2020年オートサロン発表のシボレー 新型コルベットはその場で買えた!? 超珍しい試みとは!?

  • 筆者: MOTA編集部 木村 剛大
  • カメラマン:MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
昨年の東京オートサロン2020にて、シボレーの新型コルベットが発表。さらにその場で販売まで行われた。海外の自動車ショーではコンセプトカーを購入できる場合もあるが日本においてはあまり聞かない話だ。そこで今回は、思い切ったイベントを実施したコルベットの当時の販売台数、そして日本と海外で異なるコルベットの車名についてレポートする。
目次[開く][閉じる]
  1. オートサロンの重要度が年々アップ! 今や新車発表の場に
  2. オートサロン会場で販売! 1000万オーバーでも大人気
  3. スーパーカー復権なるか! 約3日間で300台販売

オートサロンの重要度が年々アップ! 今や新車発表の場に

2021年は中止となってしまったが、東京オートサロンは年々自動車メーカーにとって重要度が増している。これまで新型車やコンセプトカーの発表といえば東京モーターショーが基本中の基本。それに対して東京オートサロンは元来カスタムカーの祭典ということもあり、元々は自動車メーカー自身の出展もほとんどなかったのだ。

ところが、ここ10年あまりで一気にその“常識”が変わり、目玉車種の新型モデルをデビューさせるといったケースが増えてきている。じつは今回取り上げる新型コルベットもそんな一台なのだ。

オートサロン会場で販売! 1000万オーバーでも大人気

とはいえ、昨今はオートサロン会場にて新型車を発表するというのは、さほど珍しいモノではなくなっている。でも昨年2020年に発表されたコルベットに至っては様子が大きく違う。そう、その場で購入予約ができたのだ。

アメリカや中国といった国々ではモーターショーのショーモデルをそのままの姿で購入できるなんて話も聞くが、日本ではとても珍しい試みだ。

>>これは素直にカッコいい! 新型コルベットの全貌がコレ

ライバルと比べてもかなり安い! とはいえ1180万円だが

そもそも2020年のオートサロンで発表されたシボレー コルベットは歴代初のミドシップエンジンを搭載し、これまた初の右ハンドルモデルを設定したことで、かねてから注目を集めていたクルマだ。それでいて、他のスーパーカーよりもずっと安い1180万円というバーゲンプライスなのだ。ちなみにライバルの日産 GT-Rは1083〜2420万円と考えると、かなり安いのだ。

>>ライバル車より安いはホント!? 同価格帯のクルマたちを一気見

スーパーカー復権なるか! 約3日間で300台販売

では一体会期中に一体何台の申し込みがあったかといえば100台で、予想を大きく上回る結果であったという。加えて、オートサロンと同時期に行った店舗での予約に至っては200台あまりの注文があり、会期中に300台あまり売れた計算にある。1000万円オーバーと決して安くない値段にもかかわらずだ。納車は2021年5月よりスタートする予定で、早くも派生モデルとも言えるコンバーチブル(1550万円〜)も追加されるなど、ますます魅力もアップしている。

スティングレイの名が日本で使えない!?

ちなみにかつてコルベットといえば、コルベットスティングレーなる名で販売されていた。じつは現在も本国であるアメリカなど、日本以外の国でスティングレーの名称を使用しているが、日本だけは別。

その理由は、1981年〜2008年までGMとスズキは提携しており、その関係からスズキ ワゴンRスティングレーなるモデルを日本で2007年に発売。その際に日本で商標登録をしており、その関係でGMはスティングレーと名乗れないのだ。

商標期限は2021年のため、もしかすると2022年以降に日本で販売をするコルベットにはスティングレーの名称が復活する可能性もあるのだ。

ただでさえクルマ離れが叫ばれているなか、コルベットのようなスーパーカーが東京オートサロン2020の会期中に300台あまりを売り上げたのはクルマ好きにとっては素直に嬉しい結果であった。

加えて、昨今GMは比較的なコンパクトモデルを日本に積極的に導入をしているだけに、今後のアメ車の同行に注目だ。

【筆者:MOTA編集部 木村 剛大】

シボレー/コルベット
シボレー コルベットカタログを見る
新車価格:
1,232.3万円1,495.2万円
中古価格:
105万円2,811.8万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
筆者MOTA編集部 木村 剛大
監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 別邸 仙寿庵
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

シボレー コルベットの最新自動車ニュース/記事

シボレーのカタログ情報 シボレー コルベットのカタログ情報 シボレーの中古車検索 シボレー コルベットの中古車検索 シボレーの記事一覧 シボレー コルベットの記事一覧 シボレーのニュース一覧 シボレー コルベットのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる