スペシャリティ軽カー 徹底比較(1/4)

スペシャリティ軽カー 徹底比較
スペシャリティ軽カー 徹底比較 フロントスタイル リアスタイル フロントビュー 画像ギャラリーはこちら
スペシャリティ軽カー 徹底比較

スズキから往年のネーミングを与えたセルボが復活した。「セルボ」というネーミングは、もともと2ドアのスポーティなモデルに与えられていた。8年ぶりにその名称が復活し、これで5代目となるセルボは、ワゴンRやアルト系のプラットフォームをベースとするスペシャリティモデルとなった。また、従来のセルボと名の付くモデルと変わって5ドアとなった。一見したところ、先代MRワゴンのコンセプトを継承したと感じられなくもないフォルム。現時点では、このクルマこそセルボを名乗るべきとの思いから名付けられたのであろう。

iは2006年初頭に登場。一躍注目の的となり、今でも話題性にこと欠かない存在である。RJCカー・オブ・ザ・イヤーのほか、あなたが選ぶカー・オブ・ザ・イヤー大賞、グッドデザイン大賞、日本カー・オブ・ザ・イヤー特別賞「Most Advanced Technology」を受賞(軽自動車初)するなどして、ふたたび注目を集めているところ。10月には待望の自然吸気エンジンモデルが追加設定されたこともニュースだ。

ソニカは、ミラをベースに「ツアラー」をコンセプトとして開発されたニューモデル。MAXの後継モデルというよりも、独自のポジショニングについた印象がある。また、走りの評価が抜群に高いことも特徴となっている。

これら3台は、少し価格が高めで、ファーストカーとしても使えるだけの資質を備えるスペシャリティ軽カー。

セルボの復活を機に、数ある軽カーの車種の中でもひときわ異彩を放つ3台を集め、ルックス、走り、インテリア、ユーティリティを多角的にチェック。それぞれの持ち味を検証する。

1 2 3 4 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
岡本 幸一郎
筆者岡本 幸一郎

ビデオ「ベストモータリング」の制作、雑誌編集者を経てモータージャーナリストに転身。新車誌、チューニングカー誌や各種専門誌にて原稿執筆の他、映像制作や携帯コンテンツなどのプロデュースまで各方面にて活動中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... LUXURY和HOTEL 風の薫
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

スズキ セルボの最新自動車ニュース/記事

スズキのカタログ情報 スズキ セルボのカタログ情報 スズキの中古車検索 スズキ セルボの中古車検索 スズキの記事一覧 スズキ セルボの記事一覧 スズキのニュース一覧 スズキ セルボのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる