内登場時は「オープニングエディション」)、ラグジュアリーさを増した「リミテッド」、そしてジープらしい逞しさを強調した「トレイルホーク」を設定する。

基本的にはフィアット製1.4L直4ターボ(151ps)+6段デュアルクラッチトランスミッション+FFという構成で、トレイルホークのみ、クライスラー開発の2.4L直4(179ps)+9速AT+オンデマンド式4WDを採用していた。さらにトレイルホークでは、39km/h以下の低速走行で威力を発揮する「アクティブドライブロー」、走行モードが切り替えられる「セレクテレインシステム」、急坂で車速を自動制御する「ヒルディセントコントロール」など、悪路走破に向いた装備を搭載する。

2021年11月現在では、エンジンラインナップに変更があり、純エンジン車はすべて1.3L直4ターボに統一。ハイブリッド版の「4xe(フォー・バイ・イー)も追加されている。

サーチされた29台の内容を見てみると、年式はおおむね2016〜2017年が占め、グレード別では、最多がオンロード志向・装備充実のリミテッドで16台。次がエントリーグレードのロンジチュード&オープニングエディションが7台、そしてトレイルホークが6台だった。

人気色やオプション装着の有無などもあり、一概に価格は比較できないが、オフロード走行もこなせるトレイルホークが高価格寄りかというとそうでもなく、220万円台から販売されている。

まったく違う日常を演出する「ジープ」というブランドの魔力

ライズハイブリッドを買おうと思っていたのに、見るからにアウトドアやアクティビティに連れ出したら楽しそうな(&カッコイイって思われそうな)レネゲードが、それに近しい価格で買えると知ったら、後者が急に気になってくる人もいるのではなかろうか。レネゲードが放つワクワク感は、見るものを虜にする力があるのだ。買ったら、これまでと違った日常がやってくる気がする……というのがSUVの魅力だが、ジープブランドには、特にそのパワーが強いと思うのである。

しかも、トレイルホークは見るからにワイルドで、悪路にも強い。もはやSUV=4WDという時代ではないが、やはりジープ・ブランドに求めるのは、タフ&ワイルドという面は否定できないだろう。ただし燃費はJC08モードで10.4km/Lと、決して良くはないので、こうなるともはや、ライズハイブリッドの美点である燃費の良さや、かつてのリッターカー的な気軽さで乗れるライズを選ぶ理由から、大きく逸脱してしまっているのは確か(笑)。

でもそれも、クルマ選びの面白さ、中古車選びの(嬉しい)悩ましさなのだ。クルマは人生を変えるツールになる可能性がある。レネゲードを買ったら、その扉が開くのかもしれない。

[筆者:遠藤 イヅル/撮影:小林 岳夫・FCAジャパン]

ジープ/レネゲード
ジープ レネゲードカタログを見る
新車価格:
308万円515万円
中古価格:
157.6万円510.3万円

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
遠藤 イヅル
筆者遠藤 イヅル

1971年生まれ。カーデザイン専門学校を卒業後、メーカー系レース部門にデザイナーとして在籍。その後会社員デザイナーとして働き、イラストレーター/ライターへ。とくに、本国では売れたのに日本ではほとんど見ることの出来ない実用車に興奮する。20年で所有した17台のうち、フランス車は11台。おふらんすかぶれ。おまけにディープな鉄ちゃん。 [遠藤イヅルFacebookページ] http://www.facebook.com/endoizuru記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 那須別邸 回

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

ジープ レネゲードの最新自動車ニュース/記事

ジープのカタログ情報 ジープ レネゲードのカタログ情報 ジープの中古車検索 ジープ レネゲードの中古車検索 ジープの記事一覧 ジープ レネゲードの記事一覧 ジープのニュース一覧 ジープ レネゲードのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる