どっち買う!? 新車のSUV「ヴェゼル」購入予算200万円台なら、3年落ちの輸入コンパクトSUV「BMW X2」も狙える!

  • 筆者: 遠藤 イヅル
  • カメラマン:茂呂 幸正・ビーエムダブリュー・MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
大人気のSUVは、もはや一過性のブームではないのはご存知の通り。販売の主流となってから長く時間も経っており、世代交代も続々と進んでいる。2013年に登場し、国産SUV市場で何度も販売台数No.1を記録した大ヒットSUV「ホンダ ヴェゼル」も、2021年にフルモデルチェンジを行なった。そのヴェゼルは、227万円のガソリンエンジン「G」(FF)から、329万円のハイブリッド車(e:HEV)の「PLaY」(FF)までを用意。装備充実で売れ筋の「e:HEV Z」(FF)は289万円である。一方この予算だと、輸入コンパクトSUV「BMW X2」の中古車も、3年落ち・低走行で十分に射程距離に入ってくるのだ。

憧れの輸入車ブランドのクルマが、思いの外リーズナブルに手に入るとしたら……あなたならどっちを選ぶ!?

>>BMWのクーペSUVが3年落ちなら200万円台!? BMWX2の内外装を写真で見てみる[画像47枚]

目次[開く][閉じる]
  1. スポーティなクーペ・ルックのコンパクトSUV「BMW X2」
  2. 3年落ち・走行3万キロ以内・上限350万円で132台の「BMW X2」がヒット!2018年モデルでは新規車検付きも数多く流通 
  3. 新車なら500万円台! 192psエンジン・Mスポーツサスを備える「MスポーツX」もチョイス可能
  4. BMW独自の「SAC(スポーツ・アクティビティ・クーペ)」という考えも斬新

スポーティなクーペ・ルックのコンパクトSUV「BMW X2」

かつてはセダンを補完するラインナップというイメージだったBMWのSUV「Xシリーズ」。現在では「X1」から「X7」までが設定されており、もはやBMWの基幹シリーズにまで成長した。

X2は、末弟X1をベースに、よりスポーティな性格を与えられて2018年に登場、同年から国内販売を開始したコンパクトSUVで、ルーフをカットしたようなクーペ・ルックが特徴だ。BMW自らが「伝統と創造性の融合」をうたうだけのことはあり、Cピラーに貼られたエンブレムや、BMW史上初の「逆台形型キドニーグリル」など、デザイン的な見所も多い。

X2のパワートレーンは、X1同様に横置きのFFを基本設計とし、「xDrive」と呼ばれる4WDモデルも設定。エンジンは当初ガソリン版では1.5リッター直3ターボが2種(140ps/192ps)、のみだったが、のちに2リッター直4ターボ(306ps)、2リッター直4デーゼルターボが2種(150ps/190ps)も追加設定された。

3年落ち・走行3万キロ以内・上限350万円で132台の「BMW X2」がヒット!2018年モデルでは新規車検付きも数多く流通 

3年前の2018年から国内販売が始まったBMW X2の中古車は、ちょうど1回目の車検を迎えるタイミングということもあり、新規車検を付けて販売されているクルマも多くみられる。まさに絶好の買い時といえるのだ。そこで、さっそく中古車検索サイトで調べてみることにした。

検索条件は、3年落ち・走行3万キロ以内という設定にしてみた(2021年7月22日現在 MOTA調べ)。

走行距離3万キロ以内、2018年式までの「BMW X2」の中古車を検索!

▼中古車検索条件▼

・メーカー車名:BMW X2(2018年モデル)

・モデル:2018年5月~

・年式:平成30(2018)年~令和3(2021)年

・走行距離:~最大3万キロまで

・価格帯:250万円~350万円

・修復歴:なし

(2021年7月22日現在 MOTA調べ)

BMW/X2
BMW X2カタログを見る
新車価格:
451万円701万円
中古価格:
272万円551万円

新車なら500万円台! 192psエンジン・Mスポーツサスを備える「MスポーツX」もチョイス可能

上記条件で検索したところ、3年落ち・走行3万キロ以内という検索条件で、さらにヴェゼルの最上位価格帯をカバーする上限350万円以内で、132台の「BMW X2」がヒットした。

気になる内訳では、ベースのガソリンFFモデル「sDrive18i」が268万円を皮切りに、Mスポーツによるハードなサスペンションを持つスポーティモデル「MスポーツX」も購入可能だ。

またディーゼルターボエンジン搭載の18d xDrive MスポーツXも約20台がヒット。ハイブリッドのヴェゼルを探していてロングドライブ派の方なら、高効率なディーゼルは検討の価値ありだ。

MスポーツXには、140psエンジンでFFの「sDrive 18i MスポーツX」と、同じ排気量ながらハイチューンにより192psを絞り出し、さらに4WDを組み合わせる「xDrive20i MスポーツX」がある。ヴェゼルの売れ筋価格帯280万円〜300万円では、「xDrive20i MスポーツX」は12台もヒットする。

エクストリームスポーツからヒントを得たという、スポーツ・オフローダー的な精悍なルックスでハイパワーという、魅力たっぷりの「xDrive20i MスポーツX」の新車価格は531万円(2021年7月22日現在)なので、中古ではとてもお買い得感が高い。

しかもこの中には、BMWの正規輸入ディーラー販売する認定中古車も数多く含まれる。認定中古車なら購入後の保証も充実しているため、初めて輸入車を選ぶというユーザーにも安心である。

BMW独自の「SAC(スポーツ・アクティビティ・クーペ)」という考えも斬新

百花繚乱のSUV市場では、昔ながらの無骨な「四輪駆動車」もあれば、乗用車的感覚が強いクーペスタイルの車種まで千差万別。ひとことでSUVといっても様々なモデルがあるのだ。X1からX7をラインナップするBMWでも、奇数は「「SAV(=スポーツ・アクティビティ・ビークル)」、偶数を「SAC(=スポーツ・アクティビティ・クーペ)」と称して区別している。

BMWのSACはSUVが本来持つ実用性の高さを残しつつ、都会的なクーペのエッセンスを融合したモデルで、一番小さなSACであるX2でも、その要素が十分詰め込まれているのだ。SUVの実用性は欲しい、でもスタイリッシュなクルマが好みで、さらにプレミアム感も欲しいというユーザーには、X2という選択肢は魅力的に映るはずだ。

[筆者:遠藤 イヅル/撮影:茂呂 幸正・ビーエムダブリュー]

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
遠藤 イヅル
筆者遠藤 イヅル

1971年生まれ。カーデザイン専門学校を卒業後、メーカー系レース部門にデザイナーとして在籍。その後会社員デザイナーとして働き、イラストレーター/ライターへ。とくに、本国では売れたのに日本ではほとんど見ることの出来ない実用車に興奮する。20年で所有した17台のうち、フランス車は11台。おふらんすかぶれ。おまけにディープな鉄ちゃん。 [遠藤イヅルFacebookページ] http://www.facebook.com/endoizuru記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 奥湯河原 結唯 -YUI-

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

BMW X2の最新自動車ニュース/記事

BMWのカタログ情報 BMW X2のカタログ情報 BMWの中古車検索 BMW X2の中古車検索 BMWの記事一覧 BMW X2の記事一覧 BMWのニュース一覧 BMW X2のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる